実物の操作と電子黒板~かずとすうじ~

1年生は「かずとすうじ」を勉強しています。

きれいな絵が載っている教科書に実物のコマを置きながら数を数えます。

先生は実物を使わせることで途切れやすい子どもたちの集中力を上手に持続されています。

そのあと、実物投影機を使って教科書を電子黒板に大きく表示し、

さらにその教科書を子どもが実際に操作・活用しながら、

間違わずに数字を数えるコツを理解していきます。

それにしても、子どもたちの手が一斉に挙がるのは、見ていて気持ちのいいものです。

ページトップに戻る