校訓・校歌

校訓

自主 正義 協力

 

めざす生徒像

自主

意欲的に進んで取り組み責任を持つ生徒

何事にも挑戦し想像力・発信力のある生徒

正義

正しいと思うことを堂々と言い,行う生徒

正しいことを認め,支える集団

協力

互いの違いを認め,尊重できる生徒

他者と協働し,高めあえる生徒

校歌

  作詞:元田正則先生    作曲:梅沢信一先生

1 見よ阿蘇嶺(あそがね)は紅(くれない)の いみじき光直射(ひたさ)して
  世紀になわむ若人(わこうど)の 輝く面(おも)に照り映えて
  永久に変わらぬ真柱(まはしら)の 城南の園(その)照らすなり 

2 讃えよ我等学園の 輝く御訓うけつぎて
  竹柏の若木のみどり濃く つよき眉あげ朝夕の
  自治の歌声高らかに 文の林に小魂しぬ

3 尋ねむ道は遠けれど 直き心を培いて
  ただ一筋の夢ありて 真実の思い伝うべく
  あの修練は日をつぎて たけき五体の血のしらべ

4 白雲(しらくも)なびく園(その)にして 希望果てなき建設の
  息吹(いぶき)ひそかに育みて わが城南のさきがけと
  つきぬ思いの信(しん)を持(じ)し 我が行く方(かた)を示すなり
 

ページトップに戻る