33年目の若い学校です

おしらせ

学校からのお知らせ

・「交通事故発生状況マップ」(熊本県警察本部)について

・新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯への就学援助のご案内

・熊本市立学校及び幼稚園における教育活動の再開に伴う対応について

・臨時休校に伴うをSNSを活用した心のケア相談について

・ 新型コロナウイルス感染蔓延防止のための臨時休校について(4月7日付)

・臨時休業に伴う児童の預かりについて

・学校預かり申込書

熊本市教育委員会 人権教育指導室より

★健康・生活チェックシート

臨時休校のお知らせ(2月28日付)

 

 令和元年度で創立34年を迎える学校です。住宅街の一角に位置し、正門の向かい側に楠中学校があります。近年、住宅地の増加に伴い、年々児童数が増え、今年度は昨年度より約20人多い525人でスタートしました。

 子どもたちは明るく素直で、楠中学校区の共通実践「立ち止まりあいさつ」に取り組んでいます。ボランティア活動も行われており、朝から子どもたちが清掃活動に取り組んでいる姿も見られます。

 今年度は、2020年度から小学校で全面実施されるプログラミング教育のモデル校指定を受け、研究を進めています。プログラミング教育により、論理的思考力を身に付け、自ら考え、学ぶ子どもの育成に努めています。

 学校と保護者・地域が連携しながら、学校教育目標の達成に向けて取り組んでいきたいと思っています。

 

 

  • 熊本市教育委員会ホームページへ
  • 熊本市教育センターホームページへ
  • 熊本市教育相談室ホームページへ
  • 熊本市ホームページへ

  

 楡木小学校の校章について

 

  中央に八咫の鏡を配し、児童が心を磨き、清く、澄んだ心の子どもに育つようにとの願いが込められています。

 周囲の六葉は楡の葉をデザイン化したもので、大きい楡の葉は「児童」「職員」「保護者」を意味し、その三者が

 手をつなぎ輪を作ることで「学校の和」を表しています。

  小さい楡の葉は望ましい児童像の「誠」「明」「健」を表しています。

  全体の形は安定感のある形とし、落ち着きのある学校をイメージ化した校章です。

 

 

 

 

 

 

 

  
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       
       

 

ページトップに戻る