校訓・校歌

校訓

「やさしく」 :やさしく思いやりのある子ども

「かしこく」 :自ら学び自ら考える子ども

「たくましく」:たくましくねばり強い子ども

 

「た」…たくましい子ども

「く」…工夫する子ども

「ま」…まじめな子ども

「に」…忍耐力のある子ども

「し」…親切な子ども

  

校歌

託麻西小学校校歌    作詞 阪田 貞雄  作曲 梅沢 信一

1 桜の花の 間から

  阿蘇が見えます 託麻西

  胸のしるしも 桜花

  みんな元気で 励みます

 

2 緑したたる 大榎

  たっております 託麻西

  天授の昔 しのびつつ

  みんな楽しく 学びます

 

3 銀のつばさの 飛行機が

  発っていきます 託麻西

  大きな夢を 抱きしめて

  みんな仲よく 進みます

 

校歌の由来

○昭和37年1月 制定

○広畑小学校(託麻西小学校の前身)が開校して60年、その前の保田校が開校して80年を記

 念して制定された。

○当時の徳永英雄校長先生が、作詞を阪田貞雄先生(当時の人吉市教育長)に、作曲を梅沢信一

 先生(当時の熊大教育学部教授)にお願いされてできあがった。

○歌詞は、本校が昔から桜の名所になっていること、それよりも昔から永い間変わらず立ってい

 る学校のシンボルとも言える二本の大榎、そして、新しい時代に翼を広げて活躍する子どもた

 ちの姿を飛行機にたとえて構成されている。

ページトップに戻る