2019年2月2日 バードウォッチング教室が行われました

低学年と高学年に分かれて、バードウォッチング教室が行われました。

低学年は、鳥についてのプレゼンテーションを見ました。ダチョウの卵とハチドリの卵の大きさの違いに、とてもびっくりしていました。

高学年は「日本野鳥の会」の先生方と一緒に、学校周辺の野鳥探索に出かけました。学校のすぐそばにいろんな種類の野鳥がおり、「あれはクロジの声だね」と先生が言われると、「あ、黒い鳥が見えました」「私も見えた!」と歓声が上がりました。子どもたちは、先日の『野鳥クイズ』に出た「クロジ」を覚えていたようです。

他にも、芳野周辺でしか見られない珍しい鳥を見ることができ、子どもたちはとても楽しかったようです。

〈子どもたちの感想〉 

・登下校中も鳥をよく見て観察できるようにしたいです。

・いろいろな鳥を見つけられました。図鑑で見るよりきれいに見えたから、すばらしい体験だと思いました。

・今年3回目だったけど、これまで見たことがなかった鳥を見ることができました。芳野ならではの鳥を見ることができてよかったです。

 

 

 

 

芳野だより

ページトップに戻る