校長室

ようこそ!校長室へ

 

 

 こんにちは。本年度で尾ノ上小4年目を迎え、引き続き校長を務めさせていただきます村上正祐(むらかみせいすけ)です。

新型コロナウイルス感染によるパンデミックにより、社会活動や日常生活をはじめ、学校の教育活動も制限を受けた中で進めています。大変な時期ではありますが、今年は令和3年度の始業式を4月9日に行うことができました。体育館に一同に集まるということはできませんでしたが、オンライン会議システムを使って全ての子どもたちが始業式を迎えました。708人の元気いっぱいの子どもたちと45人の学校職員のやる気があふれたスタートを切ることができました。

校長室には、本校出身の書道家 武田双雲さんによる大きく立派な書があります。勢いのある筆で書かれた「夢」の字には、一人ひとりが自分の好きなもの、得意なものを見つけ、夢を追っていくことで人の役に立つ人間になってほしいという願いが込められています。

 

Aiによる技術革新の進む社会、新型コロナウイルス感染拡大と予測のつかない変化の激しい社会を迎えています。このような社会では、「自立」した個人として、知恵を出し合い「協働」して、「創造」的に問題解決を図っていくことが求められています。

学校は学校職員だけでつくることはできません。子どもたちだけでも無理です。子どもたち、学校職員、保護者、尾ノ上の地域の方々によってつくられていくのです。

求められる教育を共に考え、見つけていきましょう。よろしくお願いします。

 

 

 

ページトップに戻る