校区の概要

  • 本校区は、熊本市の南東部に位置し、東を出水町、画図町、南を田迎南小学校区及び御幸笛田町に接する。西は日吉東小学校区、流通団地、北は春竹小学校区に接する。東西約2km、南北約15kmの住宅地である。

 

  • 本校区の中央部を南北に走る県道浜線は、昔の日向街道の一部であり、史跡伝説等が数多く残されている。また、沿道には二の井手が流れ、校区の田畑の重要な灌漑用水となっている。

 

  • 昭和28年、熊本市に編入される頃までは、広大な耕作面積を有する純農村地帯であり、米麦はもちろん野菜、花卉園芸で、県下有数の生産を誇っていた。耕地面積は減少したものの、花卉園芸は今も盛んに行われている。

 

  • 本校区の東側を南北に国道455号(浜線バイパス)、南側を国道57号(東バイパス)、校区の北側を東西に流通団地線けやき通が走る。これらの道路整備に伴い、急速に宅地化が進み、人口が急増した。最近は、東バイパスを中心に大病院・大型店舗等の進出が相次ぎ、商業地化も進んでいる。

 

  • 校区の気風の中核をなすものは、従来から受け継がれている純朴さと温厚さであり、PTAをはじめ、地域の各種団体の学校への協力は大変積極的である。

 

  • 学校は校区の南端に位置し、隣接する御幸笛田町の一部を緩衝地区とする。

 

  • 流通団地の開設に伴い、住宅・マンション・スーパーマーケット・商店・企業の事務所などが増え、道路の整備に伴い交通量も急速に増加している。

 

  • 平成8年3月4日 校区の町名が改正、新設された。
         新設 流通団地1丁目、2丁目、馬渡1丁目、2丁目
         旧  田迎町大字田迎→田迎1丁目~田迎6丁目
         旧  田迎町大字出仲間→ 出仲間1丁目~出仲間9丁目
         旧  御幸笛田町  → 幸田1丁目~幸田2丁目(緩衝地区)
         旧  田迎町田井島→田井島1丁目(平成12年2月から)

 

ページトップに戻る