教育目標

本校の教育目標

 

『気づき・考え・実行する、自立と共生の力を備えた子どもの育成』

出会いと出番と対話のある学校を目指して

 

   出会い:新しい人(友達・先生・地域の方々)との出会い

       新しい学習(教材・教具・形態等)との出会い

       友達や先生、自分自身の新たな一面との出会い

 

   出 番:どの子(先生)にも、良さや持ち味を発揮できる場・活躍できる場を!

 

   対 話:双方向の交流 共感しながら聞く 話し合うことで相互理解が深まる

      → 自尊感情の醸成

 

学校指標 『みんな なかよく げんきに のびよう』

・友達が好き、先生が好き、家族が好き、そんな自分が大好き 【笑顔】

・早寝早起き朝ごはん・一日一汗を習慣化して、免疫力向上 【元気】

・自他の良さを見つけ、素直に「ありがとう」が言える 【感謝】

 

※指標とは・・物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるものです

  

   「笑顔」:相手も自分もさわやかな気分に!

       よく笑う人は幸福(笑顔の人ほど幸福な生活を送っています)

       笑うことで免疫力向上(笑顔の人ほど通院歴が少ないという結果が出ています)

  カリフォルニア大学リー・ハーカー博士の調査より

 

「元気」:元気があれば何でもできる!

    元気にふるまえばプラス思考になります。

    スポーツも最後は気持ち・思い・精神力が強い方が勝ちます。

 

「感謝」「ありがたい」の心を大切に!

    命に感謝(生きていることは奇跡の連続です。)

家族に感謝(日々の生活が成り立っているのは家族のおかげです。)

周囲のすべての人々に感謝! → 恩返ししていきたいものです。

 

 

 三つの宝 

 

    つくしくまわりを がおであいさつを ちんとくつならべ

      

          ※規律ある学校生活をこの3つで実現。(崩れないように)

 

 

目指す学校像

 

  みんなが喜んで来る学校(子ども、保護者、教職員) 

・すべての子どもが、よく学び、よく遊び、自他の伸びを実感することができる学校

・すべての保護者が、安心して子どもを通わせることができる学校

・すべての教職員が、はたらきがいを感じながら意欲的に職務に取り組むことができる学校

 

「笑顔で元気に登校(出勤) 感謝の心で下校(退勤)」

 

 

 

 

ページトップに戻る