指導の対象となる児童

ことばの教室

 

 ○ある音が正しく発音できない。

  (例)「サカナ」を「シャカナ」、「タカナ」と発音する。

 

 ○話しことばのリズムが乱れる。(吃音)

   話したり読んだりするときにつまったり、同じ音を繰り返したり、音を伸ばしたりする。

 

 

きこえの教室

○聴こえにくさがあり、補聴器や人工内耳等を装用している。聴こえに関する学習や支援が必要。

 

 

 

ページトップに戻る