11月1日~8日

くすくす日記(11月1日~8日)

11月8日(金)

今日は、爽やかというより「寒い…」といったほうがぴったりくる朝でした。でも、たくさん体を動かして遊ぶ子どもたちにとっては、丁度良い気候です。少し鼻水を垂らしながらも、園庭でブランコに乗ったり、鬼ごっこをしたり、裏庭でごっこ遊びをしたりして、元気に遊んでいました。

さて、明日から2日間お休みですね。最近週末には、「不要な外出をひかえて、うがい・手洗いをしっかりしてくださいね」等と、体調管理について話すことが多くなりました。来週もまた、元気に登園できるよう、どうぞゆっくり過ごして体調を整えられてください!


11月のあいさつ運動最終日です。肌寒い朝が多かったのですが、たくさんの子どもたちや保護者の皆さんが参加してくださいました。ありがとうございました。


いるか組さんは、公園マラソンの後は、公園でグランドゴルフをしに集まっていらっしゃる地域の方に、ご挨拶をして帰っています。子どもたちが行くと、お辞儀をして挨拶を返してくださったり、「またね!頑張ってね!」と激励の言葉をかけてくださったりします。温かい地域の皆さんに、感謝です!


うさぎ組さんは、今年は幼稚園にタマネギの苗を植えました。ひょろひょろのネギが、「タマネギ」になるまで、継続して観察したりお世話をしたりできるので、楽しみですね。早速、じゃぶじゃぶお水をかけていました。


うさぎ組さんたちは、プランターに植えている野菜や鉢のお花にも、水をかけました。おかげでその周りがビチャビチャになりました。すると、自然に寄ってきてドロ団子づくりが始まりました。楠幼稚園には、「光玉」(ピカピカのドロ団子)を作る文化が、まだありませんので、これを機会に広めてみようかなと思いました。


子どもたちは、昨日拾った木の実を、たくさん持ってきました。今日は、かご等に入れて、いろいろなところに置いてありました。その横に、少し傾斜をつけた段ボールを置くと…どんぐり転がしが始まりました。木の実を使って、いろいろな遊びが広がるといいなと思います。


ひよこ組さんたちは、ヒヤシンスやムスカリの球根を、水栽培にをしようと集まっていました。でも、球根を手にすると、自然に皮をむきたくなるようです。カサカサと指先ではごうとしていて…「はだかん坊になっちゃうから、やめて~!」と、先生がとめていました。

11月7日(木)

今日は、立田山遠足でした。遠足に丁度良い爽やかな気候で、カサカサと落葉を踏みながら、山歩きを楽しみました。紅葉はまだあまり進んでいませんでしたが、ドングリはたくさん落ちていて、子どもたちは、どんぐり拾いを心ゆくまで楽しんでいたようです。今日は、たつだ山遠足サポーターの保護者の方5人にお手伝いいただきました。お陰様で、大きなけがもなく、楽しい遠足になりました。どうもありがとうございました!


山道を歩いていると、視覚だけでなく、音や香り等からも、自然を感じることが出来ます。「あ、鳥の声!」「今、違う声がしたよ!」等、立ち止まりながら、いろいろなことを感じながら歩いていきました。


山歩きをしていらっしゃる方に「おはようございます!」とご挨拶をすると、にこにこ応じてくださいました。「ほら、どんぐり、こんなに見つけたよ」と、自分から見せに行く人もいました。


うさぎ組さんといるか組さんは、山頂まで行きました。道々、たくさんのドングリを拾いましたが、頂上についてからも、また違った大きさや形のものがあり、子どもたちは、熱中して拾っていました。


お弁当を食べる中央展望所は、傾斜になっています。おにぎりを食べた後に、鬼ごっこを等をして走り回ったり、傾斜を全身で転がったりして遊びました。(つづく…)


中には木登りにチャレンジする人もいました。「自分で登って、自分で降りるんだよ」これが約束です。「抱っこして登らせて!」と頼みに来たひよこ組さんには、お断りしました…。また、「柿の木はぽっきり折れる」と聞いていましたので、足場を確かめながら用心して登るように声をかけました。


帰り道、蜘蛛の巣に引っかかって、空中を浮いているように見える葉っぱがありました。手を伸ばして、とろうとする人たちがたくさんいました。今日は、いろいろなものに出会いました。

11月6日(水)

今日は朝から、熊本県の国公立幼稚園後援会連絡協議会の第2回研修会が、八代市の代陽幼稚園とエコ8八代でおこなわれました。県下27園から集まっての会でした。本園からも後援会会長様をはじめ、執行部の皆さん4人と園長、合わせて5人で出席しました。他園の保育や後援会の在り方について見たり聞いたりすると、とても参考になります。詳しくは、また後援会の全体会等で伝えられるだろうと思います。

さて、園では、今日も楽しい遊びが展開されていたようです。今日は、一日の中から担任の先生が選んだ場面をお伝えします。明日は、たつだ山遠足です。楽しみです!


ひよこ組では、大きな画用紙に数人で絵を描いたり、のりで色紙を貼ったりして遊びました。友達の線路に描き足したり、丸の色紙車に見立てて、貼るのを真似したりしていました。友達の描いているものに興味を持つ・真似する・1枚の画用紙を友達と共有するなどは、友達とのかかわりが深まってきたからこその姿だと思います。(つづく…)


午後は、今クラスで親しんでいる「おむすびころりん」のごっこ遊びをしました。登場人物になりきって、先生や友達と言葉のやりとりをしたりしながら、お話の正解を広げていました。また、自分で考えたことを取り入れようと、必要なものを先生に頼んだり、または自分たちで出したりする姿が、少しずつ見られるようになってきました。


うさぎ組では、子どもたちの大好きな曲に合わせて大太鼓を調子よくたたくようになりました。歌をみんなで歌いながら、他の楽器も使って、リズム打ちを楽しんでいます。(つづく…)

 


降園前、「指の間、手首、反対側…」と言いながら、丁寧に手を洗っていました。パス遊びで手がピンクだった人はピンクの泡に、緑で手型をとっていた人は緑の泡になりました。「きれいね~」「その泡、ちょっとちょうだい」合わせた泡は…「あれ?白くなっちゃった!」


いるか組は朝から中央公園にマラソンに行きました。今日の目標は「きつくても止まらない!」です。最初からペースを上げすぎると、後で辛くなって止まりそうになってしまいます。自分の体と相談しながら頑張って走りました。


降園前に保護者の方が読み聞かせをしてくださいました。「ブロッコリーさん」と「えんそくべんとう」という2冊の絵本を読んでくださいました。明日は遠足なので子どもたちも、「自分でおにぎり作ってみようかな・・・」と話していました。明日の遠足がますます楽しみになったようです!

11月5日(火)

11月3日の「くすのき祭」にはたくさんのご家族が参加され、楽しい時間を過ごされたと聞きました。主催された地域の方も喜んでいらっしゃいました。このようなお祭りが開催できる楠・楡木の地域力、素晴らしいですね!

さて、今週からぐっと秋が深まり、朝夕は冷え込むようになりました。今日の楠タイムでは、うがい・手洗いについて、再度話をしました。新聞にも「20秒洗い流すこと」と書いてありました。20秒というと、かなり長いのですが、子どもたちは、少し意識して長く洗っていたようです。


先週に引き続き、11月のあいさつ運動です。今日は、待っている間に「中央公園であったお祭りでね、ぷにゅぷにゅのとね、ボールとね、飴買ってもらった」等と、友達同士で、お休みの日の話をし合っていました。今日もたくさんの保護者の方にご参加いただき、ありがとうございました。


ひよこ組さんから、カスタネットと鈴の楽しそうな音が聞こえてきました。今日のくすのきタイムでも踊った「誕生月の子どもたち」に合わせて、みんなで楽器を鳴らして遊んでいました。みんな、穏やかな表情で、心地よさそうに楽器をならしていました。


テラスの隅に集まっているいるか組さんたちに「何してるの?」と尋ねると、「おうちごっこだよ!」と、仲良く答えてくれました。「私、猫なの」「私はおうちに入った人を入り口で確かめてる」等、遊びの中での自分の役割をそれぞれに自分で決めて、うまく共通理解しながら遊んでいました。


これはいるか組さんの本だなに立ててあった、手作り絵本の一部です。先生がみんなで考えた話を文字で書いてくれるので、空いているところに、描きたい人が挿絵を描いたものです。世界に一つしかない本です。


お弁当後にひよこ組さんたちが、三輪車に乗っていました。運動会のころよりも、ぐんとこぐスピードが速くなっていて驚きました!また、自分たちで、一列に並んで順番に交代しているのにも、成長を感じました。


うさぎ組では、帰りの会で今日の感想を聞きあっていました。うさぎ組には、11月になって2人のお友達が転入してきました。今日、初登園したお友達が「今日、お友だちと遊んで楽しかった」と感想を言ってくれたので、それを聞いた周りの人も嬉しそうでした。

11月1日(金)

今日は、祖父母交流会でした。たくさんの祖父母の皆様が、ご参加くださいました。自分のおじい様・おばあ様ではなくても、手を引いて「ねえ、こっちに来て!」と誘ったり、逆に自分の孫ではない子どもにも優しく同じように接してくださったりして、とても素敵だなあと思いました。子どもたちは祖父母の皆様の優しさに包まれて、心地よく楽しい時間を過ごせたと思います。祖父母の皆様にとっても、そうであったら嬉しいです。ご参加いただいた祖父母の皆様、ありがとうございました。

さて、明日から3連休です。11月3日には、お隣の中央公園で「くすのき祭」があります。楠幼稚園でも、関連した催しが行われます。ご家族で、ぜひいらしてください!


11月のあいさつ運動一日目の様子です。今日は、行事が重なったにもかかわらず、保護者の方も、たくさん集まってくださいました。また11月は熊本市の「心かがやけ月間」です。今日は、教育委員会からもご参加いただいました。ありがとうございました。


さて、祖父母の会前半は、園庭で一緒に遊んでいただく時間でした。鬼ごっこや縄跳び、砂遊びを一緒にしたり、頑張っていることを見せたり等、秋晴れの中、楽しい時間をもてたようです。子どもたちは生き生きと遊んでいました。


中盤は、リズム室で歌や踊りなどを見ていただきました。「おじいちゃんたちに見てもらって嬉しかった」「おばあちゃんの前で歌って楽しかった」と子どもたちが自分の感想を話すと、祖父母の皆様からも、今日をとても楽しみにしてらしたことや、頑張っている姿を見て嬉しいということ等を返してくださいました。祖父母の皆様の優しい眼差しがとても印象的でした。


後半は、触れ合い遊びやおイモを食べたりして、各保育室で過ごしました。この写真は、ひよこ組さんが、幼稚園で初めてハサミを使って切った折り紙で飾った、おじい様・おばあ様の絵をプレゼントしているところです。とても喜んでくださって、子どもたちは満足げでした。


この写真は、うさぎ組さんでおイモを食べようとしているところです。昨日うさぎ組さんたちが洗ってくれたおイモです。「おいしい!」と、ほとんどの子どもたちが、おかわりをして食べたそうです。


この写真は、いるか組さんでふれあい遊びをしているところです。「幸せなら、手をつなごう♪」と、一緒に座った皆さんとギュッと手をつないでいました。いるか組さんの、嬉しそうな、それでいてちょっと恥ずかしそうな表情が印象的でした。

ページトップに戻る