校長室

 

本校は明治7年に慶徳堀町妙乗寺内御堂に仮教室を設け、慶徳校と命名したのが始まりで、本年度で144年を迎えます。

平成7年7月17日に現在の新校舎が完成し、鉄筋コンクリート5階建てで、3階に体育館、5階に水深が自由に変えられる開閉屋根付きのプールを有しています。またエレベーターも設置されています。

現在、熊本市内では唯一院内学級の設置校になっており、国立熊本病院・熊本大学医学部附属病院・ 熊本中央病院・ 熊本赤十字病院・(熊本市民病院は現在休止中)、本年度からは向陽台病院に新たに院内学級を開設しています。

特別支援学級(自閉症・情緒障害学級、知的障害学級)、言語通級指導教室、難聴通級指導教室なども設置しており、特別支援教育の拠点校となっています。

また、本校は保護者・地域との連携も大変密であり、いろいろな学校行事等に大変協力していただいています。

 

目指す学校像には、

 

○活気に満ちた明るい学校  

○自ら学ぶ力がはぐくまれる学校  

○礼儀正しく規律ある学校  

○教育環境が整備された学校  

○保護者・地域に信頼される開かれた学校

 

を掲げています。

 

本校には、建学の精神「徳を尊び慶ぶ、人格・人間形成こそが慶徳の心」を継承し、まことの心(慈愛・勇気・誠実)を育成するという慶徳教育の基本目標があります。「心の成長が学力充実に結びつく」ということを示していきたいと思います。

 

ページトップに戻る