校長先生より

校長挨拶

 

  

本校は、昭和23年4月1日に龍南中学校より分かれ、熊本市立龍南第二中学校と称し、県立済々黌内に設立され、その後、昭和23年7月7日に、校名を熊本市立桜山中学校と改称されました。校区は、北側に立田山を臨み、南側には白川が豊かに流れ、熊本大学や済々黌高等学校などの熊本の学問の中心の地にあります。

 令和4年度(2022年度)は、全校生徒193人、教職員28人で新学期をスタートしました。平成30年度に、学校創立70周年を迎えた歴史と伝統のある本校は、「つよい人」、「考える人」、「ゆたかな人」の校訓をもとに、日々の教育活動を行っています。この3つの校訓は、本校教育の根幹をなすものであるとともに、人として豊かにたくましく生きていくための力としてなくてはならないものであります。

 本年度も、この3つの校訓を中心にすえ、「自他の幸せを求め、自ら考え主体的に行動する生徒の育成」を教育目標に、教育活動を展開し、「一人一人が輝く学校」~3つのC コミュニケーションCommunication・クリエイティビティCreativity・チャレンジChallenge~をイメージしながら努力を続け、生徒同士、生徒と職員、職員と保護者が共に支援・協力するとともに、地域と学校が連携を密にする学校でありたいと願っています。

                                                                                                                                            

令和4年(2022年)4月

 校長 田口 惠子

 

ページトップに戻る