沿革

明治

 8年 八分字、土河原、今、砂原、孫代に各区小学校創立

22年 八分字尋常小学校開校(町村制実施、2校合併)

 

大正

12年 八分字尋常高等学校と改称(生徒数665) 農業補修学校併設

 

昭和

16年 八分字国民学校と改称(生徒数532)

30年 町村合併、飽田東小学校と改称

 

平成

 元年 百周年記念式典挙行

 3年 熊本市との合併により熊本市立飽田東小学校と改称

 

沿革の概要   ←pdfファイルが開きます

 

  :明治~平成4年   :平成4年~現在

ページトップに戻る