調査・研究に関する事業

学校教育、社会教育に係る教育機関と協力し、教育上必要とする調査研究、教材開発、情報提供等を行い、成果の普及及び教育に関する資料の収集に努める。

◆ 研究・開発・提供

(1) 研究員活動

  • 全体テーマ 「生きる力をはぐくむ学校教育の推進」
    ※ 平成28年度委嘱研究員17部会55人(委嘱期間H28.4~H30.8)

(2) 教材教具等の開発

  • 先生チャンネル(動画による教育番組の制作)の作成
  • デジタル教材開発(情報モラル、汎用型教材、リンク集)

(3) 教育情報の収集・提供

 1. 資料提供

  • 指導案、研究紀要等の収集、保管、提供(データベース化)
  • 書籍や教育資料の収集・整理及び閲覧・貸出し

 2. 教材作成及び機器の貸出し

  • 拡大印刷機、カラーコピー機等による教材作成

 3. Web版教育論文集の配信

 4. 教科書センターに関する事業(教科書の保管・閲覧)
   ※ 教科書展示会 平成29年6月末(2週間)

(4) 教育の情報化

教員のICT活用指導力の向上、児童・生徒の情報活用能力の育成及び情報モラル教育の推進

~地域教育情報ネットワークシステム(e-net)の活用~

 1. 教育の情報化推進のための研究・開発

  • 教育情報及び指導法等の情報提供システムの開発
  • 情報モラル教育の推進のための指導法等の研究
  • 研究指定校(ICT活用)による研究
  • 務の情報化推進のための調査研究

 2. 研修プログラムの開発

  • 電子黒板、デジタル教科書等ICTのよさを生かした授業づくり研修及び校内研修支援のためのパッケージ研修の開発
  • 情報活用能力育成のための研修開発
  • 情報モラル教育の啓発と普及研修開発

(5) 少人数指導に関する指導法の研究

 1. 研究推進

  • 研究モデル校(少人数指導モデル校3校)による研究

 2. 研究内容の共有化

  • 少人数指導モデル校(3校)で実施する公開授業及び授業研究会
  • 学「授業づくり5つの視点」をもとにした授業づくりの工夫と子ども同士の対話を活性化するための工夫を中心とした授業づくり研修
  • 授業づくりセミナー、トワイライト研修等のSD活性化支援研修
  • パッケージ研修による校内研修支援
  • ホームページや広報紙をとおしての広報活動の実施

◆ 教育論文の募集 募集期間

平成30年1月5日(金)~11日(木)

◆ 各教育センター・研究所との連携

全国教育研究所連盟、指定都市教育研究所連盟、九州地区教育研究所連盟、熊本県教育研究所連絡協議会に加入

※ 熊本県教育研究所連絡協議会研究発表会熊本市大会(H30.8月)

ページトップに戻る

© 2018 Kumamoto City Education Center