2019年11月1日 避難訓練・体験型防災訓練がありました

地震のあと、給食室で火災が発生したという想定で避難訓練が行われました。

避難指示のあと、校庭に全員集合するまでにかかった時間は2分5秒でした。

消防署の方からも、とても上手で、避難のスピードが速くてすばらしく、
お さない
か けない
し ゃべらない
も どらない

が、とてもよくできていたとほめていただきました。

消火器の訓練では、代表6人が体験しました。
とても大きな声で火事を知らせることができていました。

 

避難訓練のあと、5・6年生が「体験型防災訓練」をしました。

水や電気が使えなくなることを想定し、ガスを利用してゆでる「ホットドッグ」作りに挑戦しました。
皿も紙で作り、食べ終わったらそのまま捨てられるように考えられています。簡単においしくできることに子どもたちはびっくりしていました。

全校朝会が行われました

研究発表会が行われました

芳野だより

ページトップに戻る