2019年3月22日 修了式が行われました(1~5年生)

児童代表がこの1年でできるようになったことやがんばったこと、来年度の目標などを発表しました。

期末テストで100点をとれるようにがんばって、100点がとれた。
かけ算の苦手なところをおねえさんに聞いてもらって覚えた。
跳び箱のコツを教えてもらって、跳べるようになった。
相手の気持ちを予測して、話し方や言い方を考えるようになった。
自分の気持ちを言えるようになった。
何事もあきらめず、考えてやりきることが大切だと思った。
気持ちをひきしめ、みんなのお手本になれるようがんばりたい。
 

校長先生からは『情けは人の為ならず』…お友だちにやさしくすることで、いつか自分にその思いがかえってくるというお話がありました。
また「悩んでいること、困っていること、勉強のことなど何でもいい、いつでも相談に来てください。ひとりで悩まないでください。おとなは全力でみなさんを守ります」と、文部科学大臣の話を引用して子どもたちの心に寄り添うことを約束しました。

春の花が咲き始めています

退任式が行われました

芳野だより

ページトップに戻る