タブレットが配備されてからの動き2018(環境整備編・小学校) 

2018年8月、タブレット(iPad)の保管庫が納入され、様々な準備に追われました。

・一人1台で運用するためには、どのように管理をすればよいか
・学校でのルールはどのようなものにすればよいか

… など、話し合いながら進めていきました。

その過程を紹介していきます。

 

2018年夏休みに入り、保管庫を置く場所確保のため、職員室の大掃除をしました。

保管庫3台分の場所を確保するのが大変でした。

 

 2018/8/6 

保管庫が納入されました。

 

どの場所に、どの学年のタブレットを入れるかがわかりやすいように、学年を示すマグネットを貼りました。

年度がかわると、人数の関係で保管場所が変わるので、マグネットで張替えができるようにしました。

 

 2018/8/28

児童用タブレットに名札を付けました。

邪魔にならないように薄いビニール製の名札にしました。

保管庫にもマグネットの名札を付けました。

これも、学年がかわったり、転出入があったりしたときのために、動かせるようにしました。

 

 2018/8/29 

キーボードとタッチペンが納入されました。

全校児童分はなかったので、2年生以上に割り振り、タブレットの番号シールを作って貼りました。

教室へバスケットに入れて持ち運ぶことにしました。1つのバスケットに5台入れます。

 

 2018/8/30

タブレットの教室での保管は、引き出しの中にタオルを敷いて乗せ、筆箱以外の文房具は小さな袋を用意して机の横に下げることにしました。 

 

 2018/8/31

タブレットを子どもたちが、職員室から持ち出し、戻す方法をわかりやすく説明したビデオを「Clips」で作りました。

この日出勤していた職員で協力し、10分ほどでできあがりました。

 

 2018/8/31

タブレットの使用時間や場所について、
「使ってもよい」「使ってはいけない」を、わかりやすくするため、掲示物を作りました。

表裏に張り付けてラミネートし、黒板や廊下に貼りました。

 

【ダウンロードしてお使いください】

OK NG 

 

 2018/9/1

教科書などを入れるボックスを置きました。

子どもたちは、朝学校に来て、教科書やノートをこのボックスに入れます。

授業の前に必要なものを取り出し、終わったら戻します。

帰りの会の前にランドセルに戻します。

学校に置いておけるものは、入れたままにしています。

 

 2018/9/3

ICT支援員と情報担当職員で、タブレット導入研修を行いました。

 

 2018/9/13

電子黒板が導入されました。

 

授業でネットにつながらないタブレットがあり、再起動などいろいろ試しましたが、安定せず。

NTTドコモのICT支援室に連絡し、後日端末を持ち帰って、初期化してもらうことになりました。

   2018/10/9

keynoteのアップデート作業がありました。

バージョンが古いため、使いたいファイルが開かなかったので、docomoさんに来ていただいて、Wi-Fi環境下でアップデートしていただきました。

 

ビニールテープを半分に追って貼り付けました

赤ちゃんなどがぶつかってもケガしないように
保護するテープを使いました

(after)

 2018/11/29

保管庫のケーブルが、ごちゃごちゃしてしまうのを、なんとかして解消したいと試行錯誤。

最初、ケーブルが穴から外れないようにビニールテープをつけてみました。しかし、すぐに外れてしまったので、もう少ししっかりしたものに交換しました。

 

ひとつの穴からたくさん出てしまっています

(before)

 

 2019/1/7

タブレットを持ち出すときのルールなど、徹底するために掲示物を作り、保管庫に貼りました。

 

【ダウンロードしてお使いください】

保管庫の約束

 

 

 2019/1/10

学期がかわり、タブレット係が交代しました。ルールの再徹底をするために、ケーブルの抜き差しについての掲示物を作りました。 

 

【ダウンロードしてお使いください】

OK NG

2019年はこちら >

ページトップに戻る