教育目標

学校教育目標

 自ら考え、根拠を示しながら表現し、他者と協調しながら主体的に学習を進める子どもの育成

 

重点目標

徳 ・・・ 相手の立場を考えた行動のできる児童を育成する。

      自主的に学び、根拠を示し表現する活動を保障し、学力向上を目指す。

 ○ 6年生を中心として、朝のVS活動を推進する。

 ○ 毎学期、全児童での交流活動(仲良しタイム)の設定をし、縦割りでの交流を図る。

 ○ 児童集会を充実させる。

 ○ 地域諸団体との連携行事を計画する。

知 ・・・ 自主的に学び、根拠を示し表現する活動を保障し、学力向上を目指す。

 ○ 毎時間の学習活動の中に「自ら考える時間」「根拠を示し表現する時間」「仲間と共有する時間」を

   設定し、毎時間の積み重ねによって定着を図る。

 ○「分かる授業」を積極的に構築する。(ICT活用含む)

 ○ 道徳・外国語の指導の充実を図る。

体 ・・・ 自ら進んで健康を保持・増進できる子どもを育成する。

 ○ 教科体育、校外活動(外遊び等)において、子どもの興味・関心を育て、進んで体力づくりに励む

   児童を育成する。

 ○ 基本的な生活習慣(早寝、早起き、朝ごはん)の向上を図る。

 ○ 食育を推進する。

ページトップに戻る