2019年11月30日 持久走大会が行われました

雲一つない晴天の下、持久走大会が行われました。校庭のイチョウも色づき秋が深まってきています。

校長先生から「持久走大会は友だちに勝つためではなく、自分に勝つためにやります。
きついけど、最後までがんばろう。自分の力を出して、自分の心に勝つ大会にしよう…」とお話がありました。

子どもたちからは次のような「めあて」が出ました。
・10分を切れるようにがんばる
・練習の成果を発揮したい
・練習より早く走りたい
・転んでも立ち上がって15位以内を目指す
・最後まであきらめないで走る
・一位を目指したい

閉会式では教頭先生から「長い距離を続けて走る力をつけてほしい。すると体力がつき、病気に負けない力がつく。最後まで粘り強く走りきれる心の強さをこれからの学習や生活に生かしてほしい」とお話がありました。

子どもたちからは次のような「感想」の発表がありました。
・3位以内に入れてよかった
・記録が伸びた
・練習より早く走れた
・これまでで一番いいタイムだった
・宣言タイムを越すことができた
・最後まであきらめないで走れた

最後まで走り切った子どもたちの笑顔がすばらしく、今日の青空のように澄み切っていました。


 < 研究発表会が行われました

終業式が行われました

芳野だより

ページトップに戻る