12月23日~24日

くすくす日記(12月23日~24

日)

12月24日(火)

今日は2学期の終業式でした。一年間で一番長い学期ですが、あっという間に過ぎた気がします。それでも、思い起こせば、たくさんのことがあって、子どもたちは大きく成長した2学期でした。お陰様で、子どもたちは、充実した表情で、にこにことおうちへ帰っていきました。楽しい冬休みを過ごしてくれることを願っています。

保護者・地域・関係機関や学校の皆様、2学期も園へのご支援やご協力、本当にありがとうございました。


リズム室で、全園児集まって終業式を行いました。園長からは、健やかに過ごせたことに関して、周りの人に感謝することが大切だと話をしました。また、出席停止以外一日も休まず登園した人たちから、話を聞いたりしました。


冬休みのお約束を、先生たちから話しました。1人の先生に1~2つずつです。(つづく…)


全部で9つのお約束です。挨拶などの生活面、歯磨きなどの健康面、知らない人についていかないなどの安全・防犯面についてです。(つづく…)


子どもたちは、一つ一つしっかり聞いていました。おうちにもプリントで持って帰っていますので、冬休み中、忘れずに守ってほしいと思います。


終業式の最後は、14日間会えないので、みんなで「さようなら」「ありがとう」の挨拶をしました。タッチやハグをしたり、いるか組さんには、ひよこ組さんをなでなでしてくれる人たちもいました。


担任外の先生たちにも、ご挨拶に行きました。「ありがとうございました」という感謝の気持ちを伝えることに加えて、「よいお年を」というご挨拶をする人もいました。


今日も、最後に、使った遊具を拭きました。いるか組さんは、たくさんたくさん使った竹馬を、丁寧に拭き上げていました。


ひよこ組さんは、冬休みに水をあげやすいようにプランターを移動させて集めてくれました。みんなで力を合わせて運んでいる姿に、またまた成長を感じた終業式でした。

12月23日(月)

今日は、終業式前日。それぞれのクラスで、お部屋の片付けなどをして、2学期最後の日を迎えるための準備をしていました。幼稚園で使う道具や、作った作品などを持ち帰るので、帰りは荷物がいっぱいの人もいました。


いるか組さんは、今日もホウレンソウとダイコンを間引きして食べました。大根がずいぶん大きくなっていて、小さなダイコンの形になっていました。


その大根の鉢のふちに、なにやらいるのを見つけたそうです。「来て来て!サナギになっているよ!」


この前まで葉にいた青虫が、さなぎになっていました。これから冬を越すサナギでしょうか。「春になってチョウになるといいね~」と話しました。


うさぎ組さんは、棚の道具や制作した作品を整理してもって帰る準備をしていました。2学期もずいぶんたくさん空き箱などで作ったので、「持てるかな…」と心配になる人もいました。


整理して、のりケース(糊は幼稚園で補充します)を持ってきた人は、先生から、劇で使ったキラキラの手裏剣を1つずつもらっていました。


荷物を整理して、外で元気に走り回ったり、縄跳びをしたり、遊具に登ったりするうさぎ組さんです。


ひよこ組さんは、ままごとで使った道具をきれいにしました。1学期により、拭き方が上手になっていて、驚きました。


拭いたものの丁寧に並べて乾かしていました。最初に先生が並べると、それを見て、ちゃんとその隣に並べていきます。偉いなあと思います。


「ほら、見て!きれいになった」靴箱の敷物もきれいに拭きました。入園して9ヶ月、自分たちでできることが、どんどん増えたひよこ組さんです。きっと、おうちでの大掃除の時も、お手伝いを頑張ることでしょう!


 

ページトップに戻る