教育目標

令和元年度 学校教育目標

「心豊かに よく学び たくましく生きる」子どもの育成

 

校訓

心にまことの光「誠実」 人生にたゆまぬ努力「努力」 この世に友愛の灯を「友愛」

 

めざす学校像

・落ち着きのある学校

・学ぶ喜びがある学校

・命を大切にする学校

・家庭や地域とともに歩む学校

めざす子ども像

・やさしい子ども

 (感性豊かな子ども)

・よく学ぶ子ども

 (自ら学ぶ子ども)

・元気な子ども

 (自他の命を大切にする子ども)

・地域を愛する子ども

 (地域に生きる子ども)

めざす教職員像

◎人間的な魅力にあふれ、夢と情熱をもって「くまもとの人づくり」を

 リードする教職員

1 いつの時代も求められる資質や能力

 (1)豊かな人間性をもち、人権感覚にすぐれた教職員

 (2)教育者としての強い使命感と誇り、高い倫理観をもった教職員

 (3)教育的愛情をもち、子どもたちから信頼される教職員

 (4)幅広い教養と専門的な知識に基づく実践的指導力をもった教職員

2 今、時代が特に求める資質や能力

 (1)広い視野をもち、社会の変化に対応して課題を解決できる教職員

 (2)社会性と高いコミュニケーション能力をもった教職員

 (3)組織の一員として責任感をもち、互いに高めあい協働する教職員

 (4)熊本を愛し、保護者や地域の人々に信頼される教職員

学校経営のテーマ

 「子どもとともに築く落ち着きのある学校づくり」~子どもたちに分かる喜びを~

本年度の指導の重点

1 やさしい子どもの育成

 〈感性豊かな子ども〉

○生活習慣の確立

 ・まごころあいさつ

 ・無言掃除

 ・トイレのスリッパ並べ

○学校環境緑化の推進

○道徳教育の充実

 ・「特別の教科 道徳」の実施

 ・重点目標の実践化

  A:正直、誠実

  B:礼儀

  C:規則の遵守

  D:生命尊重

○特別支援教育の充実

 ・互いの個性を大切にし合える仲間づくり

 ・一人一人の教育的ニーズに合った支援体制の確立

○人権教育の推進

2 よく学ぶ子どもの育成

 〈自ら学ぶ子ども〉

○「できた」「分かった」を実感できる授業の創造

 ・学びわくわく熊本市「授業づくり5つの視点」の徹底

 ・生徒指導の三機能を生かした授業の展開

 ・授業、環境、人間関係のUD化

○学習習慣の確立

 ・チャイム着席

 ・朝自習の充実

 ・家庭学習の習慣化

○教育の情報化の推進

○読書活動の充実

3 元気な子どもの育成

 〈自他の命を大切にする子ども〉

○体力向上の推進

 ・体育授業の充実

 ・運動環境の整備

 ・部活動などスポーツ機会の確保

○危機管理の徹底

 ・事故やけがの防止

○食育の推進

 ・感謝する心の育成

 ・望ましい食習慣づくり

4 地域を愛する子どもの育成

 〈地域に生きる子ども〉

○緑化活動や交流活動の充実

 ・「地域とふれあう」

 ・「地域に学ぶ」

 ・「地域の中でよりよく生きる」

○幼・保、小、中の連携

○学校評価の活用

西原っ子4ヶ条

っこりあいさつ っかり掃除 っちり勉強 んるん登校

ページトップに戻る