平成三十一年度入学式

式辞

校庭の木々が新芽を出し、春の息吹を感じることができる今日のよき日に、熊本県議会議員松村様、熊本市議会議員坂田様をはじめ、多くのご来賓の皆様と共に、平成三十一年度の入学式を盛大に挙行できますことは、本校職員一同この上ない喜びでございます。四十一名の新入生とともに心よりお礼申し上げます。これから、成長していく新入生に温かい励ましをいただければと存じます。

さて、新入生の皆さん、西里小学校を代表して、みなさんのご入学を心から歓迎します。ご入学おめでとうございます。新入生の皆さんは、新しく始まる小学校での生活にわくわくしていながらも、心の中で「勉強は難しくないかな。」「友達と仲良くできるかな。」など、心配をしているかもしれませんね。でも、大丈夫です。西里小学校の先生方は、皆さんの成長を一番に考え、わかりやすく勉強を教えてくれます。上級生のお兄さん、お姉さんも、どうしたら友達と仲良くできるのか、友達と仲良くするコツを教えてくれると思います。皆さんが、立派な二年生になって来年の新入生のお世話ができるように、西里小学校のみんなで皆さんのがんばりを応援します。

また、西里小学校には、昔から伝えられてきた校訓があります。校訓とは、西里小学校の皆さんにこんな子どもになってほしいという姿を、短い言葉で言ったものです。この体育館の右に、大きく書いてあります。校訓の一つめは「強く」です。自分の夢や目標に向かってがんばる強い心や体を持ってほしいのです。二つめは「正しく」です。間違ったことを許さない「正義の味方」になってください。三つめは「美しく」です。これは、教室や身の回りを美しくするために進んでそうじするようになってほしいということです。この三つの言葉、校訓を忘れず、友達と助け合って、楽しい学校にして欲しいと思います。

保護者の皆様に一言ご挨拶申し上げます。今日まで深い愛情を持って育ててこられたお子様を本校でお預かりいたします。お子様の健やかな成長を期し、保護者の皆様のご期待にこたえられるよう、教育のさらなる充実に勤めてまいります。本校教育へのご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げます。

最後になりましたが、本日ご臨席賜りました皆様と本校区のますますの発展を祈念申し上げると共に、本日よりお預かりした四十一名の新入生の健やかな成長のために全職員一丸となって、指導・支援に精励いたしますことをお約束し式辞といたします。

平成三十一年四月十一日

熊本市立西里小学校  校長 堺 昭博

 

ページトップに戻る