校長室より

令和元年度(平成31年度) 熊本市立碩台小学校 学校経営方針

碩台の教育をともに創る“チームなでしこ”をめざして
         ~なでしこの精神をとおして~


校長 下城 久秀

★★★ 校 訓 ★★★  
まごころ(誠意)のもと
  つつましく(敬)
  心ゆたかに(愛)
  たくましく(勤)

 

 熊本市立碩台小学校は、熊本市の中央部に位置し、近くに藤崎八旛宮、夏目漱石旧居等の文化財があり、白川河川敷や藤崎八旛宮の森につながる学校の緑は、校区の中の「緑のオアシス」としてその役目を果たし、校区及び市民の憩いの場となっています。

 また、生鮮食料品販売を中心とした市民の台所といわれる子飼商店街等もあり、静かな中にも活気に満ちた雰囲気に溢れ、子どもたちの学習の場ともなっています。

 碩台小学校の子どもたちは、明るく、素直です。保護者や地域の方々も、学校に対する愛着がとても強く、大変協力的です。 

 本校は今年で146年目を迎える歴史と伝統のある学校です。今後とも、保護者・地域の方々との密な連携を図りながら、子どもたち一人一人の確実な成長を保障できる教育活動に全力で取り組んでまいります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

                                 校長 下城 久秀

                                  

教育目標

  やる気をもって学びあい

     心ゆたかに、

  たくましく生きる児童の育成 

めざす児童像 

  つつましく・・・やる気をもって、自ら学び共に学びあい、自分をさらに
         伸ばそうとする子ども
 心ゆたかに・・・思いやりの心をもち、誰にでも温かく接する子ども
 たくましく・・・強い心をもち、ねばり強くやりとおす子ども
 

学校経営の基本方針

 <安心して通える学校づくり>

   ①子どもたちの命を守る安全管理と安全教育を徹底する。

   ②命を大切にし、いじめを許さない心と態度を育てる。(道徳・人権教育の充実)

   ③全職員で子どもを見守り、育てるために情報の共有化と温かいかかわりに努める。

 <碩台小の伝統『なでしこ精神』と『美しい声』の継承>

   ①校歌の歌詞に貫かれるなでしこ精神の継承(意味を事あるごとにきちんと伝えること

  により校歌に誇りをもつことができる。)を大切にし、心から歌う美しい校歌をめざす。

   ②「なでしこ精神」の具現化「なでしこの3つの真心を行動に表せたときに心の中になでし

     この花が咲く」を職員で共有化し、心と態度を育てる。

   ③音楽を通して豊かな心、穏やかな心をもち、それを基盤とした学力向上をめざす。

  <共に学びあい、支え合う教職員集団>

    ①心身の健康に努め、潤いのある職場、何でも話せる雰囲気を大切にする職場にする。

   ②それぞれの自主性と創造性を大切にし、互いに支え合う職場にする。

     ③ 子どもたちのために共に学び合う教職員集団、研究を通して自分を磨き、授業を磨く教職員

       集団をめざす。(授業は教師の命、子どもに力をつけるために…)

                            ~そして、“出会い”を大切に~

 

 

 

ページトップに戻る