今日の給食

2022.12.02 味の旅【熊本市】

牛乳、麦ご飯、馬肉コロッケ、タイピーエン、レンコンの和え物

(レンコンは肥後野菜の一つです。馬肉は熊本が全国1位の生産量です。馬肉に含まれる豊富な鉄分が空気に触れると桜色になることから「さくら肉」とも呼ばれます。)

 

2022.12.01

牛乳、ロールパン、ポークビーンズ、かみかみチーズサラダ、みかんゼリー

(かみかみチーズサラダは、したす干し、チーズ、カシューナッツが入っています。噛み応えがある料理です。)

 

2022.11.30

牛乳、びりんめし、レンコンのみそ炒め、白玉汁

(びりんめしは、宇城市三角町で昔から食べられている郷土料理です。豆腐を炒める時の音が「びりんびりん」と聞こえることからこの名前がついたと言われています。)

 

2022.11.29

牛乳、麦ご飯、ホキの香味ソース、大根サラダ、スーミータン

(スーミータンは中国のコーンスープです。栗米湯と書き、栗米はトウモロコシ、湯はスープという意味です。

 

2022.11.28

牛乳、ミルクパン、汁ビーフン、大学芋

(大学芋の名前は大正時代に東京の大学生が好んで食べたということでついたと言われています。)

 

2022.11.22

牛乳、麦ご飯、とりごぼううどん、厚焼き玉子、高菜炒め

(玉子焼きは日本独特の調理法で、四角い玉子焼き器など利用して作ります。この玉子焼き器が登場したのは江戸時代中期と言われています。)

 

2022.11.21

牛乳、ソフトフランスパン、きびなごごまフライ、白菜のクリームスープ、手作りりんごゼリー

(白菜はさっぱりした味わいなので、どんな料理にも合います。おいしい白菜を選ぶポイントは全体的に固くしまったものです。)

 

2022.11.18(肥後まるデー みかん)

牛乳、ご飯、マーボー豆腐、茎わかめのサラダ、みかん

(熊本市の学校給食のみかんは芳野、河内、植木地区で栽培されたものを使用しています。)

 

2022.11.17

牛乳、揚げパン、肉団子スープ、人参のごまマヨサラダ、一食アーモンド

(揚げパンは、パン屋さんが届けてくださるパンを給食室で油揚げして佐藤の入った黄な粉をまぶして作ります。なかなか大変な作業ですが、子どもたちの喜ぶ思い浮かべながら作りました。)

 

2022.11.11

牛乳、麦ご飯、味噌おでん、白菜の甘酢、一食味付け海苔

(おでんは、日本料理の煮物料理の一つです。地域や家庭によっておでんに入る具材は様々です。)

 

2022.11.10

牛乳、食パン、パリパリ焼きそば、リンゴのフルーツミックス

(リンゴは1年中出回っていますが、秋から冬が旬の果物です。日本で栽培されている品種は100種類ほどあると言われています。)

 

2022.11.08

牛乳、麦ご飯、いわしの生姜煮、なやき、味噌けんちん汁

(なやき「菜焼き」は、季節の葉物野菜を油揚げなどを炒めて味付けした料理です。)

 

2022.11.07

牛乳、コッペパン、ボイルキャベツ、鮭フライ、コーンシチュー

(鮭はピンク色の身をしていますが、白身の魚です。これは身が赤いえびやオキアミをエサとして食べることで育つにつれてアスタキンサンチンという色素が蓄積したためです。)

 

2022.11.04

牛乳、麦ご飯、さばのソース煮、春雨の酢の物、根菜のみそ汁

(サバは秋が旬の魚です。サバにはDHAやEPAという成分が多く含まれていて、頭の働きをよくしてくれたり、血の流れをよくしてくれたりします。)

 

2022.11.02(防災給食)

牛乳、ご飯、備蓄ツナカレー、切り干し大根のナムル、桃缶

(備蓄できる大豆、ツナ缶、高野豆腐を使ったカレーです。避難所ではだれでも食べられるようにアレルゲンの少ないものが提供されています。)

 

2022.11.01

牛乳、麦ご飯、じゃがいものうま煮、レンコンの和え物、いりこのつくだに

(レンコンには風邪を予防する働きのあるビタミンCやお腹をすっきりさせてくれる食物繊維が多く含まれています。)

 

 

 

 

 

null

ページトップに戻る