令和2年 7月

7月はHP更新があまりできませんでした。 そこで、時をさかのぼりながら子どもたちの様子をお知らせしたいと思います。

◆7月13日 年少ばら組 7月生まれの誕生会

 年少組の子ども達にとって初めての誕生会を行いました。何をするのかとてもワクワクした気持ちで参加していました。


年少組も誕生児がクラスの友達と一緒にしたい遊びを行いました。大好きな「げんきっき体操」をして、


その後はブロックカー遊びをしました。


車やパトカー、電車など先生や友達と一緒に自分の好きな乗り物を作り、パトロールをしたり「お城を作ってるの」と言って、ブロックを高く積み上げたりして遊びました。


誕生日のお友達もクラスのみんなも「ばら組のみんなと遊べて楽しい誕生会だった」と笑顔で話してくれました。他のお友達も「早く誕生会したい!」と自分の誕生会が待ち遠しいようです。

 

◆6月25日 年中ひまわり組 5・6月生まれの誕生会

◆7月14日 年中ひまわり組 7月生まれの誕生会

年中組は、5月、6月、7月に一人ずつ誕生児がいましたので、5・6月を合同に、そして7月と2回誕生会を行いました。誕生会のプログラムは、♪なまえっていいな♪で自己紹介、そしてインタビュー、その後は年中組も誕生児が友達としたいことや披露したいことをこっそり担任と相談し、「誕生児さんと一緒に遊ぼう」のコーナーを設けました。

 

5月・6月生まれの誕生会は、「みんなでげんきっき体操」と「誕生児によるジャンプの披露」でした。


げんきっき体操は、クラスの友達と一緒に思い切り体を動かし、みんながニコニコ笑顔。


ジャンプの披露では、4台重ねた高い巧技台から遠くへジャンプ!そして、決めポーズ。ポーズが決まると、たくさんの拍手があふれていました。誕生児さんの顔がとても誇らしげで、楽しい一日となったようでした。

7月の誕生児さんの希望は、「みんなでパプリカダンス」と「太鼓橋渡りの披露」でした。


内緒にしていたパプリカダンス。ところがなんと、友達からも「パプリカダンスがしたい。」とリクエストが。誕生児さんも俄然張り切ってステージで踊っていました。


太鼓橋渡りの披露では、まずは一人でゆっくり両手足を使ってうまく渡りきりました。できた時には、みんなから大きな拍手ももらって嬉しそう・・・。しかし、それだけでは終わりません。次は、手を使わず足だけでバランスを取りながら渡ることができました。友達からは「おぉー」と驚きの歓声。みんな「ぼくも(わたしも)やってみたい。」と盛り上がりました。

誕生児は、誕生会当日に胸元にリボンを付けます。このリボンがとても嬉しくて、リボンを付けた姿を鏡で見たり、「見て見て。」と教師や友達に見せたり、この日ばかりは特別な日。嬉しさが隠せません。嬉しくて、数日リボンをつけて登園する子もいましたよ。そんな姿を見て、「誕生会楽しみ。」「次は、私の番。」と期待が膨らむ子どもたちです。次回は、9月生まれの誕生会です。どんな誕生会になるか今から楽しみです。

 

  ◆ 7月2日 年長ゆり組 6、7月生まれの誕生会!

 お友達の誕生日をみんなでお祝いする、誕生会。今年度はクラスごとに実施することになりました。どんな誕生会にしたいかを決めるのは、主役の誕生児です。みんなに見せたいことや一緒にしたいことを担任とこっそり考えました。6月生まれの友達が1人、7月生まれの友達が1人で、合同誕生会を行いました。


 僕の好きなことは、制作と音楽。自分で考え、作ったギターと太鼓を、大好きな曲に合わせて演奏しました。「それどうやって作ったの?」「僕も作りたい!」と、友達から嬉しい言葉。「一緒に作ろうよ。」次の日には3人組になっていました。

 2人目の誕生児の登場です。得意なことは、鉄棒と登り棒。地球回りから、手を離して…こうもり!さらに、前回りもしました。登り棒もてっぺんまで登ることができ、こちらも思わず「すごーい!」拍手が沸き起こりました。※実は、鉄棒をみんなに見せるためにこっそり練習をしていたようですよ。

  誕生会の最後は、2人の希望で、大好きなリレーごっこをみんなで楽しみました。腕を大きく振って思い切り走り、友達と競い合う楽しさを感じました。次の誕生会は9月です。何があるのか楽しみですね。

 

 ◆ 7月17日(金)子ども大掃除

 1学期たくさん遊んだ遊具を大切にきれいにしました。 


 年少は初めての大掃除。大掃除って何だろう?先生から説明・・・分かったかな。

 先生から渡されたものは、「スポンジ」「やった~お皿洗う時に使うのだ!」これがあれば無敵です。

 ばら組は砂場の遊具担当です。大きな筒も、ごしごし、「ここが汚れている」汚れを見つけてます。

 もちろん、きれいになったら、「見て!」ふふふ。すごくきれいになっていましたよ。

◆ 7月20日は、1学期の終業式でした。

ちょっと短い1学期でしたが、今学期を振り返り子どもたちに3つの質問をしました。「①げんきに遊べましたか」「②あいさつができましたか 」「③初めてのことやできなかったことをやってみようと頑張りましたか」答えはみんな笑顔で「〇」「できた」「できました」と返ってきました。


 年長は夏休みの約束をクイズ形式で。「元気な体を作るためになにをすればいい?」子どもからは「ごはんを食べる」「早く寝る」と。「では何時?」「9時まで」次々に知っていることが出てきました。クイズは徐々に難しく・・・「い・か・の・お・す・し」の意味は? ももちろん知っていましたよ。知っていること、分かることが本当に増えてきましたね。さすがの年長です。お家でも、クイズをしてみませんか。

 年長の後、年中の終業式、同じように夏休みの約束をしました。早寝早起きは知っていました。帽子をかぶることも、水を飲むことも。すごいですね。最後の約束は「お手伝いをしよう」です。「何をしますか?」の問に、1番多く聞かれた声が「お片付けをする」「おもちゃを片付ける」です。いいえ、いいえ、ひまわり組さん。それは手伝いではなくて自分のことです!。みんなの靴を並べる、タオルをたたむ、みんなの茶碗を運ぶ、誰かのためできることをぜひ、探してみてください。

 

 

ページトップに戻る