12月2日~6日

くすくす日記(12月2日~6日)

12月6日(金)

週末になりました。今日は、午後から来年度入園されるお子さんの健康診断と面談がありましたので、午前中保育でした。また、朝から後援会の執行部会があり、来週の役員会や再来週の全体会に向けて、話し合いや資料作りを行ってくださいました。来年度のことも話し合い、よりよい園、そして後援会活動になるよう、一緒に考えていただきました。ありがとうございました。

さて、今週は寒さが増したので、嘔吐や発熱等、体調を崩した人もいました。週末も寒くなりそうです。来週はもちつきがありますので、子どもたち、保護者の皆さま、体調を崩さないようにご用心ください!


12月最後、今年最後ののあいさつ運動でした。今日もたくさんの子どもたちが参加しました。今月もたくさんの保護者の皆様にご協力いただきました。本当にありがとうございました。


あいさつ運動には、弟妹を連れて参加してくださる保護者の方々がいらっしゃいます。子どもたちは弟妹さんたちにもよくかかわります。今日は赤ちゃんもいたので、いるか組さんが囲んでいました。


あいさつ運動が終わったあと、タスキをきちんとたたんで片づけます。今日は、いるか組さんが、ケースをもって「はい、これにいれてね」と優しくお世話していました。


うさぎ組さんでは、クラスで円になって座っていました。みんなで円になって座ろうとすると、入れない人に気づいて少し詰めたり、隣の人の邪魔にならないような姿勢をとったりする経験をします。生活の中の何気ない一コマですが、こういう経験を重ねていく事も人とよりよくかかわる力を育てていくことになると思います。


うさぎ組さんは新しいフォークダンスを、先生から教えてもらいました。最初は、みんなで手をつないで丸くなって、踊ります。はじめは、手を引っ張ったり倒れたりする人もいましたが、その都度、「それはみんな困るね…」と気づかせていき、次第にみんなで、手をつないで、前に後ろに右に左に動けるようになってきました。(つづく…)


2人で手をつなぐ場面もありました。「向かい合って手をつなぐ」…考えてみると、正面で向かい合って両手でつなぐというのは、あまり生活の中でありませんね。それぞれ見てみると、いろいろなつなぎ方をしていました。

12月5日(木)

今日は、いるか組さんは、もちつきに使う道具を倉庫から出したり、リズム室の壁面作り(お楽しみ会にむけて)を考えたり、みんなのために頑張ってくれました。

また、火災避難訓練を行いました。抜き打ち訓練でしたので、「本当に火事だった」と思った人もいたようです。真剣に訓練に参加していました。おうちでも、どこかにお出かけの時でも、今日のようにしっかり話を聞いて、素早く動き、安全に避難できるといいですねと話をしました。


今日のあいさつ運動の様子です。今日もご協力ありがとうございました。9時に近くなると、たくさんの人があいさつ運動に参加してくれていますが、登園してくる人も段々と大人数に慣れてきて、堂々と間を通っていくようになりました。


いるか組さんが、もちつきの道具(杵・せいろ、大鍋、しゃもじ、ひしゃく等)を、リレー形式で、倉庫から出してくれました。うさぎ組さんとひよこ組さんは、見学です。うさぎ組さんは来年は自分たちが出す役目なので、真剣な表情です。ひよこ組さんには、なぜかせいろにはめる「竹すだれ」が人気だったそうです。


いるか組さんは、劇で使ったOHPを使って、影絵遊びをしました。色をつけて映すのもいいのですが、黒い影だけを映しても、なかなか面白いものです。この影は…シルエットで誰かわかります。人、そしていろいろなものでもやってみると面白そうです。


ひよこ組さんは、絵の具で遊んでいました。初めは手だけでしたが…予想通り足まで使った遊びになりました。色を混ぜたり、形を重ねたり、とても楽しかったようです。今日は帰ったらおうちの方が、色が変わった手や足を見られて、びっくりされたかもしれませんね。


いるか組さんは、リズム室の壁面を飾ってくれるそうです。12月らしく折り紙でリースを作って飾りましたが、まだ進化しそうです。「サンタさんが、どんなおもちゃにするか相談しているところにしない?」「小人さんがリースを運んでいるのもいいね。」「絵も描いて貼ったら?」とアイディアを出しながら、話し合っていました。


今日の避難訓練では、職員室から出火し、放送も使えない状況を設定しました。「職員室が火事です!プランコのところに行って!」という先生たちの言葉を聞いて、みんな、さっと逃げて来て、並びました。中央公園に2次避難もしました。訓練を見に来てくださった楠出張所の所長さんから、「上手に逃げることができました」と褒めていただきました。

12月4日(水)

今日は、また一段と寒い朝でした。寒くなったので、朝起きが難しくなり、登園が遅くなるかな…と心配していましたが、いつもと変わらず元気に登園してくれたので、安心しました。これからぐんぐん寒さが増し早起きが難しくなるかもしれませんが、頑張ってほしいと思います。今日のお帰りには、保護者の方が交通指導に立ってくださいました。いつもありがとうございます!

さて、今日のくすくす日記は、ひよこ組さんの写真が多くなりました。


あいさつ運動の様子です。今日もたくさんの人が集まってくれました。厚手の上着で、もこもこの人が多くなりました。保護者の皆様もありがとうございました。


今朝は、吐く息が白くなるのが、はっきりとわかりました。ひよこ組さんの中には、「初めて見た!」という人もいました。白い息を吐いて「怪獣みたい!」。白い息を見合うのも楽しい経験です。


ひよこ組さんとうさぎ組さんは、コートの前のチャックやボタンをきちんと留めて、ハンガーにかけるようにしています。チャックをしめたり、ボタンをかけたりすることは、ひよこ組さんにとっては案外難しい事です。時間はかかりますが、自分ですることを大切にしています。


うさぎ組さんたちは、今「切り紙」をしています。切り紙は、ハサミを細かく動かしたり、紙を回したりして、巧緻性が必要です。何枚も試しているうちに、技術が身に付き、加えて徐々にどう切ればどんな模様になるのか仕組みがわかったり予想したりするようになってきます。たくさん経験してほしいです。


昼食後の砂場では、3人のひよこ組さんが、せっせと砂を積んでつなげ、「万里の長城」のようなものを作っていました。昨日うさぎ組さんの一人が始めたことに参加していたそうです。今日は自分たちだけで作っていました。何?というと、はっきり何だというものではないようでしたが、「一緒につくってるの♪」と、とにかく3人で楽しそうでした。


子どもたちの洋服もすっかり冬の装いになってきましたが、幼稚園のあちこちも12月の飾りが飾られています。うさぎ組さんは、リズム室にツリーを出してくれました。ひよこ組さんのお部屋にいくと……なんとツリーに野菜が飾ってありました!野菜のツリーも素敵ですね。

12月3日(火)

今日は、朝から文集に載せる全体写真撮影第2回目がありました。クラス委員さんには大変お世話になりました。

さて、そのあと、楽しみにしていた人形劇がありました。毎年来ていただいている「からこま座」が、今日も、楽しい人形劇を見せてくださいました。ありがとうございました。また、今回の観劇会を開くにあったっての費用は、バザーの益金から出していただきました。お陰様で、とても素敵な時間を過ごすことができました。本当にありがとうございます!


12月のあいさつ運動、2日目。今日はうさぎ組さんがたくさん参加してくれました。じっと立っていると寒いので、あちこち動き回っていましたが、お友達が来ると、並んで元気にあいさつしてくれました。いつものように保護者の方も参加してくださって、本当にありがとうございます。


人形劇の様子です。からこま座さんは、いつも心がほっこり、そして人形たちが繰り広げるお話の世界に引き込まれていく素敵な人形劇を見せてくださいます。今日は、「マシュマロとぅるん」「ふしぎのくにのアリス」を見せてくださいました。たくさんのお人形たちが登場しました。


部屋を暗くして(写真の感じより実際はもっと暗いです)劇が始まると、子どもたちは、人形たちが繰り広げるお話の世界に引き込まれていきました。終わった後は、たくさんの子どもたちが、からこま座のお二人に、感想をお伝えしました。


「ちょっと怖いところもあったけど、楽しかった」等、お話の世界にどっぶり入って、いろいろなことに心を動かしながら劇を見ていたひよこ組さんたち。最後のご挨拶では、自分たちより大きな女王様がドーンと座っているのを気にしながら、ちょっぴり恐る恐る、人形たちと握手をしてもらいました。


お話の筋も、しっかりとわかるようになってきて、いろいろな場面で大きなリアクションをしていたうさぎ組さんたち。人形たちにも興味津々です。最後のごあいさつでは握手にとどまらず、衣装や人形たちの表情などにも興味が広がり、あちこち触らせてもらっていました。


いるか組さんは、舞台の裏まで入ったり、人形を手にとって動かさせてもらったりしました。「この本、どうやって作るの?」「髪の毛は何で作っているの?」「へえ、ここ(舞台の下にあるペダル)を踏むと音楽が鳴るんだ!」等、観る側だけでなく、見せる側からの気づきや感想も聞かれました。

12月2日(月)

12月になりました。先週末の生活発表会には、たくさんのご家族の皆様が来てくださったこと、改めて感謝申し上げます。今日、子どもたちは、金曜日におうちに帰って、「楽しかったよ」「頑張ってたね」「あんなに大きな声がでるとは思わなかったよ」等と頑張ったことをほめてもらったことを、嬉しそうに話してくれました。

さて、今日から少しずつ生活が変わっていきます。人形劇、餅つき、お楽しみ会、大掃除、そして終業式と行事もありますし、遊びもさらに充実していきます。


12月のあいさつ運動一日目です。少し雨が落ちてきましたが、子どもたちも集まってきましたし、保護者の皆様もご参加くださいました。寒い季節のあいさつ運動ですが、この季節だからこそ、元気のでるあいさつをかわせるといいなと思います。


いるか組さんは、今日の中央公園マラソンでは、自分で走る距離を決めて走っていました。いつもは3~4周なのですが、今日は9周(!)に決めた人もいました。みんな決めた周を走り切ったそうです!素晴らしい!


ひよこ組さんでは、劇で使ったBGMが流れていました。自分がなっていなかった動物さんにもなりながら、劇ごっこを楽しんでいました。お料理もしたそうですが、今日は「お餅つき」もしたそうです。


うさぎ組さんでは、箱(段ボールも)を使って、制作する遊びが盛り上がっていました。大きな葉っぱを貼っているのは、「忍者のお風呂」だそうです。シャワーもついていました。


「これは何を作ったの?」と尋ねると、「これ?これはね…」またがって上に乗って「ゾウ!乗れるんだよ」と教えてくれました。「私も乗ってみようかな?」というと、「それは、ちょっと…」と断られてしまいました。


いるか組さんでは、写真が載っている本を読んでもらっていました。もちつきの本です!写真を見ているうちに、なんとなく思い出した人もいたようです。ピアノの横には、臼(作り物)と杵(本物)が、置いてありました。そういえば、去年は、猫のしっぽをつけて、もちつきごっこをしていたなあと思い出し、懐かしくなりました。

ページトップに戻る