10月28日~31日

くすくす日記(10月28日~31日)

10月31日(木)

今日は、楠中学校・楠小学校・楡木小学校の先生方が保育参観にきてくださる最終日でした。「子どもたちがのびのび活動している」「きもちのよい挨拶ができている」等と、子どもたちのよさをたくさん認めてくださいました。11月には人権教育の研修が合同で行われますが、そのようなときにも、互いの教育現場の様子を見ていると、考えや理解が深まるのではと思います。ご参加いただきました先生方、ありがとうございました。

さて、明日は祖父母の皆さんとの交流会です。子どもたちは、楽しみにしています。気をつけてお越しください!お待ちしております。


朝から、バザー企画委員さんの集まりがありました。先日のバザーの反省と残りの品の整理などのためです。和気あいあいとした雰囲気がさらにアップしているように感じました。大変だったと思いますが、協力して一緒にバザーを運営してくださったチーム力の素晴らしさを改めて感じました。


いるか組さんの、今日の公園マラソンの様子です。昨年に比べて、一段とパワーアップしているようです。3周走った後、「あと2周ぐらい走りたい!」と意欲満々の人がたくさんいて、驚きました。


うさぎ組さんでは、のりを丁寧に塗って、その上にフワフワの紙を貼り、「はだかん坊のミノムシさん」に洋服を着せていました。作った作品は、リズム室の後方の壁面に飾ってあります。明日のくすくす日記で、壁面をご紹介します。


明日、おじい様・おばあ様と一緒に食べるサツマイモをうさぎ組さんたちが洗ってくれました。傷めないように、優しく洗っていました。(先日畑で掘ったイモは、全部子どもたちで分けて持ち帰ったので、明日のおイモは、大津町でとれたおイモです。)美味しそうです!


いるか組さんはステージの飾りと立て看板を作りました。カキやドングリ、キノコを折ったもので飾っています。自分たちで飾った後、おじい様・おばあ様方に座っていただく椅子に座ってみて、「もう少し右かな…」等、飾りのバランスを確かめていました。


各クラス、今日も劇遊びを進めていました。ひよこ組さんは(今日は、ひよこ組さんの写真がありませんが…)いろいろな動物になりきって遊んでいました。いるか組では、お話の細かいところを考え中です。今日も、帰りの会で、自分たちが考えた場面を提案していました。

10月30日(水)

今日は、中学生が来てくれる最後の日でした。これまでの3回の経験の中で、子どもたちのかかわり方も、少しずつ変わってきています。はじめは、少しかかわりを躊躇していた子どもたちも、ニコニコ顔で一緒に遊べるようになったり、してほしいことを言葉で伝えたりしていました。楠中学校の3年生の皆さんや先生方、よい経験をさせてくださって、ありがとうございました。


今日の中学生との時間は、ほとんど好きな遊びに時間を取りましたので、たっぷり遊べたようです。砂場でもじっくり遊んで山にトンネルを作ったり、一緒に野菜の水かけをしたり、思い思いに好きな遊びを楽しんでいました。


別れ際に感想を伝える場面では、幼稚園の子どもたちは「一緒に鉄棒をして楽しかった」等、自分が一緒に遊んでもらったことを、手を挙げて発表しました。参観していた先生が、「小さいのに、みんな、しっかり自分の思いを出せてますね」と褒めてくださいました。


中学生が帰った後は、どのクラスも、明後日の祖父母の会に向けての活動が展開されていました。リズム室では、おじい様・おばあ様に見ていただく歌やダンス、体操の練習です。子どもたちは、見ていただくことを楽しみにしているようです。


また、保育室では、プレゼント作りをしていました。「おばあちゃんは、この色が好きかな~?」等、プレゼントを贈る相手のことを思いながら作る経験は、とても心を豊かにする経験だなと思います。


いるか組では「折り目をつけたら開く、そしてその線に合わせて、違った折り方をする」等の、少し難しい折り紙に挑戦しています。折り方の見本を見たり、友達同士教え合ったりして、折っていました。


今日も、保護者の方が、降園時の交通指導に立ってくださいました。「~ちゃん、手がピンと上がって、キリンさんみたい!」等、子どもたちに声をかけながら指導してくださっていました。保護者の方が他の子どもたちの名前や顔を知ってくださっている楠幼稚園のよさを感じました。

10月29日(火)

昨日もお伝えしましたが、今週は楠中学校・楠小学校・楡木小学校の先生方が、保育参観にいらっしゃっています。また、昨日はALTの先生、今日から2日間は楠中学校の3年生(以前来たクラスとは、別のクラス)、明後日は祖父母の皆様と、今週は「いろいろな方とのかかわり」の機会がたくさんある週です。


朝から、イモほりの日にお休みしていた人を中心に、園に植えていたいもを掘りました。園の花壇で育てたサツマイモは、毎年とてもよく育っています。今年も、たくさんできていました。


イモのツルは、先生がテラスの柱から吊り下げてくれました。「へえ、こんなに長くなってたんだ」植えてあった時には気づかなかったようですが、改めて見たあと、つぶやいていました。


今日、来園した中学生には、先日の校内合唱コンクールで歌った歌を歌ってもらいました。歌詞の意味は分からなかったと思いますが、子どもたちは真剣な顔で聞いていました。(つづく…)


その後、各クラスに分かれて自己紹介などをし、一緒に好きな遊びをしました。鬼ごっこをしたり、上り棒やブランコで手伝ってもらったりして、しっかり関わって遊んでいました。バザーのゲームの道具も使わせてもらいました。(つづく…)


最後のご挨拶をした後、今日も、門までお見送りをしました。柵にしがみついて「バイバーイ!また来てね~!」と名残惜しそうでした。そして「お兄ちゃんたち(の中学校)、近いね!」と驚いている人もいました。「楠中学校のお兄ちゃん・お姉ちゃん」という紹介を聞いていても、楠中学校がどこかわかっていなかったようです…。


ひよこ組さんでは、今日初めて、みんなでハサミを使いました。ハサミの持ち手に手を入れるのですが、なかなか開けない人たちがいて、苦労してました。これから経験を重ね、上手に使えるようになるといいなと思います。

10月28日(月)

今朝は「いよいよ秋本番だな」と思われる寒さでした。厚手の上着を着てくる人もいました。(中には、半袖の人もいましたが…)近隣の小学校では、インフルエンザの罹患者が出てきているそうです。本園では、まだいません。予防や早めの対応をされますよう、お願いいたします。

朝の話題は、先週のバザーのことでした。とても楽しかったと子どもたちが話していました。保護者の皆様、重ねて感謝申し上げます。

今週は、楠中学校・楠小学校・楡木小学校の先生方が、保育を見に来てくださる「幼・小・中連携旬間」です。子どもたちの生活の様子や、幼稚園教育の在り方等を見ていただくよい機会です。また、子どもたちにとっても、いろいろな方と触れ合うチャンスです。


今日のくすのきタイムでは、「どんぐり体操」と「誕生月のおともだち」をしました。子どもたちは、案外、自分の誕生日を知らないので、ここで改めて「何月生まれよ」と担任の先生と確かめていました。


今日は、ALTが来てくださって、子どもたちと英語でお話したり、先生の母国イギリスのゲームをしたり等しました。うさぎ組で遊んだゲームの1つは、2人一組になって「スパイダー」になり「モスキート」(先生がその役をされました)を食べに行くリレーゲームでした。


ひよこ組さんは、先生にぐっと寄ってお話を聞きます。「英語を話す」ことより、日本以外の方にも、親しみをもって接するという経験がとても大切だと思いますので、とてもよい機会です。


ひよこ組で「色つき鬼」(和名)をしているところです。先生の出されるカードと、英語で言われる色を聞いて、お部屋の中から探してタッチしました。「グッジョブ!」と褒めてもらっていましたが、なんとなく褒めてもらっているのが、分かっっているような、そうでないような…ひよこ組さんでした。


これは、いるか組で「マミーゲーム」をしているところです。イギリスでは「マミー」はお母さんという意味もありますが、エジプトのミイラという意味もあるそうです。国によって、いろいろなゲームがあって面白いですね。


お弁当は、いるか組さんと食べてくださいました。お話が弾んで、とても楽しそうでした。今日、保育参観に来られていた小学校の先生も「幼稚園の時から、こんなにかかわる経験が出来ることはいいですね」と話していらっしゃいました。

ページトップに戻る