メルカリとの授業実践

  千原台高校では、2019年から株式会社メルカリの協力の下、情報科の3年生を対象に「 メルカリPBLプログラム 」を実践してきました。

「 講師 高橋亮平 株式会社メルカリ会長室政策企画参事からのコメント 」

 

 情報科の3年生を対象にした課題解決型学習「 メルカリPBLプログラム 」も3年目となりました。今年からは「 メルカリ 」での出品体験も個人のスマホ利用を開始、メルカリの課題を分析し、利用者を増やすビジネス提案をしてもらいました。最終報告の様子はテレビや経済誌、新聞にも取り上げられました。
 PBL(Project Based Learning)は、中央大学の特任准教授時代に商学部で実施してきたプログラムで、テーマを「 メルカリ 」にして、生徒の皆さんに社員になったつもりで課題解決の提案をしてもらっています。企業研修でも使われるプログラムで、こうした実践教育こそ高校生段階で体験してもらいたいと思っています。生徒の皆さんは放課後にグループでの提案準備をしてくれ、年々質の高い提案になっています。 
 
千原台だより2021.12掲載)
 

授業風景

 
      
  ■個人のスマホを使って出品中       ■様々なアドバイスをもらいました  
      
  ■各班がクラスに最終報告          ■報告の良かった班を挙手

生徒による課題解決案のプレゼンテーション(2021年度)

 

3年3組

 

 3年4組

 

 3年5組

 

メルカリPBLプログラムの授業の様子(2020年度)

 PBLプログラム 5回目

 

 PBLプログラム 4回目

 

 PBLプログラム 3回目

 

 PBLプログラム 2回目

 

 

 PBLプログラム 1回目 

 

ページトップに戻る

Copyright(C)2010 CHIHARADAI HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.