創立以来チャイムのない学校

おしらせ

 

その日の出来事などを、校長の目線で書いています。過月分はこちらに格納しています。

 

8月8日(月)

夏休みも中盤に入りました。毎日暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?今朝のテレビで「自分のことを褒めまくってくれる空間」という特集がありました。「ベタ褒めシャワー」と書かれたボックスの中に入ると、その人のためにAI(人工知能)が抽出した褒め言葉がシャワーのように次々に現れてくるのだそうです。取材体験した記者さんは、「だんだん目頭が熱くなり、最後は涙腺が崩壊した」とコメントされていました。私は(AIから褒められてもなあ…)と半信半疑な気持ちになりました。この装置を開発した企業の調査では「褒められることがモチベーションのアップにつながる」と感じる人が8割ほどにのぼるとのことです。私ももっと褒めることを心がけようと思いました。

 

8月4日(木)

ネットニュ―スの記事の中に、「意外と知らない教師の夏休み事情~生徒が登校しないからヒマは大間違い~」という見出しを見つけました。夏休みでも先生たちは忙しいんだよという視点で書かれたものでした。以前なら(よくぞ言ってくれた!)という気持ちになったかもしれませんが、今は(これでまた先生の仕事の大変さが強調されるなあ)という気持ちを抱いてしまいます。最近、テレビや新聞でも「教員不足」等学校の窮状が報道されることが多くなりました。学校現場のことが社会に伝わっていくのは大切ですが、暗い部分ばかりが強調されているように感じることもあります。

今日は合唱部がNHK合唱コンクールの県予選に出場するということで、練習に励んでいました。音楽室から聞こえてくるのはとってもすてきな歌声でした。残念ながら無観客での開催とのことで、会場で聞くことはできませんでしたが、きっとすばらしいハーモニーを響かせたことだと思います。

 

8月1日(月)

昨日、熊本県吹奏楽コンクールの九州大会代表選考会が県立劇場で開催されました。本校の吹奏楽部が選考会に進むことができ、私も鑑賞してきました。錦ケ丘中を含めて数校の演奏を聴きましたが、それぞれの学校にそれぞれの個性があり、同じ曲でも速さや強弱のつけ方で印象が違います。なによりも、それぞれの一生懸命な雰囲気からこれまでに積み重ねてきた練習が伺われ、本当にどの学校の演奏もすてきで感動的でした。結果、錦ケ丘中はめざしていた九州大会への出場は叶いませんでしたが、とてもいい演奏だったとあらためて思いました。吹奏楽部の皆さん、おつかれさまでした!

  • 熊本市教育委員会ホームページへ
  • 熊本市教育センターホームページへ
  • 熊本市教育相談室ホームページへ
  • 熊本市ホームページへ

ページトップに戻る