校長先生より

 平成31年度として始まった新学期もゴールデンウィーク中に令和に改元し、新学期を2回迎えたような気持ちでおります。本校3年目を迎えました青木です。今年度もよろしくお願いいたします。

 さて、新入生90人と新転採職員8人を迎えてスタートした令和元年度の本校は、熊本市教育委員会から小中連携というテーマの研究指定、フッ化物洗口(1、2年)の導入、高学年教科担任制試行、時間創造プロジェクトに係る専科教員(算数科)配置等、色々な分野の研究・検証を担っております。

 このような環境のなかで、「学社融合のもと、児童一人一人を大切にする教育を推進することで、徳・知・体の調和のとれた、心身共に健やかでたくましく『持続可能な社会を創造する力』をもった児童を育成する。」という学校教育目標を掲げ、豊かな心と健やかな体、そして、活用できる学力の育成を目指して教育活動を展開しております。

 また、これまで実施してまいりました「朝のボランティア活動」「サマースクール」「ICT機器の効果的な活用とその授業法の開発」「くわのみ荘での福祉体験」等は継続して取り組み、その効果を検証してまいります。

 今年度も、本校の教育活動にご理解とご協力をお願いいたします。

 

川上小学校 校長 青木 透

ページトップに戻る