教育目標

二岡中学校の教育

1 経営の基本方針  

 

 学校は、生徒の命をあずかり、その命を守り育てるところである。我々は公教育に携わる教職員と

 しての使命と責任を自覚し、次代を担う生徒の人格形成を目指すものであり、地域社会の願いをふ

 まえ、以下の方針に基づき組織的な学校運営を行いながら本校教育目標の達成に努める。

(1)人間尊重の精神を基盤とし、「徳・知・体」の調和の取れた人間性豊かな生徒の育成に

   努める。  

(2)生徒と教職員が互いに信頼しあい、愛情に満ちた教育活動を推進する。

(3)職員相互の信頼と協力を深め、個々の特性を生かして組織体としての学校の機能を高める。

(4)生徒及び家庭、地域の実態に応じた教育努力目標を設定し、その具現化に努める。

(5)教職員の自己研鑽と研修による切磋琢磨を推進し、内部評価だけでなく外部評価に基づく指導  

   の改善と指導力の改善を図る。

(6)潤いのある教育環境の整備に努め、その愛護と有機的な活用を図る。

2 本校の教育目標

 

 

人間尊重の精神を根底におき、「好学、友愛、剛健」の校訓を教育信条とする本校の歴史と伝統を

継承しながら、「自ら学び、自ら考え正しく判断し、自他の生命を大切にすることのできる心身と

もに健康でたくましい生徒」を育成する。

3 重点努力目標と具体的実践事項

(1)豊かな心を育てる

○家庭との連携を図り基本的生活習慣の確立に努める

○各教科で心の教育を図る            

○道徳教育を推進する(道徳科への対応)

○行事や生徒会活動を通じて心の教育を推進する  

○情報モラル教育を推進する

(2)力の充実を目指す

○学習規律(チャイム着席、提出物、私語の禁止等)を確立する

○わかると実感できる授業を目指し各教科で授業改善に取り組む

○基礎・基本の定着と家庭学習の習慣化を図る

(3)たくましい身体を育てる

○健康教育の充実で体力(身体、知性、心)の向上を目指す

○規則正しい生活リズムを確立する(家庭との連携)

      ○体育的諸行事や部活動の更なる活性化を図る

(4)仕事に厳しく、人に優しい職場をつくる

○仕事には毎年新たな工夫を!

○「子どもが好き」を原点に教育に情熱を注ぐ!

○すべてのことに教師が見本を示そう!

○がっちりとスクラム組んで!(互いに助け合い、相談できるあたたかい雰囲気で!)

      ○報告・連絡・相談・共有(情報を常に交換する!)

ページトップに戻る