くまっこニュース(令和元年11月26日~12月9日)

隈庄幼稚園 年少組発表会(11月26日火曜日)

年少組の発表会を11月26日(火)に行いました。本園の発表会は、「楽しんで表現する」をモットーにこれまでの生活で経験したことや子どもの思いや考えを取り入れながら取り組んでいます。本番は、たくさんの保護者の前で緊張するかと思いましたが、今年の年少児は、前に立つととても元気になる人が多く、のびのびと楽しみながら表現活動をすることが出来ました。

 

年中組 発表会(11月28日木曜日)

 年中組の発表会を行いました。年中組一クラス32人の子どもたちが力を合わせて劇遊びや合奏、歌を発表しました。少し緊張する様子も見られましたが、さすが年中さんです。気持ちを取り直して、大きな声を出そうとする姿や、自分の役割をしっかり自覚してがんばろうとする姿が見られました。終わった後、「感動した?」と保護者に聞いてきた姿に、おうちの人にそう思ってもらえるほど頑張ったんだという子どもの思いが感じられました。達成感を味わっている子どもの姿をうれしく、また頼もしく思いました。

 

 玉ねぎ苗植えとスナップエンドウの種まき11月29日(金)

年中組は、玉ねぎの苗植え、年少組がスナップエンドウの種まきをしました。

自然物とのかかわりは、子どもの心を豊かにします。玉ねぎも、スナップエンドウも、

ひとつ大きい組になってからの収穫となりますがこれから、成長を楽しみにお世話をしていきたいと思います。

すみれ組発表会 (12月4日水曜日)

本日は、年長組の発表会でした。あじさい組はインフルエンザの流行で学級閉鎖となりましたので、延期となりました。今日は、すみれ組だけの発表会となりましたが、子どもたちは、保護者の前で少し緊張しながらも、真剣に取り組むことができました。劇遊び「カラスのレストラン」では、子どもたちが考えたユニークな登場人物が次々とレストランにやってきます。また、レストランのパーティーでは2学期に練習して上達したことも披露しました。合奏も、ばっちり決まって発表会が全て終わった後は、子どもたちは達成感から、自信に満ち溢れた表情を見せていました。

もちつき道具出し (12月9日月曜日)

今日はとても良い天気です。年長組の子どもたちは、お昼から、2日後に行われるもちつきの道具出しをしました。年長組として、園行事のお手伝いをしてくれる頼もしい年長児たちです。

もちつきは、日本の伝統行事。きねやうすはもちろんですが、もろぶたやざる、羽釜に蒸し器、バケツなどたくさんの道具を使います。これらを、倉庫からリレー方式で出していきました。普段は聞きなれない道具の名前や道具の多さに驚いたり、喜んだりしながらがんばってくれました。

 

ページトップに戻る