校区案内

芳野小学校の校区には、夏目漱石の小説「草枕」で有名な「峠の茶屋」や、

漱石が実際に通った石畳の道などがあります。


【峠の茶屋】

夏目漱石の代表作である「草枕」に出てくる峠の茶屋です。本校から西へ3km近い道のりの場所にあります。
「草枕」は、漱石が友人の山川信次郎とともに天水町小天(おあま)へ旅に出た体験をもとに書かれた小説です。
「天草の 後ろに寒き 入り日かな 漱石」–  峠の茶屋公園からは、海を隔てた島原半島や天草諸島を望むことができます。その景色は絶景です。


【漱石が通った石畳】

現在、「草枕ハイキングコース」と呼ばれるこの道は、熊本市内から金峰山系を越えて天水町へと続いています。
石畳は、河内町岳(たけ)の竹林の中にあります。夏目漱石が歩いた当時の面影を、令和の今でもほとんどそのまま残しています。
散策するファンに最も人気が高い道です。案内板が整備されており、初めて訪れる人も安心して散策できます。


【拝ヶ石巨石群】

拝ヶ石(おがみがいし)巨石群は、本校東方にある拝ヶ石山の頂にあります。大きな石が二の岳に向かってコの字型に立ち並んでいます。

最も大きな石は約9mの高さがあります。地元では昔から「拝ヶ石」と呼び、信仰の場として崇められています。

この石の付近では方位磁針が回転するなどの磁気異常が見られるそうです。

ページトップに戻る