おしらせ

平成30年度の「校長の一言」はこちら

 

79 8月21日(水)「ゴーヤ」

 校長室の西側の窓にはゴーヤが花盛りです。花という表現はおかしいかもしれませんがそれぐらいたくさん生っています。ゴーヤ盛りと言うべきでしょうか…。一昨日、もいで、教頭先生に学校の近隣に配ってもらいました。日頃、学校近くの方々には、生徒や教師の声、砂ぼこりなどご迷惑をおかけしているのではと思う気持ちがあります。とても快くもらっていただいたようでこちらとしてもうれしくなりました。校長室はご存知のように西日がとてもきついです。このゴーヤのカーテンのお陰で涼しく過ごしやすくなっています。でも、難点はやや部屋が暗くなっているように感じているところです。明日から雨が続くようで、次から次にゴーヤも生ってくれることでしょう。2学期の始業式に向けてしっかり準備を進めていきます。

78 8月19日(月)「アプローチ」

 先週は学校が閉庁でしたので、久しぶりの勤務です。今日は終日研修でした。午前中は人権教育の研修でLGBTについて、同性愛者支援サークルの代表の方に講話をしていただきました。「思春期の頃から同性が気になりだしたが、周りには打ち明けられなかった」という内容など、実体験をもとにした話がありました。その後、各先生方が書いた人権レポートについて学年ごとに分かれて発表しあいました。人権レポートの内容は生徒と担任、生徒同士のかかわりや不登校への対応等、互いの発表を聞くことでとても深い学びになりました。こんな研修を通して私たちは生徒とのかかわりを学び、実践に生かしていかなければと考えています。2学期が始まるまでのこの1週間が勝負です。課題を抱えている生徒、不登校傾向のある生徒にしっかりアプローチしていきます。

77 8月9日(金)「感動はすばらしい」

 皆さん、「Nコン」ってご存知ですか。これは、NHK全国合唱コンクールの略称です。このコンクールに合唱部が参加しました。中学校の部は25校参加し、課題曲「君の隣にいたいから」と自由曲を歌います。本校の自由曲は「空の名前」から天空歌でした。私の(素人の)感想です。歌い始めは声質の品のよさ、上品さを感じ、途中は表情豊かに歌っている部員に一体感を感じ、終了時はやり切ったという達成感のある表情を感じ取ることができました。改めて、心を一つにして歌うことのすばらしさ、合唱のすばらしさに感動しました。結果が夕方に分かるということですが、結果に関係なく私の中では金賞でした。感動したことがもう一つあります。先ほど、3年生の男子と偶然、玄関先で会いました。「今日は何か用事で学校に来たの」と尋ねると、「教室の水槽の水換えに来ました」と。びっくりです。感動でした。よく話を聞いてみると、毎週、教室の水槽の水換えに来てくれているようです。水槽の中には金魚がいるそうです。きっと、思いやりを持った優しい人に成長することでしょう。来週は働き方改革の一環で13日から16日まで学校は閉庁になります。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

76 8月8日(木)「いい経験」

 今日は、24節気の一つである立秋です。でも暑い日が続きます。さて、午前中、九州中体連陸上大会を見てきました。1,2年生の400mリレーは惜しくも決勝に進めませんでした。しかし、1年生の角銅さんが800mで決勝に残り、結果は5位でした。九州で5位は大したものです。九州各県の代表が集まり、とてもレベルの高さを感じました。この大会の雰囲気を肌で感じたことは、きっと今後の人生の中での成長の大きな糧となることでしょう。いい経験をどんどん積み重ねてほしいものです。

75 8月7日(水)「無心」

 今日は、九州地区公立学校教頭会研究大会がシアーズホーム夢ホールでありました。本校の教頭先生も出席されました。帰校して、書道家の武田双雲先生の講演の内容を話してくれました。文字を書くときどのように心を整えるかということについて話をされたそうです。まず、墨をするときのリズムにより、波動を同じにする。次に、習字紙、筆と心を一体としとき、初めて心が整うのだそうです。「心が整う」つまり無心になって筆を運ぶ。ここに、書の真髄があるのだそうです。昨日、陸上部の九州中体連に出場する生徒が私のところに挨拶に来てくれました。調子はどうかと一人一人に尋ねました。激励の意味を込めて根性で頑張れと言いましたが、「無心」で頑張れと言えばよかったと思いました。

74 8月6日(火)「台風一過」

 現在は、台風一過とは言えない曇天ではありますが、台風の被害がなくホッとしているところです。さて、書きたいことがたくさんあります。まず、ラグビーの九州大会です。1回戦は見に行きました。走って走ってつないでつないで託麻中に24-7で快勝でした。応援の保護者の方々も満面の笑みでした。その後、残念ながら2回戦敗退でした。3日に全日本合唱コンクール熊本予選が県劇で行われました。4月に創部した本校合唱部のデビュー戦です。他の中学校と比較して聞きましたが、出水中の歌声はすばらしかったです。歌に引き込まれそうでした。私の耳が感じた通り、結果は「金賞」でした。九州大会出場です。さすがです。指導者の高野先生、合唱部員 万歳、万歳です。とてもうれしいものです。これこそ台風一過の晴天のような気持ちよさです。

73 7月31日(水)「夏を制する者は・・・・」

 まさしく、猛暑です。日差しが強いです。9月に市中体連陸上大会がありますが、毎朝、陸上部に学校代表の選手を加えて練習をしています。早朝の練習とはいえ、ハードな練習をこなしています。今年度は、例年より1週間ほど早く実施されます。「夏を制する者は受験を制す」と言いますが、この陸上の練習においても「夏を制する者は市中体連陸上大会を制す」が言えます。今日、16:30からラグビーの九州大会があります。大分県の中津江村の鯛生金山であります。これから応援に行きます。サッカー部の3年生と会いました。「ルーテル学院といい試合ができたね。よく頑張った。」と労うと「ありがとうございます」の答と自信にあふれた表情が印象的でした。

72 7月29日(月)「感動したこと」

 感動したことがたくさんありました。25日木曜日、吹奏楽部が県の吹奏楽部コンクールで金賞を受賞しました。演奏にメリハリがあってとても上手でした。27日、28日は県の中体連でした。水泳で400mリレーで2位、堀田さんが100m平泳ぎで2位、ラグビー部が準優勝で九州大会に出場します。入賞こそなりませんでしたが、ハンドボール部が優勝した松橋中に果敢に挑み、悔し涙というよりやり切った涙。サッカー部も準決勝でルーテル学院中に1-3で負けはしたものの延長戦まで行った底力と大粒の涙。卓球部の合志中との粘り強い戦いの末の惜敗。剣道個人戦のあと一歩のところでの惜敗。みんなの頑張りにとても感動しました。

71 7月25日(木)「吹奏楽部 頑張れ」

 朝から出張でしたので、11時前に学校に着きました。軽トラックに楽器を積んでいるところでした。熊本県の吹奏楽コンクールが今日から行われます。出水中の演奏は午後2時36分からです。昨年は金賞を受賞しました。今年はどうでしょうか。吹奏楽部は現在60名弱です。顧問と外部コーチの指導の下、各教室を使ってのパート練習など、日々の練習にしっかり取り組んでいました。3年生18名は最後の大会になります。心を一つにして思う存分頑張ってほしいと思います。今から応援に出かけます。

70 7月24日(水)「泣くのが嫌ならさあ歩け」

 来年の今日は、東京オリンピック・パラリンピックの開会式だそうです。日本中が熱狂に包まれることでしょう。さて、夏休みに入って3日ほど経ちましたが、1.2年生では2者教育相談、3年生は保護者も含めた3者面談が行われています。3年生のある担任は、今日だけで9人の面談を行ったと言っていました。まだ、本格的に志望校を決めている生徒は少なく、夏休みの過ごし方、勉強の仕方が中心の話題になっているようです。水戸黄門の二番の歌詞にあるように「泣くのが嫌ならさあ歩け」(学校だより8号をご覧ください。)です。「夏を制するものは受験を制する」といいます。頑張ってください。

69 7月23日(火)「元気をもらった」

 朝、陸上部が10名ほど校長室を訪ねてくれました。「校長先生の応援のお陰で入賞することができました。ありがとうございました。」とキャプテンの弁。「いや、本当にそう思ってますか。」といじわるな返しはしませんでしたが、うれしい限りです。よくできた生徒たちです。「いやいや、私は何もしていないよ。自分たちの力で入賞することができたんだから、自信を持っていいよ。大したもんばい。」と返しました。みんなニコニコでした。今日は朝から、生徒の笑顔に元気をもらいました。このHPを見ている生徒も2名いました。今日も見ていてくれることでしょう。女子ソフトテニスの個人戦は惜しくも3回戦敗退でした。とてもよく頑張ったそうです。お疲れ様でした。

68 7月22日(月)「よく頑張った!!」

 今朝はひどい雨でした。白川もだいぶ、水かさが増していたようです。20日、21日に全日本中学通信陸上県大会が行われました。熊日の朝刊にも載っていましたが、3位までの入賞をお知らせします。男子共通110mH:3位井島智希 女子1年100m:3位蓑田七海 女子1年800m:1位角銅奈々 女子3年800m:3位古田夕葵 女子低学4×100mリレー:1位大坂間 蓑田 前渕 吉田(以上敬称略) 他にも8位までに入賞した生徒もいます。みんな日頃の練習の成果を十二分に発揮してとてもよく頑張りました。大きな大きな拍手です。21日に予定されていた県中体連女子ソフトテニスの個人戦が昨日今日と雨で順延になり、明日になりました。こちらも大いに期待しています。 

67 7月19日(金)「1学期終了」

 校長室から見る朝の登校の様子です。昨年まで登校できなかった生徒が元気に登校しています。2,3人組で楽しく笑顔で会話。仲が良く姉妹で登校。朝練が終わり、汗をふきふき談笑。生徒指導上、心配だった生徒も。今の時間は、生徒が下校しています。「いい夏休みを」と言って友達同士でさよならをしたり、上靴、体育館シューズなど荷物を持ち帰ったりしています。通知表の話をしているのかどうかはわかりませんが、みんなとてもいい表情です。今日で1学期が終了しました。交通事故等には十分注意して8月26日(始業式)に元気に会いたいものです。夏休み中もできるだけ更新したいと思っています。1学期間、大変お世話になりました。

66 7月18日(木)「夏休みも忙しい」

 1学期最後の職員会議が終わりました。8月・9月の行事、生徒会役員選挙、学校訪問、部活動での熱中症対策、不登校生支援などについて共通理解を図りました。また、1学期の反省として教務部、生徒指導部など11の部について反省が出され、それをもとに、2学期の志向を行いました。働き方改革の一環で夏休みは先生方にゆっくりしていただきたいのですが、学校訪問の指導案や人権レポートの作成、部活動の指導及び大会参加など、なかなか忙しい毎日です。8月13日から16日まで閉庁にしたのが精一杯かもしれません。

65 7月17日(水)「夏休みをどう過ごすか」

 3年生は9月初旬に実施される共通テストのプレテストを国理英社数の順で行いました。どんな様子か見に行きました。クーラーが入っているため、窓が締まっており、窓越しに見える生徒の表情はみんな真剣そのものでした。1,2年生は通常の授業でしたが、1時間目に2年生、2時間目に1年生の学年集会が体育館でありました。学年主任や生徒指導の先生から、「夏休みをどう過ごすか」ということを柱に、交通事故防止、自電車の乗り方、部活動、学習等についてきめ細やかに話がありました。「夏休みをどう過ごすか」についてしっかり考える時間になったことでしょう。「夏休みをどう過ごすか」については、ぜひ、自分で決めて、決めたことを実行に移してほしいと思います。そんな話を終業式ではしたいと思っています。

64 7月16日(火)「通知表」

 今学期も通知表の時期になりました。全生徒の分を読んでいます。先生方が「学校からの通信欄」に生徒をよく見ておられるなあと思われる内容がびっしりと記入されています。例えばこんな感じです。「学習面でも生活面でもいつも自分ができる精一杯のことをしようと頑張る姿が印象的でした。話し合いの場面では、課題について真剣に考え、みんなの前で意見を発表することで、みんなの考えを深めることができました。友達にも笑顔で話しかけ、多くの友達から慕われています。」各教科の評定も気になられると思いますが、学校からの通信欄もぜひ、大切にされてください。1年生は中学校初めての通知表です。評定が良くても悪くてもこれからの頑張りに期待します。

63 7月12日(金)「お茶会」

 今、茶道・華道部(22名)主催のお茶会に参加してきました。部長さんから「感謝」をテーマとして、お茶会を実施する旨の説明がありました。まず、3年生女子がおごそかにすり足で和菓子を持ってきてくれました。「お召し上がりください」と言われ、食しました。その後、同じようにお抹茶を持ってきてくれました。左手を添えて右手で2回手前に回して飲み干しました。飲んだ後は、お茶碗に口を付けたところを親指と人差し指でこすってきれいにし、右手で2回さっきと逆方向に回してお茶碗を置きました。和菓子といい、お抹茶の味といい、とてもおいしくいただきました。何より、部員の立ち振る舞いに茶道の精神を感じました。日本の文化をゆっくり味わういい時間となりました。

62 7月11日(木)「体罰」

 教諭の体罰の記事が新聞に載っていました。体罰は法律で禁止されており、文科省の通知では体罰は「身体に対する侵害を与える行為(殴る、蹴る等)、肉体的苦痛を与える行為(正座、直立等特定の姿勢を長時間にわたって保持させる等)と定義されています。今回の記事では、体罰の他に暴言や不適切な指導についても記載がありました。学校の中では、生徒指導上、教師が生徒を叱る場面があります。決して怒るではありません。「怒る」は漢字の中に「心」が入っているから感情が入ります。ですから、私たち教師は「怒る」ではなく常に冷静に「叱る」でないといけないとよく先輩教師から聞かされました。生徒との信頼関係の下、体罰でもなく、暴言でもなく、不適切な指導でもなく、叱るときは厳しく叱ることが大切です。「体罰、暴言、不適切な行為は絶対にしない」このことを、朝会で先生方と確認しました。

61 7月10日(水)「みんなよく頑張りました」

 昨日のことです。男子卓球はベスト4をかけて帯山中と対戦しました。とてもいい試合でした。あと少しで勝つかもしれないと思った瞬間が何度かありました。残念ながら負けてしまいましたが、帯山中が優勝だったそうです。尚のこと、悔しい思いがしました。女子卓球は、ベスト4に入り県大会出場を決めました。3位決定戦でも男子同様あと少しでしたが、とても残念でした。今日の昼休みは、野球部、サッカー部、バドミントン部のキャプテンと放送部の全員が、私が応援に行ったことに対してのお礼を言いに来てくれました。しっかり握手して健闘を称えました。うれしいものですね。みんなよく頑張りました。もっともっと応援したくなりました。

60 7月9日(火)「卓球部、頑張れ」

 学校の様子が少しだけ変化しているように感じています。それは、3年生の部活動を引退し(県大会へ出場する部と陸上部関係は別です)、登下校の様子が変わりました。3年生が朝練に参加しないので、他の生徒と同じように登校し、午後は帰りの会後下校しています。また、午後の部活動が1,2年生主体になり、参加人数が少なくなったように感じています。今日、卓球の団体戦があります。女子はシードされています。何とか勝ち進んで県大会へ行けるよう頑張ってほしいです。もちろん男子もです。今日も応援に出かけます。今日で市の中体連大会は終わりです。

59 7月8日(月)「生徒の成長」

 今日は、県大会出場をかけた野球の試合がありました。実を言うと、昨日寝るときに、「勝つかなぁ~」「勝って県体会に行ってほしいな~」と考えてしまい、寝つきがよくありませんでした。そんなこともあり、しっかり応援しましたが、結果は0-3で龍田中に負けてしまいました。生徒たちは、最終回になっても最後まで粘り強く、あきらめず何とか塁に出ようと、とてもよく頑張りました。ゲーム終了後、みんな号泣でしたが、胸を張って学校に返ってきてほしいものです。大きな大きな拍手です。新体操も県大会までは手が届かなかったようです。この中体連を通して喜びや悲しみ、悔しさなどを味わいながら、生徒たちは大きく成長したように思います。

58 7月6日(土)「生徒の頑張りに拍手」

 今日は土曜授業でした。熊本市教育委員会から田中指導主事を講師として「情報モラル教室」を実施しました。SNSの影の部分を十分に話していただいたようです。保護者の皆様にも聞いていただきました。情報モラルの徹底をご家庭でもぜひ、お願いしたいと思います。中体連では、サッカー部が決勝でルーテル学院中に0-3で負けました。準優勝でした。強豪を相手に一歩も引かず3点は取られましたが後半は五分に戦うことができました。感動でした。ハンドボール部も九州学院に19-23で準決勝で負けました。バドミントンも個人戦で敗退したようです。負けはしましたが、生徒は本当によく頑張りました。生徒の頑張りに大きな拍手を送りたいと思います。

57 7月5日(金)「学校が一つになる瞬間」

 今日も今から、サッカーの応援に行きます。相手は力合中です。今日勝てば、ベスト4となり県大会出場決定です。野球は同時刻に試合があるので応援には行けませんが、きっと五霊中に勝ってくれるでしょう。ハンドボールは昨日勝って、県大会出場決定です。今後まだ試合の予定がある種目は、体操、新体操、バドミントン個人戦、卓球個人戦などがあります。生徒も県大会出場を目標に掲げているので、ぜひ、頑張って実現してほしいと思います。その日の中体連の結果を毎日、速報として昼の校内放送で流しています。「・・・・で勝ちました」というアナウンスがあるたびに、給食を食べながら、各教室で「やったー」「すげー」と歓声が上がるそうです。学校が一つになる瞬間です。

56 7月4日(木)「生徒に感謝」

 今週は中体連ウィークです。応援で喉が枯れそうです。午前中にサッカーの応援に行きました。4-0で勝ちました。暑い中、声を出し合って頑張っていました。「イケー、シュートで終われ」「パスを出せー、右に回せ」午後は、ハンドボールの応援をしました。19-16で勝ちました。キーパーが大活躍でした。パス回しも緩急をつけてチームワークもバッチリでした。「抜かれるな、止めろ」「ナイスシュート」 応援に結構疲れました。でも、心地よい疲れ具合いです。満足感があります。何より、生徒の頑張りに感動でした。この中体連を通して、私も感動を味わうことができています。生徒に感謝です。

55 7月3日(水)「本日、臨時休校」

 気象庁の発表にもあるように大雨が予想されますので、本日は臨時休校にします。昼間から明日の明け方にかけて相当ひどく雨が降るようです。生徒は、家庭での学習に励み、不要不急の外出は控えてください。決して、ゲーム中心の生活にならないように。また、興味半分で川や井出を見に行くことがないように十分に注意してください。生徒にとっては、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごすことになります。部屋の片づけなど、今日しかできないこともあるかもしれません。今日一日、自分を見つめ直し、自分なりに考えた生活をしてほしいと思います。

54 7月2日(火)「頑張れ、出水中生」

 昨日、今日と中体連を見に各会場を回り、男女バドミントン、男子バレー、男女ソフトテニス、ラグビー、サッカー、野球などを見に行き、先週の土曜日からすると、ほとんど全種目回りました。できるだけ多くの種目に顔を出して、生徒に声援を送りたいと思っています。1回戦を勝ち進んで満面の笑みの生徒、残念ながら負けてしまって泣きじゃくっている生徒、勝っても負けても部活動に頑張ったこの2年半はこれからの人生に大きなプラスになることは間違いはありません。生徒の送迎や顧問の経営方針等、部活動の運営にご理解とご協力をいただきました保護者の皆様に改めて感謝いたします。まだ、勝ち進んでいる部があります。少しでも長く仲間と気持ちのよい汗を流しましょう。

53 6月28日(金)「七夕飾り」

 ご存知の通り、7月7日は節句の一つである七夕です。この日に合わせて願い事を書いた短冊や七夕飾りを笹の葉に飾っていきます。校長室の廊下にミニ七夕飾りが登場しました。学級支援員の先生のアイデアです。。「中体連で優勝できますように」「中体連ですべての部が満足できる成果が出ますように」「今年度中にマッサージチェアが買えますように」と願い事が書かれています。私の願いは、「生徒が事故にあわないこと、中体連での活躍、3年生が第一志望校に全員合格すること、いじめがなくなること・・・」 ちょっと欲張りすぎです。

52 6月27日(木)「梅雨入り」

 2日続けて誤字があり、申し訳ありません。職員から指摘を受けました。本校職員がいつもHPを見てくれていての指摘なので、ちょっとうれしくもなりました。さて、本格的な梅雨入りです。小雨だったり、横なぐりの雨だったり、時折晴れ間が見えたりして、断続的な雨により湿度も高く感じられます。こんな中、プールでは生徒の泳ぐ水しぶきがあがり、体操の号令が校長室まで聞こえてきます。午前10時現在で気温26.5℃、プールの水温が25.7℃(昨日は26.8℃)だったそうです。北校舎の3階から泳いでいる生徒の様子をよく見ますが、結構、泳ぎが上手なような気がします・・・。やっぱり3年生でした。3年間の指導の賜物です。

51 6月26日(水)「性教育講話」

 「自分は20時間かかって生まれてきました」「僕は70時間」1年生を対象に性教育講話を実施しました。助産師さんを講師としてお招きし、「生命を大切にする」という演題で60分ほど話をしていただきました。具体的には、母親の胎内での胎児の成長や生命誕生の仕組み、さらには出産の様子などをスライドを使って話され、生徒たちは、自分の命の大切さはもちろん、他社の命も大切にする気持ちを高めてくれたように思います。また、1年生全員が3Kgほどの赤ちゃんのダミーを抱いて、感触を確かめました。昨今、虐待等の事案が全国的に話題になっています。命の大切さを理解させるのに教育の役割はとても大きいと考えています。ぜひ、ご家庭でも話題にしていただきたいと思います。

50 6月25日(火)「ひまわりの花」

 校長室にはいつも生け花が飾ってあります。教頭先生が毎日お世話をしてくれています。現在は、黄色と紫のひまわりが花瓶に生けてあります。黄色のひまわりの花言葉は「憧れ」、紫色は「悲哀」だそうです。ひまわりは向日性があることからつけられた「向日」、と太陽に向かって成長する植物という意味のある「葵」から「向日葵」と書くそうです。ひまわりは、元気で明るいイメージの夏の花です。今日の3の2の会食のメンバーもひまわりのようにとても明るい生徒たちでした。会話が弾みました。その生徒たちにHPを見るように言いましたので、きっと見てくれていることでしょう。

49 6月24日(月)「校歌熱唱」

 6時間目に中体連推戴式と文化部の各コンクール参加の激励会を行いました。それぞれの部活動のキャプテンが中体連やコンクールへの意気込みを発表しました。「市中体連で優勝します」「県大会出場を目指します」「一人一人がベストを尽くします」「100%の力を出し切ります」その後、野球部キャプテンが選手宣誓。「2年半の集大成です。最後まで粘り強く頑張ります。指導してくださった先生方や送迎してもらった両親に感謝します」と。「とにかく頑張れ」という気持ちを込めて私と固い握手をしました。最後に校歌を熱唱して終わりました。生徒会長が私に「斉唱でなく熱唱させてください」とお願いにきて熱唱となりました。熱い気持ちを最後まで忘れないように・・・。

48 6月21日(金)「楽しい時間」

 今日で3年1組の会食が終わりました。1クラスを7グループに分けて1グループ6人以内で校長室で一緒に給食を食べながらいろんな話をしています。所属している部活動は、将来なりたい職業は、志望校は、趣味は?などを聞き、理由を尋ねたり、質問したりしながら進めています。とても楽しい時間になっています。生徒の顔と名前を一致させることができること。じっくりと話し、生徒を知ることができること、あっという間に20分が過ぎてしまいます。先日は、逆に生徒から「校長先生はいつも何をしてるのですか」「校長先生は何歳ですか」と質問されました。生徒からは暇そうに見えるのかもしれません。55歳だと少し若く言ったら信じてくれました。

47 6月20日(木)「貴重なコミュニケーションの時間」

 今週から先生方と「期首面談」を行っています。時間は15分程度ですが、学習指導、生徒指導、校務分掌等についての目標を話してもらった後、意見交換を行っています。学習指導を例にとると、基礎基本を定着させるために小テストを実施し、全員が6割以上の点数を取る。県版テストを平均30点以上にするなど、数値目標を掲げ、具体的な目標について説明をしてもらっています。その後、クラスや学年の生徒の様子、部活動のこと等。最後に「気になることはないですか」とお尋ねをして、先生方の困り感を聞くようにしています。本校は51人の先生方と面談をすることになりますが、一人一人の先生方を知る貴重なコミュニケーションの時間になっています。

46 6月19日(水)「県大会出場に向けて一直線」

 登校中の生徒の様子で昨日と違ったところがありました。それは、部活動に必要な用具を持っているところでした。今日でテストが終わり、いよいよ放課後から中体連に向けてエンジン全開となります。昨日、各部活動の担当が集まる代表者会がありました。そこで、抽選会がありました。今年度、本校はシードされている部活はほとんどないので、先生方に「トーナメントの第4シードの山を引くように」と言っていたのですが・・・、運ですのでそうは簡単にいきません。どこの山に入っても悔いのないよう、全力を出し切ってほしいと思います。午前中、湧心館高校に行きましたが、行く途中、学校周辺のつつじが一直線に刈り込まれ、その美しさに感心しました。県大会出場に向けて一直線(ちょっと無理がありました)に頑張ってください。

45 6月18日(火)「定期テスト1日目」

 登校中の生徒の様子です。地理の予想問題や塾から提供された時事問題のプリントを勉強しながら歩いている生徒、桶狭間の戦いで勝利したのは・・・織田信長 と互いに問題を出し合いながら歩いている生徒。いつものテスト当日の風景です。1年生は初めてのテストでもあり、いつもより勉強しながら登校している生徒は多いように感じました。でも、しっかり前を見て事故にあわないようにしてほしいものです。教室でテストを受けている生徒のの表情は真剣そのものでした。ちなみに3年生の漢字の読みの問題は①よい雰囲気 ②発言を妨げる 警鐘を鳴らす ④台風の脅威 漢字の書き取りの問題は①花がさく ②けがのこうみょう ③木がゆれる ④春のあらしが来る です。挑戦してみてください。

44 6月17日(月)「共通理解を図ること」

 本校では月に1回、職員会議を行っています。本日の議題は、7月、8月の行事予定、7月6日(土)の土曜授業、1学期の反省、総合訪問等についてでした。終了後、不祥事根絶を目標に学年ごとに、不祥事防止研修を行いました。教員の働き方改革等で全国には職員会議を一切しない学校もあるやに聞いています。本校は職員数が多く、共通理解を図ることを大切にしています。一つの行事を行うにしても共通理解がなければ成功しません。生徒指導も同じです。一人の先生が同じことを複数人の生徒に言うことより、複数人の先生が同じことを複数人の生徒に言うことの方がはるかに徹底するのは言うまでもありません。出水中は、チーム学校、組織として機能できるよう今後も頑張っていきます。

43 6月14日(金)「命を守るための訓練」

 6時間目に地震のよる避難訓練を行いました。訓練とはいえ、全員が真剣に実施することができました。生徒に東日本大震災の話をしましたが、地震による津波で全校生徒108名のうち、74名が亡くなった大川小学校を知らない生徒が多いことに驚きました。大川小学校の悲劇は、学校の裏手に小高い丘があったにもかかわらず、そこに避難しなかったことです。はっきりとはわかりませんが、危機意識が足りなかったことが原因の一つに挙げれられているようです。地震が起きたとき、火事が発生したとき、どのように動くかを考え、本当にそうなったとき、動けることが最大の危機意識です。命を守るための訓練をおろそかにしてはいけません。

42 6月13日(木)「積小為大」

 今年度の県立高校の入試日程が県教委から発表されました。前期選抜が2月3日(月)、後期選抜が3月10日(火)、11日(水)、合格発表が17日(火)です。卒業式は未定です。まだまだ先のことと思っていると、あっという間に入試日が近づいてきます。1、2年生も少しずつ入試について意識し始めてほしいと思っています。来週、定期テストがあります。自分の進路を意識して、少しずつ少しずつ勉強を積み重ねて力をつけていってほしいと思います。あわてて勉強してもダメです。「積小為大」小さいことを積み重ねて大きなことを成し遂げましょう。

41 6月12日(水)「幼保小中連携の日の重要性」

 一昨日の「幼保小中連携の日についてのアンケート」を紹介します。授業参観された小学校の先生方の感想です。「1年生の授業を中心に参観した。子供たちが真剣に学んでいて感動した。」「先生の話をよく聞いていて、落ち着いた雰囲気の中で学習が行われていた。小学校とは一味違う授業を見せていただいた。」「小学校で学校に来れてなかった生徒が登校していて、安心した。また、遅刻気味の生徒も登校しておりうれしく思った。」幼保小中連携についての感想です。「今日の生徒の様子を見て小中連携は大切であると改めて感じた。」「SNSの活用について小中でしっかり連携することが大切だと思った。」「出水中校区の子供たちや校区のことについて情報交換ができてよかった。」今後の学校の教育活動にしっかり生かしていきたいと思います。

40 6月11日(火)「定期テストに向けて」

 定期テストを6月18日、19日に実施します。1年生は初めての定期テストです。小学校の時は、一つ一つの単元が終わるとその都度、テストがあっていましたが、中学校では各教科のテスト範囲の中から担当の先生が問題をつくります。この一週間をどのように過ごすか。たぶん、計画的に勉強を進めるために計画表を作っていることと思います。勉強を始める時刻、寝る時刻、起きる時刻をまず固定して勉強時間を確保することが大切です。つい、先日、3年生のあるクラスの学級通信に日曜日に7時間勉強した人がいるという記事がありました。私の頃は何回も何回も繰り返し、ノートに書いたり口に出したりして覚えたものですが・・・。自分なりの勉強方法を早く会得することが成績アップにつながる早道になるでしょう。

39 6月10日(月)「あじさいと幼保小中連携の日」

 校長室前の廊下には赤と青のあじさいの花が飾ってあります。学級支援員の先生の手作りのあじさいです。折り紙で丁寧に作ってあります。時間が結構かかると思いますが、これまでにも鯉のぼりや兜などを飾ってもらっています。季節を感じ、ちょっとした配慮がとてもうれしいです。そのあじさいを横に見ながら、今日はたくさんの先生方が本校を訪問され、校長室の横を通られました。幼保小中連携の日といって、授業を参観し、生徒の様子を見ていただくこと。幼保小中の先生方での情報交換、意見交換を通して連携を深めることを目的としています。連携することで小一プロブレムや中一ギャップなどを最小限にとどめ、子供たちのより良い成長を支援していきます。

38 6月7日(金)「こんなに差が」

 1年生:1068、2年生:71、3年生79。この数字は何でしょうか?これは、4月、5月の学年ごとの図書室の本の貸し出し冊数です。こんなに差が出るものでしょうか。1年生はよく本を読んでいることがわかります。2,3年生は部活動等で忙しいのかもしれませんが、それにしてもあまりにも少ないような気がします。朝自習の時間に読書の時間を設定しています。本から得る知識やものの見方は心の栄養になります。もっと、もっと、本に親しみましょう。今日は、登校中、すごい雨風でした。制服が濡れた生徒については体操服や部活動の服装で授業に参加しています。今後、雨がひどいときは、長靴をはいたり体操服で登校したり靴下の替えを持ってきたり、工夫して登校するようにしましょう。

37 6月6日(木)「いじめ根絶月間」

 6月は「いじめ根絶月間」です。本校では、次のような取り組みを行います。①いじめが起こりにくい集団をつくる(未然防止)②いじめのサインを見逃さない(早期発見、早期対応)③いじめを許さない環境をつくる(家庭、地域、関係機関との連携)具体的には、「人の嫌がることを言ったり、したりしていませんか」「周りのことを考えて行動していますか」「いじめやからかいを見ぬふりをしていませんか」などを生徒にチェックさせ、学校生活の中で徹底させていきます。いじめは人権侵害です。マスコミ等でも大きく取り上げられています。嫌な思いをする生徒が皆無となるよう、全職員でアンテナを高くして生徒を見守っていきます。

36 6月5日(水)「立派な生徒の姿」

 生徒総会がありました。「いじめゼロを目指して」と「出水中スマホ利用の三カ条」について見直しをしました。ねらいは、5年前に策定されたものの見直しを図って、生徒に意識化を図ろうとするものです。執行部から提案があり、その提案について各クラスで話し合い全体の場で学級委員が発表するという流れで行いました。例えば「いじめを見かけたら行動できる自分になる」と執行部の提案。それに対しての意見は「見かけたらではなく気づいたらにしたらどうか」「行動を考動にしたらどうか」「見かけたらと行動できるの間に流されずを入れたらどうか」など。建設的ないい意見がいっぱいでした。よく考え、全体の場で物おじせず堂々と発表する生徒の姿は立派なものでした。

35 6月4日(火)「あじさいの花」

 あじさいがきれいな季節となりました。あじさいの花はどのようなつくりになっているかご存知ですか。花びらのように見える部分は、実は「がく」なんだそうです。4つのがくに囲まれた中心部分に花があり、おしべやめしべがあるそうです。ですから、一つ一つの小さな花やがくが集まってあじさいという花を形どっているのです。一つ一つの花やがくを生徒に例えるなら、それらが集まったあじさいの花は、部活動であり、クラスであり、学年であり、出水中となります。こんな話を学級支援員の先生にしました。その学級支援員の先生は、「一つ一つ集まってるからあじさいの花はきれいなんですね」とおっしゃいました。

34 6月3日(月)「教員のやりがい」

 「魔王」はご存知ですか?シューベルトが作曲した作品のことです。詩の内容は、熱を出した息子を医者に連れていくために、夜中に馬車に乗って父親が息子を連れて行きますが、息子は高熱にうなされ、風にゆれる葉や木々がまるで魔王のささやきのように幻聴に襲われます。息子は結局、途中で息絶えてしまうというお話です。歌い手の表情や声の強弱、高低等でその曲想を生徒が読み取っていきました。4時間目、教育実習生の授業の一コマです。今、教育実習生が4人来ています。その中で、今年度、教員採用試験を受ける実習生は1人です。教員採用試験の倍率も年々低くなってきています。部活動で土日がつぶれるとか、残業代が出ないとか、シビアに考えているようです。この実習を通して教員のやりがいにもっともっと触れさせたいと思います。

 

33 5月30日(木)「とてもすがすがしい負けっぷり」

 朝から、地域の小学生に一本取られました。出水中近辺は、出水小、出水南小、白山小に通学する子供たちが混在しています。私が登校指導に行く途中にすれ違った子供ですからたぶん、白山小に通学している子供だと思います。どういうことかというと、ちょっと私が考え事をしていたら、すれ違いざまに二人の男子から「おはようございます」と声をかけられたのです。「負けた」と思いました。あいさつで勝ち負けはないのですが、いつもこちらからあいさつをしようと心がけていたので、先を越された感じがしました。明日、その子供たちに会ったら、「とても気持ちの良いあいさつだったよ」と誉めてあげたいと思います。とてもすがすがしい負けっぷりでした。

32 5月29日(水)「20mの中での出会い」

 校長室の両隣が事務室と3年生の先生方の職員室です。3年生の先生方の職員室の隣が1,2年生の先生方の職員室です。校長室から1,2年生の先生方の職員室に行くのが多いのですが、その途中に今日はたくさんの生徒と会いました。各高等学校のパンフレットが置いてありますが、そのパンフレットを興味深く見ていた2年生女子。明日の授業に持ってくるものを確認する教科連絡をしにきていた1年生男子。国語科の先生と作文の添削をしていた3年生女子。放課後に少しずつ登校できるようになり、担任と話していた2年生男子。私もできるだけ、迷惑にならならいように声かけをするようにしています。たった20mの距離の中に生徒の様子を垣間見ることができました。

31 5月28日(火)「きずなアンケート調査」

 今朝は、月1回の「きずなアンケート調査」を全校生徒に行いました。このアンケートは、生徒が学校や家庭で健康で楽しく生活できているかを振り返り、もし楽しく生活できていないのであれば、その悩みや嫌なことを早急に取り除くために実施しています。主な項目として、「授業はよくわかる」「気軽に相談できる友達がいる」「友達関係で悩んでいることがある」「友達から嫌なことを言われたり、されたりした」「いじめられたことがある。仲間はずしにされた」などがあり、4(あてはまる)3(だいたいあてはまる)2(あまりあてはまらない)1(あてはまらない)の4段階でつけるようになっています。何かあれば、担任、学年主任、養護教諭、部活動担当などでチームを組み、早急に対応するようにしています。

30 5月27日(月)「自分の生き方を考えよう」

 今年度から、道徳は「特別の教科」となりました。なぜ、特別の教科かというと、道徳は学級担任が担当することが望ましい、数値などの評価はなじまないと考えられることなど、各教科にない側面があるためにそう言われています。したがって、今年度から教科書を使い、通知表に数値でなく、生徒がいかに成長したかを積極的に受け止めて認め、励ます記述式の評価を行います。5時間目、各クラスの道徳の授業を見てきました。グループで話し合ったり、ロールプレイをしたり、答えが一つでない課題に生徒は積極的に取り組んでいました。随分以前のことになりますが、サッカーのワールドカップで日本選手が自分たちのロッカーをきれいに片づけて称賛されたことがありましたが、日本の道徳教育の成果だと思います。

29 5月24日(金)「生徒の成長」

 東京での全日本中学校長会総会に出席し、昨日帰熊しました。数日経っていますが、体育大会での生徒の素晴らしさの余韻が未だにあります。3年生のダンスが終わった後の1,2年生からの「アンコール」の声。それに応えた3年生。3年生ダンスに私を引っ張り出してくれた男子生徒。「よくぞ、引っ張り出してくれた」「何で私が・・・」と思いながらも男子生徒にありがとう。団対抗リレーの前、声を振り絞って全体をリードしてくれた4人の団長。80m走、学級対抗リレーなどの一生懸命な走り。何より、解団式での応援リーダーのあいさつ。「優勝できなくて悔しかった」「自分についてきてくれてありがとう」など、涙してもおかしくない言葉の数々。3年生のやり遂げたという笑顔のクラス写真。テキパキとテントたたみ、後片付けをしてくれた2年生。この体育大会を通して全生徒が大きく成長しました。うれしくてうれしくてたまりません。

28 5月19日(日)「素晴らしい体育大会」

 素晴らしい体育大会でした。すべての競技に一生懸命に取り組み、先生の指示に気持ちよく動く生徒に感謝。生徒の演技に熱い声援を送り、何のトラブルもなかった保護者の方々に感謝。これまでの練習の大きな声や砂ぼこり等で迷惑をかけたと思いますが、気持ちよく見守っていただいた学校近くの地域の方々に感謝。朝早く来て、協力してテキパキと準備をする前向きな先生たちに感謝。企画運営した体育主任、中心になって動いてもらった体育科の先生方に感謝。何より、雨も降らず大当たりの絶好の曇り空に感謝。令和最初の体育大会、3年生は中学生活最後の体育大会、すべての皆さんのおかげで素晴らしい体育大会になりました。ありがとうございました。(来週は出張で留守にしますので更新ができません。) 

27 5月18日(土)「明日の天気は曇り」

 土曜ですが、明日が体育大会のため出勤です。天気予報がよく当たります。一週間ぐらい前から、いくつかの天気予報を見比べているのですが、今日は雨、明日は曇りの予報が出ていました。明日は、暑くもなくちょうどいいかなと思っているのですが、ところによって雨が降るようで、若干雨を心配しています。4時間目に各団に分かれて、応援の練習を行いました。どの団もとても気合いが入っていました。声が良く出ていて、迫力満点でした。ぜひ、明日は、生徒の一生懸命な姿に大きな声援を送っていただきたいと思います。よろしくお願いします。午後、明日の準備をする予定でしたが、雨のため準備ができないので、明日の朝から若手職員や部活動生を中心に準備する予定です。明日は曇り、きっと当たるでしょう。

26 5月17日(金)「事故防止」

 正門、玄関付近にはつつじが咲き誇り、ピンク色がとてもきれいです。今日は風の強い一日でした。時折、突風が吹き、テントが飛ばされはしないかと心配したときがありました。テントの支柱には土嚢を置き、テントとテントをひもで結び、連結させていますが、強風で10cmほど移動していたテントがありました。怖いですね。全国的には、体育大会で突風でテントが飛ばされ、子供がけがをしたという事故が起こっています。体育大会当日は、保護者や地域の方々で混雑が予想されます。しっかりと事故防止に努め、参観される方々に安心して生徒に声援を送っていただけたらと思います。昨日は土曜日の振替休業日でした。

25 5月15日(水)「生徒が輝く体育大会に」

 日差しが強い中、予行練習を行いました。予行練習の目的は、決勝、招集、準備など各係がどのように動くか、各種目の入退場の仕方、開閉会式の進行と生徒の動きなどを確認することです。また、これから5時間目に職員会議を開き、当日の体育大会がスムーズにいくよう、予行練習の気づきを出し合い、共通理解を図っていきます。予行ではありましたが、学年リレーや団対抗リレーなど生徒の応援はもちろん、先生方の応援も熱を帯びていました。教員も生徒の頑張りに刺激され、中学生時代に戻り、生徒と一緒になって良き時間を過ごしているのかもしれません。私の経験からしても体育大会が終わると喪失感に陥ることがあります。観覧していただく方々からいい体育大会だったと言ってもらえるよう、生徒が輝く大会にしたいです。

24 5月14日(火)「DA PUMP/USA」

 曇り空のちょうどよい天候の中、5、6時間目に全体練習を行いました。昨年まではこの全体練習で組体操の練習を行っていましたが、今年度は体育大会の種目から組体操を外したので、当然のことながら練習もありません。外した理由は、けがや事故が心配であること、年々生徒の体力が落ちてきていること、10連休により練習期間が短くなったことなどが挙げられます。その代わりにダンス(DA PUMP/USA)を3年生全員で行うことにしました。当日のプログラムでは午前中最後の種目になります。女子も男子もノリノリでキレキレの動きが圧巻です。乞うご期待ください。

23 5月13日(月)「一生懸命に努力する姿」

 朝、学校に来ると、土日の気温の高さで正門付近のプランターの花々が少しくたびれていました。朝から、たっぷり水やりをしたので、今は、少しは元気になっているようです。さて、今日も体育大会の練習が各学年1時間ありました。学年の団体競技(1年:メディシンボール、2年:背渡しリレー、3年:長縄跳び)を中心に練習があっていました。練習と言えどもなかなか気合いが入っていました。クラスで同じ目標を共有することほど、団結力が高まることはありません。勝負事ですから、勝ち負けがつくのは仕方がありませんが、練習にどのように打ち込んだかが大切だと思います。その一生懸命に努力する姿こそが生徒の成長につながることでしょう。

22 5月10日(金)「パネルの出来映えに大いに期待」

 今朝、熊本市で震度4の地震がありました。私は技術の木工室にいたのですが、全く気づきませんでした。教頭先生の「今、地震がありましたが,揺れがおさまりましたので授業を再開してください。」という校内放送で初めて知りました。被害ななかったそうなので一安心です。さて、体育大会に向けて各団のパネル作成も熱を帯びています。青団:優美高妙 赤団:鼓舞激励 黄団:電光石火 白団:威風堂々 の四字熟語を配し、各団8名程度で協力して仕上げています。パネルについては体育大会を側面から盛り上げる役目ではありますが、自分たちの団の思いをしっかり表現してほしいと思います。各団の得点に加算されますので出来映えを大いに期待しています。

21 5月9日(木)「集団行動の徹底」

 今朝は結構、雨が降っていたのに、今は太陽が出てまぶしささえ感じます。5,6時間目の体育大会の全体練習は、運動場が使えなく体育館で行いました。開閉会式の流れの確認と礼の仕方など「全員でそろえる」ということを徹底しました。「全員でそろえる」ということは、集団の美や心を一つにするということにつながっていきます。その最たるものが日体大の集団行動ではないでしょうか。ただ、本校では教師の指導の下だけでなく、3年生の団長の指示の下に動くことで、「全員でそろえる」ことを徹底していきたいと思っています。1年生も頑張っていました。こういう練習を通して1年生も出水中生になっていくのだと感じています。

20 5月8日(水)「部活動のよさ」

 授業参観、PTA総会、部活動総会がありました。令和元年での初めての授業参観でした。どの学級も、どのクラスも保護者の参観率は高かったように思います。特に、1年生の教室は「中学校の授業はどんな授業なのだろうか」と保護者の関心が高く、8割くらいの参観があっていたように思います。PTA総会、部活動総会も滞りなく終了し、出水中の大きな歯車が動き出しました。部活動総会では「今年度の本校の部活動の加入率は約78%。勝つことだけでなく、体を鍛え、心を大いに鍛えてほしい」と挨拶をしました。先の連休から1年生も部活動に参加しています。好きなことに思いっきり熱中できる部活動を通して、きついことから逃げない精神力や助け合ったり励まし合ったりして自分の心を豊かに成長させてください。

19 5月7日(火)「さあ、元気に」

 10連休はいかがお過ごしでしたか。私は、10連休の一日目に剣道の試合を見に行きました。ある生徒から「校長先生、明日も試合を見に来られますか」と尋ねられ、「ごめん、明日は来れない」と言うと、「校長先生に僕の試合を見てもらいたいです」と言うのです。「次は必ず見に行くから・・」何か、とてもうれしくなり「がんばれ!」と強く思いました。また、二泊三日で仙台に行き、震災遺構を見てきました。荒浜小学校や大川小学校を訪ねました。特に大川小学校では74人の子供たちが亡くなったり、行方不明となりました。校舎は震災当時のままに保存され、子供たちの叫び声が聞こえてきそうでした。「子供たちの命を守ること」学校の最大の使命だと思います。生徒が元気に登校しています。校長室前の廊下で「おはようございます」「こんにちは」という生徒の元気な声が飛び交っているのが校長室にも聞こえています。いい光景です。

18 4月26日(金)「10連休をどう過ごす?」

 いよいよ明日からは10連休です。春休み、夏休み、冬休み以外にこんなに長い休みがあるのは人生初です。世間では、ATM、病院などの心配があるようですが、学校でも独自の心配をしています。まず、生徒の交通事故です。特に自転車に関連した事故です。塾等へ行く場合、十分注意してほしいと思います。次に、SNS上のトラブルです。家庭で過ごす時間が増えるので、不用意な書き込みや個人情報を載せることのないよう、十分注意してください。最後に、新学期が始まって3週間、頑張って登校できた生徒が10連休明けに登校できるか、心配しています。「大型連休中の過ごし方」や校内の放送でも、生徒に十分に注意するよう話をしています。「注意」を3回連発してしまいましたが、何より、5月1日が新天皇陛下の即位をお祝いする日になってからの10連休です。充実した日々を過ごしましょう。

17 4月25日(木)「2度目のうれしかったこと」

 今年度2度目のうれしかったことがありました。それは、年輩の男性職員がトイレのスリッパ4足すべてを両手できれいに並べておられたことです。私がトイレに入って偶然見かけました。感激しました。若手の職員にも見せたかったです。これまでもトイレのスリッパがきれいに並んでいたのは、この先生に並べてもらっていたのかもしれません。そして、今後、トイレのスリッパが並んでいたら、きっと、この先生に並べてもらったと思うでしょう。そのちょっとした気遣いがとてもうれしかったです。簡単なことだけどなかなかできないことです。誰が見ていようが見ていまいが自分の心の赴くままにという、その先生の生き方がよく表れている行為だと思いました。私も見習いたいと思いました。

16 4月23日(火)「潤いのある環境」

 今日は、終日学校を留守にしていました。明日も留守になります。夕方、帰校すると決済しなければならない文書が机の上に山積みでした。決済が終わると、その後、来客があり、職員からの相談事もありました。相談事の一つは、「花壇にきれいに咲き誇っている花をいつ植え替えるか」ということでした。夏に向けて、マリーゴールドなどの花も植えたいのですが、現在のきれいな花を抜いてしまうようなことはできないのでは・・・。何より、潤いのある環境を大切にしましょうと言っているのに、きれいな花を抜くこと自体、生徒にさせることはできないだろうと。もうしばらく、きれいな花を楽しんだ後、植え替えをしようということに落ち着きました。水やりをして自分たちが育てている花のある環境を今後も大切のしたいものです。

15 4月22日(月)「主任会で情報の共有を」

 今年度第1回目の主任会を2時間目に行いました。主任会のメンバーは校長、教頭、各学年主任、特別支援学級主任、生徒指導、教務主任、保健主事です。学校全体の懸案事項等(今回は10連休中の過ごし方、夏服への衣替えへの移行期間など)について協議した後、各学年から不登校傾向の生徒、問題行動について共通理解を図りました。「A君が欠席なしで登校できている」「B君がケガで入院した」など、一人一人の生徒について情報を共有しています。情報を共有することは一人一人を知り、一人一人を尊重すること、そして早期対応につながり、本校ではとても大切にしています。校長室横を生徒が下校してますが、この陽射しで冬服は暑いように思います。

14  4月19日(金)「今後が楽しみな1年生」

 昨日の話になりますが、生徒議会がありました。この生徒議会は、出水中を良い方向に導く、舵取りを担っています。メンバーは生徒会長などの五役と体育委員会など9つの委員会の委員長、各学級の学級委員で構成されています。委員長が今月と来月の目標と具体的な取り組みを発表します。例えば、簡潔に言うとこんな感じです。「生活委員会では、今月の目標は履物をそろえようです。具体的な取り組みはトイレのスリッパチェックをします。来月は、授業態度を見直そうです。授業態度向上キャンペーンを実施します。」各委員長の発表に1年生が3人、質問をしました。はきはきと流れるように、それも丁寧な言葉づかいで、落ち着いて。今後が楽しみな立派な1年生でした。

13  4月18日(木)「点数に表れない学力を大切に」

 2年生は熊本市学力検査(国、社、数、理、英)、3年生は全国学力学習状況調査(国、数、英、生徒質問紙)を実施しました。生徒質問紙では、・朝食を毎日食べていますか ・家の人と学校での出来事を話しますか など生活に関すること。・自分にはよいところがある ・難しいことでも失敗を恐れないで挑戦している など自分自身に関すること。・自分で計画を立てて勉強していますか ・1日当たりどれくらい勉強していますか など勉強に関すること。・授業でもっとICTを活用したいと思いますか ・授業で学んだことを他の学習に生かしていますか など授業に関すること。など69の質問がありました。点数だけにこだわるのでなく、生徒質問紙のように点数に表れない学力も大切にしたいと思います。

12  4月17日(水)「家庭訪問始まる」

 本日から来週の26日(金)(18日は予定なし)まで家庭訪問を実施します。家庭訪問の目的は何でしょうか?まず、子供理解です。子供の性格や家での様子、保護者が何を望んでおられるのか、子供にどのように育ってほしいのか、など保護者の方から話を聞くことで、子供理解が深まります。保護者を知り、担任を知ってもらうということも目的の一つです。互いを知りあうことで、信頼関係を築くことができます。さらに、担任からすると、家がどこにあるか、家の場所を確認することも大切です。担任が「出水中の教育」を持っていきます。ぜひ、ご覧ください。このように、家庭訪問には様々な意義がありますので、家庭訪問で知り得た情報を今後の教育活動に生かしていきたいと思います。どうぞ、快く担任を迎えていただければと思います。

11  4月16日(火)「交通事故には気を付けて」

 1年生も今日から少しずつ各教科の授業が始まっています。社会の授業はこうやって進めていきます。とか、聞く姿勢が大切ですとか、授業のオリエンテーションみたいなことがどのクラスでもあっています。授業を通して、しっかり学力を伸ばしてほしいと思います。一つ気になることがあります。それは、登下校の様子についてです。学校には通学路といって、登下校の道が決められています。八王子通りや狭い道は基本的には通学路になっていません。また、道が狭いところで、左側通行や横断歩道のないところを横断する場合があります。1年生が戸惑いそうなところには現在、職員が立って交通指導をしています。道路ではしゃいで帰る生徒はいませんが、登下校中の交通事故には十分に注意してほしいと思います。学校でも指導してまいります。

10  4月15日(月)「給食時間は30分間」

 各クラスでは、学級目標決めや係決めがあっています。1年生も教師が決めていくのでなく、生徒が前に出て司会進行をしながら決めていました。はきはきとテキパキと手際よく、とても上手に進めているのに感心しました。さて、1年生は、今日は給食2日目になります。本校は給食の時間は準備から食べ終わるまでに30分間しかありません。12日の給食では、デザートに缶詰の桃(半分に切ったもの)があったのですが、そこまで行きつかず、結構残っていたそうです。今日は、ご飯、きびなごの天ぷら、ゴボウのきんぴら、豆腐の味噌汁、牛乳です。私は好きなメニューです。30分で食べ終わるよう少しずつ慣れて、残滓を少なくしていきましょう。

9  4月12日(金)「対面式、部活動紹介」 

 新1年生と2,3年生が初めて出会う対面式と部活動紹介を5,6時間目に行いました。2,3年生を代表して生徒会長が「伝統ある出水中を一緒に創っていきましょう」と歓迎の言葉を述べました。本校には全部で21の部活動があります。ラグビー部ではタックルの練習で体が強くなり悪者に負けないようになるということをコント仕立てで行い、水泳部ではクロールや背泳ぎの泳ぎのポイントを紹介し、吹奏楽部ではルパン三世を演奏し、それぞれの部が良さをアピールしました。今年度、本校では合唱部を新設します。最後に合唱部顧問が「現在部員は0人です。合唱の楽しさ、素晴らしさを一緒に味わいましょう」と熱弁を奮いました。合唱コンクール、卒業式での歌など、今後合唱部が大いに活躍してくれることでしょう。

8  4月11日(木)「今年度1番目のうれしいこと」

 今日は、朝、学校に来て、その後、小学校の入学式と市内の校長会がありました。朝からうれしいことがありました。それは、昨年度までなかなか学校に来れなかった生徒が学校に来れていることです。久しぶりの登校に担任も私も本当にうれしくなります。この今のいい状態を何とか継続させることができればと思います。「明日もがんばれ」ではなく、見守ることも大切なような気がします。砂取小学校の入学式に行きましたが、新1年生がとてもかわいらしくおりこうさんでした。6年生が小学校生活を劇仕立てでパフォーマンスをしましたが、とても上手でした。こんな立派な6年生に育つことを願っています。

7  4月10日(水)「入学おめでとう」

 316名の新入生の皆さん、入学おめでとう!少し大きめの制服を着て、緊張気味にクラスごとに列を乱すことなく、体育館へ入場しました。小学校の時、合唱部だったのではと思うくらい、大きな口を開けて「君が代」を歌ってくれた生徒がいました。氏名点呼があり、担任が名前を呼ぶと「ハイ」という一人一人の声が大きく、はきはきとしていました。今年の1年生はきびきびしているなあという印象を強く受けました。新入生誓いの言葉では、代表の生徒が「目標を持つこと」「努力すること」「周囲との調和を保つこと」の3つの志を胸に中学校生活を有意義なものにしたいとすばらしい発表をしてくれました。316名は今日から出水中の生徒です。2,3年生の先輩とともに新しい伝統を築き上げていきましょう。私たち教職員も全力でサポートしていきます。

6  4月9日(火)「友達と先生と新しい出会い」

 やっと学校が学校らしくなりました。今日から新学期が始まりました。久しぶりに交通指導に立ちました。先日卒業した生徒が真新しい制服を着て、高校一年生として登校していました。「おはよう」と元気な声が返ってきました。いつも見かける近くの子供が出水小の3年生となり、抱っこされていた男の子が歩いて幼稚園に登園していました。月日の流れの早さを感じました。さて、今日はクラス替えがあり、担任の先生との出会いがありました。今、教室を見て回ってきましたが、どのクラスもまだおとなしく、配布物を静かに待っていたり、担任の先生の話をしっかり聞いていたりしていました。この1年、新しいクラスでしっかり頑張ってくれるものと思います。

5  4月8日(月)「思いやり」

 今、花壇には、色とりどりの花が咲いていてとてもきれいです。吹奏楽部が練習に来ていましたが、花壇で立ち止まって花を見ている姿が印象的でした。チューリップは今が見頃です。チューリップの花言葉は「思いやり」だそうです。明日から、いよいよ新学期が始まります。学校生活全般において、この思いやりの気もちを忘れないで過ごしてほしいと思います。午前中に部活動担当者会を開きました。部活動は学校経営の中の大きな柱の一つです。勝つことも大切ですが、勝つことだけでなく、生徒たちには部活動を通して人間的に大きく成長してほしいと願っています。部活動でも協力、助け合いなど、思いやりの心を大切にしてほしいと思います。

4  4月5日(金)「出会いを大切に」

 人は生まれてから、死ぬまでの間におよそ3万人の人と出会うと言われています。その中で、自分の小中高大の学校や職場で知り合う人が3千人、親しく言葉を交わす人が300人くらいだそうです。今年度の異動で18名の先生方と出会うことができました。とてもうれしく思います。この出会いを大切にして職員一同、エネルギッシュに頑張っていきたいと思います。今日は、午後2時から新1年生のクラス分けの発表があります。誰と一緒になるのか、何組になるのかワクワクしていることだと思います。新1年生も生徒や先生との新しい出会いがあります。その出会いを大切にして新しい中学校生活を充実したものにしてほしいと願っています。

3  4月4日(木)「不祥事防止」

 クラス担任やどのクラスを誰が担当するかという教科担任も決まりました。着々と9日の始業式に向けて準備を進めています。午前中、不祥事防止研修を行いました。「熊本市飲酒運転撲滅宣言」「教育委員会のルール」「出水中のルール」などを読み上げ、確認しました。その後、教職員のための不祥事防止チェックリスト(例:体罰は生徒の人権を侵害する行為であることを自覚しているかなど・・)を使って、不祥事は絶対に起こさないという意識を高めました。昨年度、熊本市では不祥事が続きましたので、出水中からは不祥事を出さないということを全職員で確認したところです。

2  4月3日(水)「徹底すること」

 今日は、午前、午後と職員会議でした。たくさんの提案事項があり、頭が飽和状態になりました。生徒指導関係や部活動、健康診断などの大きいものから印刷室の使い方や掃除区域など細部にわたっての提案がありました。出水中は職員数が多いので、共通理解を図り、徹底していくことがとても大切です。「まあ、いいか」「これぐらいいいか」ではなく、その場での指導があってこそ、徹底につながります。現在、出水中は落ち着いている学校だと言われます。しかしながら、いつ崩れるかわからないという危機感をもってこの1年、しっかり取り組んでいきたいと思います。1年から3年の学年組織が少しずつ動き出しました。 

1  4月2日(火)「平成から令和へ 新しい出水中」

 8分咲きになったら、桜は満開というそうです。校長室から見える青空をバックにした桜も満開です。昨日、新しい元号が発表されました。4月30日までが平成31年度、5月1日から令和元年度です。この記念すべき年度に、18名の新しいメンバーを加え、新しい気持ちで、新しい出水中がスタートしました。今日は第一回目の職員会議を行いました。議会等で行う所信表明にあたる、本年度の学校教育方針等、具体的には、学力を上げること、不登校生を減らすこと、いじめををなくすこと、生徒のけがや事故の防止、問題行動への早期対応、教職員の不祥事防止等について話をしました。転入されたある先生の出水中の感想です。「職員室の雰囲気が明るく、先生方が仲がいいなと感じました。」全職員が心を一つにして今年度も頑張ります。どうぞ、保護者、地域の皆様、そして、フォローしていただいている皆様、今年度もよろしくお願いします。

  • 熊本市教育委員会ホームページへ
  • 熊本市教育センターホームページへ
  • 熊本市教育相談室ホームページへ
  • 熊本市ホームページへ

ページトップに戻る