院内学級に入るまでの手順

 

転入時

 

病院より

  原則として入院期間が一週間を超える児童で、主治医が学習可能と判断した場合、保護者に院内学級について説明します。

   ↓

 

院内学級より

 前籍校に院内学級への転入を依頼し、院内学級へ転校となります(通常の転入手続きと同じ)。

 

 

退級時

 

児童が安心して前籍校へ戻るために、退級時に支援会議をしています。

    本人、保護者、主治医、看護師、院内学級担任、前籍校の担任・校長・養護教諭等が参加します。

    次のようなことを話し合います。

  学校での生活において配慮事項

 ・給食・体育・授業・係活動等の参加・時間・服装

 ・教室の移動・手洗いなどについて

     保健室での対応方法

     病気についての伝え方

  (教職員・学校の児童・学級の保護者に対して)

 

 

 

ページトップに戻る