2020年2月12日 「桜の授業」が行われました

今年も、樹木医の今村先生をお招きして、桜の授業が行われました。

「どうして芳野小学校の桜はすごいの?」という話では、県内でいちばん長生きの桜というだけでなく、芳野小学校が開校したときに東門寺小学校から人の手で担いで持ってきたこと、大きな火災から助かったこと、校舎の建て替えでも存続が決まったことなどをあげられました。

「よしの百年桜プロジェクト」は9年目を迎え「これからもきれいな花を咲かせるように、みんなが『木のおいしゃさん』という自覚を持ってください」と話されました。

今村先生のお話のあと、環境委員会が作った「さくらクイズ」に挑戦しました。

ロボットプログラミング体験教室が行われました

今シーズン初めての積雪で休校となりました

芳野だより

ページトップに戻る