令和元年度第2学期の学校生活の様子

■令和元年9月26日(木)秋の味覚

 毎年この時期になると、グリーンボランティアの方から珍しいものが届きます。タイトルにもあるように、秋の味覚「栗」です。しかも、イガ付きの状態のものです。全クラスに展示できるようにたくさんいただきました。子どもたちは、興味深々で見たり、触ったりしていました。ちょうど、1,2週間前に、某テレビアニメで栗拾いが舞台のお話があっていましたので、それを見ていた子どもたちは、早速、足でイガを取り除き、中の栗の実を取り出していました。お店には並ばない、貴重なものを届けてくださったグリーンボランティアさんに感謝です。


給食室前のディスプレイ。


たんぽぽ学級では、栗の実に名前をつけてキャラクター化していました。


足で実を取り出す方法を知っている児童がいました。


立派な栗が出てきました。

 

■令和元年9月19日(木)1年生生活科

 夏休みの間、ご家庭で水やり・観察をしていただいていた朝顔。今日は、生活科の時間に、花が咲いた後はどうなったかという視点で観察を行いました。「種が取れた。」「枯れちゃった。」「種には、お部屋があった。」などそれぞれに気づきがあったようです。


種をそーっと取り出します。何粒入っているかな?

 

 

■令和元年9月19日(木)

 今日は、朝から児童集会がありました。安全・夢の貯金箱委員会の子どもたちがステージ発表をしてくれ、ベルマークはお金と同じで、集めると遊びや学習の道具を買うことができるということを教えてくれました。聞いていた子どもたちからは、「ベルマークは大切だと思った。」「べルマークがついた商品を買おうと思った。」など感想が返ってきました。


秋を感じるさわやかな朝でした。


ベルマークに関する3択クイズ。


寸劇もありました。

 

■令和元年8月30日(金)雨模様

 今年は、8月26日(月)に2学期がスタートしましたが、毎日のように雨。今日は、2学期になって初めて、昼休みに運動場で遊ぶ子どもたちの姿を見ることができました。「やっと外で遊べる」とうれしそうに外に駆け出していく子どもたちがたくさんいました。

 しかし、来週の天気予報も傘マークが並んでいます。すっきりと晴れる日が待ち遠しいですね。

 

ページトップに戻る