10月7日~11日

くすくす日記(10月7日~11日 )

10月11日(金)

今日は、熊本市立幼稚園後援会の6園交流ミニバレー大会がありました。たくさんの保護者の方が参加されました。参加された皆様、お疲れさまでした!

さて、子どもたちは、少しずつ運動会の遊びが変化してきています。運動能力測定への取り組みが入ったり、新しい楽器やお話に親しんだりして、いろいろなことに取り組んでいました。明日から3連休、台風も来ていて心配ですが、熊本市ではお城祭りが開かれたり、ラグビーワールドカップの試合が開催されたり、いろいろなことがあるようです。皆さん、楽しい3連休をお過ごしください。


今日も、うさぎ組とひよこ組の間に野菜屋さんが開かれていました。鍋も出されて調理場もできたようです。異年齢が交流しながら、遊びが盛り上がっていました。(つづく…)


片付ける時間になったとき、「お・か・た・づ・け~」と、カスタネットをたたきながら、みんなに知らせる人たちが登場!昨日、ひよこ組さんたちは、みんなでカスタネットをたたく経験をしたのですが、早速それを生活に取り入れていて、すごいな~と思いました。


うさぎ組さんのお部屋で、何か熱心に作っている人たちがいました。尋ねると、「犬」だそうです。なるほど、しっぽが横にピリピリ動きます。横には、紙をちぎって箱に入れている人もいます。「ドッグフード」を作っていとのことでした。


いるか組では、集中して、赤い敷物が敷いてあるお弁当箱に何かを指でつぶしながら入れていました。「お化粧作ってるの!」オシロイバナの種をとってきて、皮をむいて、白い粉を取り出していました。器用に指先を使って取り出していて、感心しました。


運動能力想定の片足跳びにつながるように、片足跳びでリレーをしていました。あまり意識していませんが、利き足とその反対足では、随分跳び方が違うようです。両方の足で跳ぶように声をかけると、頑張って取り組んでいました。


うさぎ組さんでは、片足立ちをしていました。片足で立つことにも、かなり個人差が大きいので、この機会に、全員がたくさん経験できればいいなと思います。


うさぎ組さんのお友達の一人が、今日でお別れでした。「お別れするのは寂しい」「また、会えるかな」と、別れを惜しんでいました。新しい園でも元気に過ごしてほしいと、心から願います。


6園交流バレー大会の様子です。んでを入れてください。園に帰ってこられた時に、「楽しかったです~」とニコニコ顔でした。親睦を深めるよい機会になったのだろうと思います。これも、市立幼稚園の良さだなと感じました。

10月10日(木)

今朝は少し肌寒いくらいでしたので、登園時は、随分長袖や上着を着てくる人が増えました。でも、園庭で少し体を動かして遊ぶと、やはり暑い…。皆様、寒暖の差で、体調を崩さないように気をつけられてください。

今週から、熊本市立幼稚園で行っている運動能力測定への取り組みが始まりました。まりつきや往復走、ジグザグそう、棒上片足立ち、立幅跳び、けんけん跳びなど、いろいろな種目を行うことで、子どものたちの実態を把握し、手立てをとり、運動能力を高めていきます。これから一ヶ月ほど、遊びの中で、経験を重ねながら、測定していきます。


運動会後自信を高めて、いろいろなことにチャレンジする人が増えてきました。「ねえねえ、見てて!2段(の高さ)で跳べるよ」とひよこ組さんが見せてくれると、「これはどう?ぼく、できるよ」とうさぎ組さんが4段にして跳びます。周りから刺激を受けながら、いろいろなことにチャレンジしています。


ひよこ組さんのお部屋では、一昨日から、作っている積み木がとってあり、今日も少しずつ作り変えていました。3人で場を共通しているらしく、自分が作ったところを、別のお友達が触っても、黙って受け入れています。「同じ場で遊ぶ」から「一緒に遊ぶ」という気持ちのつながりが見えて、成長を感じました。


運動能力測定のジグザク走です。運動能力測定を初めて経験するうさぎ組さんたちにとっては、右左にジグザグ走るのは、難しいことです。さらに、スピードも要求されますので、バランス感覚や機敏さが必要です。何度も経験することで、体得していくと思います。


みんなが好きな遊びの時にジグザク走をしていると、すかさず、いるか組さんが「竹馬でやる!」と、竹馬ジグザク走をはじめました。竹馬熱、今だに冷めません。


いるか組さんは、芋畑の様子を見に行きました。雑草が生えていたので、草取りをしてくれました。袋1つには入らないほどあったそうです。10月21日に、全クラスで芋ほりに行きます。楽しみです。(つづく…)


帰りの会では、サツマイモの本を見ていました。体験したことを本の内容がつながって、興味津々です。「いろんな形のいもがあるね。どんな形のがとれるかな」「へえ、土の中では、こんなふうになっているのかあ」など、サツマイモについての知識を増やし、いろいろ考えながら、芋掘りへの期待を膨らませていました。

10月9日(水)

今日も、運動会からの遊びの続きが、あちこちで行われていました。他のクラスのダンスや競技を経験し、3学年入り混じって行う中で、「教えようか」「こうだよ」というやり取りも見られました。年中さんが竹馬にチャレンジしていると、年長さんが竹馬を支えながら「初めは、なかなか乗れないんだよ。でも続けたら乗れるようになるよ。頑張って。」と励ましていました。やったことが経験として自分の中に残り学んでいるんだなと嬉しくなりました。

楠中学校の3年生来園の2日目でした。綱引きやかけっこ、玉入れなどの運動会ごっこに加え、園庭のあちこちで、一緒にそれぞれの好きな遊びをしてくれたそうです。ありがとうございました。


いよいよバザー開催の月になり、バザー企画委員さんたちのミーティングも、大詰めになっていています。たくさんの人を動かして会を催すためには、いろいろと細かいところまで考えなければなりません。本当にありがとうございます。


うさぎ組さんたちが、中学生と虫探しをしていました。今日の帰りに「お兄ちゃんにとってもらったの」と、黄色いチョウが2頭入った虫ケースを大事そうに抱えている人がいました。とても嬉しかったんだと思います。


お別れのあいさつをしている時の様子です。子どもたち、にこにこ顔です!中学生は、かわいい園児と一緒に遊ぶことで、体を動かして自由に遊び回った小さい頃を思い出したのでしょう。中学生の顔は都合によりお見せできませんが、子どもたちと同じくらいにこにこ顔でした。


「キュウリください」「はい、どうぞ」「ありがとう」年中うさぎ組さんが、ひよこ組さんのお店でお買い物をしていました。「あむあむ…」と食べる真似もして、ひよこ組さんに合わせてくれています。優しいお兄ちゃんたちです。


好奇心旺盛なひよこ組さん。年長さんが使った太鼓もたたいてみたくて仕方ないようです。「わあ、担ぐの?大丈夫?」大丈夫です‼ちょっとよろよろしながら、年長さんの真似をして、太鼓を担いで歩きながらたたいていました。


今日は水曜日、保護者の方が交通指導に立ってくださいました。短い横断歩道ですが、毎日、必ず左右確認をしたり、手を挙げて渡ったりすることで、きっと渡り方が身に付きます。ありがとうございます。

10月8日(火)

ようやく一日中爽やかで過ごしやすい日和になってきました。今日は、朝から楠中学校の3年生の生徒さんが、家庭科の授業で来園しましたので、その様子を中心にお知らせします。子どもたちは、ほぼ一対一で関わってもらい、とても嬉しかったようです。中学生にとっては、もちろん学習の一環ですが、園児にとっても、人とかかわるよい学びの場になっています。10月には、あと3回、別のクラスの生徒さんが、一クラスずつ来てくれます。


朝のくすのきタイムから、中学生と一緒に行いました。今日から「どんぐり体操」です。この体操は、やってみると本当にきついのです。「一つ、二つ…」としゃがんでは跳び跳ねて、どんぐりを拾う場面があります。中学生も、後半はよろっとよろけるぐらい足を使います。子どもたちは、時々息抜きをしながら拾っていました…。


その後、みんなで「ロンドン橋」をしました。中学生に橋になってもらって、子どもたちが中をくぐりました。大きな橋がたくさんあるので、走って抜けても次の橋につかまってしまいます。スリルを楽しんでいる子どもたちの様子を見て、中学生は「かわいい~~!」と何度もつぶやいていました。


全員で遊んだ後、各クラスに分かれて、自己紹介をしました。その後、一緒に好きな遊びをしました。上り棒に登るのを支えてもらったり、鬼ごっこをしたり、玉入れをしたりして、とても嬉しそうでした。


いるか組さんは、一緒にリレーをしました。大きな人が本気で走ったら、園庭の急カーブで転んでしまいそうで、心配しましたが、さすが中学生、ちょどよい速さや順位になるよう考えながら走っていました。


1時間ほどでお別れをしました。たくさん遊んでもらって、別れ難そうでした。門でお見送りした後、中学校の校門が見える柵に移動して、しがみつきながら、「また来てね~!」と叫んでいました。


中学生が帰って、一息入れた後、ひよこ組さんといるか組さんは、「わくわくの森」と「夏休み」の表現を見せ合っていました。いるか組さんは、ひよこ組さんの表現に「おおかみ」役で参加しました。ひよこ組さんたちが逃げるのが案外速くて感心していたそうです。

10月7日(月)

今日は、運動会後はじめての幼稚園です。運動会に関わる話題が、子どもたちの会話の中にたくさん出てきました。おうちで一緒にビデオを見たこと・家族でお疲れ様の食事に行ったこと・頑張ったことをほめてもらったこと等々、嬉しそうに話してくれました。園でも、まだ運動会の余韻に浸りながら、過ごしていました。


年長いるか組さんが運動会で使った道具が大人気でした。「海~!」等と言いながら、ふさふさやキラキラを楽しそうに揺らして踊っていました。ひよこ組さんたちに、年長さんは、とても格好よく見えたのでしょうね!


ん?この歩き方は…!いるか組さんの表現の音楽に合わせて、実に見事に再現しているひよこ組さん。印象深かったのでしょう。手や足の動き、顔の向きまで、上手に真似ていて、びっくりしました。


うさぎ組さんは、「太鼓やりたい!」と、担いでいました。園庭にはアンパンマンのマーチが流れていましたが、さすがに曲合わせるのは難しかったようで、あちこち歩きまわりながら、ポコポコたたいて、喜んでいました。「重たいね…」とやってみると大変なことも分かったようです。


年長さんは、今日もリレーをしたり竹馬に乗ったりしていました。でも、今日は実習生の先生との最後の日でしたので、実習生の先生に教えてもらいながら、一緒にクラス活動もしました。おうちの方に、運動会で応援してくださった感謝のお手紙づくりです。一生懸命つくっていました。


お弁当を食べた後、玉入れを出すと、またまたひよこ組さんが、集まってきました。あちこち、違うほうに投げて、なかなか玉が入りません。うさぎ組さん、いるか組さんの助っ人が現れ、やっとたくさん入りました。


2週間一緒に過ごした実習生の先生とのお別れの様子です。「一緒に遊んでくれてありがとうございました」「竹馬に乗るのを手伝ってくれて嬉しかったです」「今日、お手紙の絵を教えてくれてありがとうございました」「また会えるといいなと思います」みんな、自分の思いをしっかりと先生に伝えていました。

ページトップに戻る