6月10日~14日

くすくす日記(6月10日~14日)

6月14日(金)

今朝は、涼しい一日でした。気温が普段より低く、雨も少し落ちていましたので、水遊びは年長さんだけ行いました。さて、来週の水曜日は、カレーパーティーを行う予定です。明後日が保育参加ですので、準備に費やせるのは、今日を入れてあと2日間です。いるか組さんは、立てたスケジュールを確かめながら、準備を頑張っていました。

さて、保護者の皆様には、明後日6月16日の美化作業・保育参加へのご参加、大変お世話になります。どうぞ、よろしくお願いいたします!


うさぎ組さんは、今日も玉入れを頑張っていました。上から、下から、横から、いくつかいっぺんに等々…いろいろな投げ方で、玉入れを楽しんでいました。日曜日は、おうちの方と一緒にできることを楽しみにしてました。(つづく…)


うさぎ組さんが、リズム室でにぎやかに活動していると、太鼓の音やその声を聞きつけて、ひよこ組さんたちが覗きにきました。興味津々です!玉の数を数えるときは、「一、二…」と一緒に数えていました。


いるか組の保育室の壁面には、カレーパーティーに関して活動したことの記録がたくさん貼ってあります。カレーに入れるものを見ると…キャベツ!?いろいろ相談したりインタビューしたりして決まったそうです。(つづく…)


リズム室はカレーパーティーの会場となります。今日は、描いたポスターを、入り口に貼っていました。以前、木製の立て札がいいか、紙のポスターにするか話し合ったものです。美味しそうなカレーの絵が描いてあります。(つづく…)


帰りの会では、ひよこ組さんとうさぎ組さんに、カレー作りの協力依頼に活きました。いるか組さんたちは、一生懸命、タマネギの皮をむいてほしいことを、ひよこ組さんに伝えました。ひよこ組さんは、じーっと聞いていて、「いいよ」と、承諾していました。(つづく…)


うさぎ組さんには、ジャガイモの皮をむいてほしいことを伝えました。「いるか組だけだと、切るのが大変だからね…」と説明したり、「どうやってむくの?」という質問に「あのね、水を流しながらね…」と答えたりしました。うさぎ組からも「わかった、いいよ」という返事をもらえました。みんなで力を合わせて、美味しいカレーができるといいなと思います。

6月13日(木)

今日は、朝から後援会交通委員会の皆さんが集まってくださいました。来週末には交通教室を開いてくださいます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日もプール日和でした。少しずつ「水と仲良く」なってきています。「昨日顔がつけられなかったのに、今日は一秒大丈夫だった」「目洗いで、泣かなくなった」「渦巻き作りで走る時にこけていたのが、こけずに走れるようになった」等々…一日一日の成長は少しずつですが、その少しずつが重なって大きな成長になります。一人一人の小さな成長を支えていきます。


ひよこ組では、ワニさんになって歩くことを毎日の水遊びに取り入れています。水面まで顔が近づくので、水が顔にかかるのが嫌な人には怖いことなのですが「ほら、足を延ばして手で歩いてごらん!」と先生が一人一人に声をかけ、励ましています。「ほら!ワニさんになれた!」と褒められて自信を持つと、少しずつ一人でも、やってみるようになっていました。


うさぎ組では、ワニさんはもうクリアしています。「ワニさんになって、先生をつかまえてね!」と、先生が誘うと、みんな瞳をキラキラさせてスタンバイ。「よーい、ドン!」先生を追って急いで手で進むと、自然と体や足が水に浮いた状態に、なっていました。遊びながら浮く感覚を体得できているようです。


いるか組さんが作った波です。随分、しぶきが上がるようになってきました。「ジャッポーン!」と音もして、毎日少しずつですが、波が大きくなってきています。


いるか組さんの水遊びでは、最後に一人一人、今日の頑張りを見せ合っていました。頑張って何度も挑戦し、昨日までできなかったことが出来るようになった人たちもいました。「もっと、やりた~い!」「水遊び、楽しいね~!」「また明日もやろう!」と、満面の笑みで、お友達と話していました。私もとても嬉しくて涙が出そうになりました。


いるか組はカレーパーティに使う道具を、倉庫から出してリズム室に運びました。お家で使う道具よりも大きくて重い道具です。みんな汗びっしょりになりながら、頑張りました。


ひよこ組さんは大きな鍋を見て興味津々です。いるか組のお兄さんが、「これは消毒で使う大きい鍋なんだよ。」と(※煮沸消毒に使う鍋のことです。)一生懸命説明していました。

6月12日(水)

今日は、今年度第1回目の評議員会を行いました。評議員の皆様には、幼稚園がよりよくなるために様々な角度からご助言いただきます。本日も、園の取り組みや子どもたちの様子などを見ていただき、ご意見をうかがいました。今後もいろいろとお世話になります。


ひよこ組さんは、よく園庭をグルグル走っています。リレーのバトンを持って走るのがお気に入りで、一周走ったらちゃんと待っている人に渡しています。ところが、チームも決まっておらず、少人数で複数のバトンを使っているので、走り終えてバトンを渡して数秒立つと、すぐ次のバトンを渡されます。バトンをもらうと走り出すので、ほぼ休憩なしで走り続ける元気なひよこ組さんたちです。(つづく…)


「入れて!」と、うさぎ組さんが入ってきました。人数が多くなったので、バトンゾーンないが混雑し始めました。そこで、先生が少し整理して並べて「順番にね」と援助すると、順番を待ったり、走ったら後ろに並んだりして、少しずつ本来のリレーの形に近づいてきました。


うさぎ組さんは玉入れをしていました。先生が「今度の日曜日に、おうちの方と玉入れ競争するんだよ」伝えたので、「練習しなきゃ!」と張り切って頑張っているのだそうです。


今日も、いるか組の竹馬名人が誕生しました。すでに名人になっている人も、「頑張れ!」と応援してくれています。応援も力になります。今日の帰りの会で、昨日より上達した人が「やればできると思った」と発表していました。これから先、いろいろな困難に出会うと思いますが、一生懸命頑張って結果が出たときの喜びを原体験として心の中にもっておいてほしいです。


ひよこ組では、帰りの会にカレーの本の読み聞かせが行われていました。いるか組が企画し話し合って準備しているカレーパーティーですが、他組でもカレーパーティーに向けて、少しずつ気持ちを高めています。


いるか組さんが植えたカボチャの苗がすくすく育ち、大きな花が咲きました。大きな大きなカボチャの実が、実りますように!

6月11日(火)

今日は、にこにこ広場(未就園児の会)がありました。6組の未就園児親子のみなさんが来てくださって、園庭やビニールプールで遊んでいかれました。次回は、6月28日(金)にママビクスの講師の先生が来られます。たくさんのご参加をお待ちしております。


朝から職員室横の蝋梅の剪定をしました。すると「何しているの?」と、うさぎ組さんたちが寄ってきました。去年、ひよこ組の時に、同じ場面で同じ人たちが寄ってきたな…と、昨年のことを思い出しました。今年も、蝋梅の実をたくさんちぎって持って行きました。


今日のひよこ組さんの水遊びでは、小さな器と、たくさんの小さな金魚を使いました。金魚を水に浮かべたり、器に入れたりして、楽しそうに遊んでいました。器に入っているのは水と金魚ですが「はい、ぶどうジュースです!」「次はリンゴジュースです!」と持ってきてくれました。


うさぎ組では、水に顔をつけることに、少しずつチャレンジさせています。小学校では、プールでの学習は回数や時間が限られていますので、全く水に顔がつけられない状態では、かなり苦労すると思います。園での水遊び、おうちでのお風呂の時などで、経験を重ねておくとよいかと思います。


いるか組さんは、今日も伏し浮きに挑戦です。「忍法、水がくれの術!」ということで、水に同化するように浮きます。これも、もちろん顔を水につけることに抵抗感があると難しいのです…。楽しい水遊びの中で、目標をもってチャレンジすることも必要です。


うさぎ組さんが、園で収穫して先生が調理してくれたナスとピーマンを、職員室にも持ってきてくれました。今日は、ひよこ組さんにもいるか組さんにも、お裾分けしたそうです。


いるか組では、帰りの少し前に、ツマグロヒョウモンチョウのサナギが羽化しました。ちょうど出てくるところを見つけたようで、感動していました!初め、くしゃくしゃだった羽が、次第に伸びていく様子をじっと見ていました。

6月10日(月)

「暑いですね~」朝から、保護者の方とのあいさつに、何度もこの言葉が入るようになりました。まだ6月なのに…と思いますが、夏休みまでの保育日数は、今日も入れて29日です。あと29回幼稚園に来たら、もう夏休みです!1学期も後半に入りました。


年長いるか組さんが、クラスみんなでリレーをしていました。ニコニコ楽しく走っていた昨年に比べ、顔の表情から「負けないぞ!」という気持ちが伺えるようになりました。


年少ひよこ組さんは、プールでの水遊びが大好きです。でもプールから上がるのは、まだまだ大変です。「よっこいしょ!」…とは言いませんが、力を入れて頑張ってよじ登って上がっています。腕で体を支えるよい経験になります。(つづく…)


プールから上がって着替えたら、自分たちが着替えに使ったござを巻くことも、できるようになりました。「クルクルしたい!」進んでお手伝いして、楽しそうです。


年中うさぎ組さんは、みんなで水しぶきを作っていました。「うーん、今のはまだまだ…。3,2,1で水を手にためて、0でみんなでするんだよ!」何回か繰り返して、だんだん、水しぶきが高くたくさんできるようになりました。


いるか組さんは、このところ毎回みんなで大波を作っています。でも、まだまだ大波にはなりません。みんなで「前~、後ろ~、前~…」と気持ちをそろえて動くのがコツです。転ばないように足を踏ん張って、大波ができるといいな~。


さて、竹馬への取り組みは、まだまだ続いています。現在、第2次ブームといったところです。乗れる人とまだ修行中の人が同数になりました。この様子を見て、「…。練習しようかな…」と焦りとやる気が出てきた人もいるようです。

ページトップに戻る