適応指導教室「フレンドリー」

■適応指導教室「フレンドリー」とは■

  • 学校復帰を支援し、社会的な自立を目指しています。
  • 曜日ごとにプログラムを設定し、活動しています。
  • 一人一人に合わせて、個別や集団での活動を行います。
  • 進路保障のため、通所している中3対象に学習の時間と場を提供しています。(10月~3月)
  • 大学生によるボランティア(ユア・フレンド)が活動の補助をしています。

 


 ■指導に当たっての基本的な考え方■

  • 児童生徒の興味関心のある活動を通して活動意欲を高め、自信回復に努めます。
  • 児童生徒同士の人間関係づくりを通して、自分自身を見直し、自立心や社会性を育てます。
  • 登校を目指し、学校、家庭と連携して、一人一人に合わせた段階的取り組みを行います。
  • 児童生徒と相談員が相互に理解し合い信頼関係を築き、児童生徒が心を開き何でも言え、みんなでくつろげる場づくりを心がけています。
  • 活動への参加については、児童生徒の自主性を尊重しています。
  • 活動に際しては、本人のペースを大切にし、プラスの評価を心がけることで、活動後の達成感を十分に味わえるようにしています。

 


■活動内容■


 

<スポーツ活動>

ティーボール、卓球などさまざまな軽スポーツを行います。

<パソコン学習>

パソコンのWeb教材を使って、自主的に学習をします。

<読書>

 読み聞かせや読書をします。

<仲間づくり活動>

 ソーシャルスキルトレーニングやゲーム等を行います。

<ものづくり活動>

物を作ったり、絵を描いたりする活動を行います。 

<教科学習>

  一人一人がそれぞれのめあてをもって、自主学習をします。

<所外体験活動>

こどもセンターから出かけ、見学体験活動や宿泊キャンプ等を行います。 

 

ページトップに戻る