9月17日~20日

 くすくす日記(9月17日~20日)

9月20日(金)

今日は、昨日までと一転、涼しい(寒い?)一日でした。いつも30℃越えしている室内も、24℃でした。あまりに急激な気温の変化なので、子どもたちの体調にも影響しないかと心配しています。雨のため、園庭でのかけっこ等が出来なかったので、子どもたちは、いつもに比べて動き足りなかったようです。元気ですね!

明日から3連休です。日曜日には台風がくるようです。どうぞ気を付けてお過ごしください。


いるか組さんがリズム室で鼓隊の練習を終え、お部屋までドラムマーチを演奏しながら帰っていました。他クラスの子どもたちは、道を開けてお客さんになって、じっと見つめたり、後ろをついて行ったり。憧れの眼差しを向けられるいるか組さんたちも、なんだか誇らし気です。


ひよこ組さんの壁面に貼ってあった作品です。「糊で貼りたい!」薄い色紙を何枚も重ねて貼ってありました。重なっても形が見えなくなってもいいのです。とにかく貼って貼って、満足いくまで繰り返し貼る。年少さんらしいですね。どれくらい時間をかけて作ったのかなあとその根気強さに感心しました。


いるか組さんが、みんなで何かを作っています。何かは、秘密にしておきます。何に見えますか。年長さんになると、1人の表現でなく、全体をイメージしてその部部の役割を自分が担うということもできるようになります。


ひよこ組さんは、お弁当のお昼のごちそうさまをした後、持ち帰るプリントなども一緒にカバンに片づけています。「プリントを持ち帰っておうちの方に渡す」のは、子どもたちの大切な役目です。おうちに帰ってから、大人が黙ってカバンの中からとるのではなく、「今日は、おたよりはないの?」と声をかけてくださると意識も高まるかなと思います。


うさぎ組さんが帰りの用意の時「ねえ、上靴の袋、忘れてるよ」と、かごの中に残っていたお友達の上靴袋を届けている人がいました。素敵ですね~。自分の事は自分でするのは基本ですが、お友達の手助けをしたり、感謝したりするのもとても大事は経験だと思います。


お迎えを待つ時のことです。自分の横に荷物を置いて、1人分以上の場所を占領している人たちがいて、全員が座れなくなりました。ベンチを増やせばよいのですが、きっちり座れるはずの数しか用意しませんでした。「自分の荷物は膝の上に置こうね」周りの人のことを考えて、こんなふうに座ることも、よい経験です。

9月19日(木)

最近の空は、本当に真っ青で、見ていると吸い込まれるようです。気温は高いのですが、湿度はずいぶん低くなってきましたので、とても気持ちよく過ごせています。子どもたちも、「きもちいいね∼」と、体を動かす心地よさを味わえているようです。


朝一番に、いるか組さんの鼓隊を園庭で行いました。お部屋と違い、広いし、動きながらしかも楽器を抱えての演奏ですので、大変そうですが、よく頑張っています。


いるか組さんの綱引きも、何度か重ねていくうちに、ひき方に少しずつ力が入るようになりました。ググっと力いっぱい握って引っ張るという動き、これを機会にしっかり経験してほしいと思います。


ひよこ組さんは、元気音頭を踊っていました。遊びと遊びの、ちょっとした隙間に「みんなで踊ろうよ」と先生が声をかけると、たくさんの人が集まってくるようになりました。「みんなで」の楽しさが、少しずつ感じられるようになってきているのだと思います。


ひよこ組さんは、お弁当の後、お絵描きをよくしています。何枚も何枚も、思い思いに絵を描いています。尋ねると「これは、線路なの」と、自分の中でストーリーをもって描いていて、誰かと会話しながら描くと、さらにイメージが膨らむようです。


うさぎ組さんは、食後に絵の具が出してありました。旗を描いているとのことでした。万国旗をまねて描いたり、好きなキャラクターの絵を描いたり、思い思いに描画を楽しんでいました。


いるか組さんの歯磨きの様子です。音楽に合わせてしっかり磨いていました。行事前で、少し生活が忙しくなる時だからこそ、基本的な生活習慣については雑にならないように気を付けて援助しています。

9月18日(水)

今日は、熊本県の教育庁義務教育課から、幼児教育アドバイザー(スーパーバイザー)の先生に来ていただき、ひよこ組の保育を見て指導していただきました。ひよこ組さん、初めてお会いする先生でしたが、進んでお話しに行くなど、親しみをもって接していて、成長を感じました。(今日はひよこ組さんの写真はありませんが、みんなかけっこしたり、表現遊びをしたりして、元気に過ごしていました。)


今週は、保護者の皆さんにバザーのための物品提供をしていただきました。バザー委員さんは、それをまとめたり値段をつけたり、事後の作業等をするために集まってくださいました。チームワークばっちりです!ありがとうございます!


リズム室が、うさぎ組さんたちの森になっていました。喧嘩をしているわけではありません!カブトムシやクワガタたちが、力比べをしているところです。他にも、枝を投げる力持ちや、ブンブンみんなの周りを飛ぶ虫たちがいました。


いるか組さんは水色のふさふさを持って、海を表現しているようです。みんなで気持ちを合わせて波を作るところ、苦心しています。今日も動画をとって、あとで見せてました。明日も、課題をクリアすべく頑張る気満々でした。


今日のうさぎ組さんの玉入れでは、白ラインよりも外から投げるというルールがありました。一生懸命投げていると、ついつい中に入ってしまうものですが、中にはライン内の玉を拾って、ちゃんとラインまで下がって投げている人もいて、えらいな~と思いました。


降園時は、保護者の方が交通指導にたってくださいました。いつもありがとうございます。子どもたちも、おうちの方がきちんと声をかけてくださるので、左右確認してしっかり手をあげて渡ることが身についてきています。


子どもたちが帰ったあとの幼稚園。窓の外は少し暗くなっていますが、保育室では、先生たちが、表現の曲を子どもの動きに合わせて編集しなおしたり、段ボール等で道具を作ったりして頑張っています!

9月17日(火)

 今日はさわやかな朝でした。日向の気温は高かったのですが、木陰は涼やかに風が吹いていたので、子どもたちも過ごしやすそうでした。3連休でしっかり休養してきたのか、週のはじめから元気に活動していました。

 今日の午後は、職員会議で運動会の予行練習の打ち合わせをしました。これから週末は3連休が続きますので、週4日の保育日となります。予行練習まであと6保育日です。先生たちもいろいろと考えて、日々の保育の中で、経験を重ね、子どもたちの力を発揮できるような活動を工夫しています。


14日(土)の楡木校区敬老会での様子です。元気に歌ったり踊ったりできました。敬老会の皆さんも、温かく見守ってくださって、大きな拍手をくださいました。お休みの日に連れてくてくださった保護者の皆様も、ありがとうございました。


今日のくすのきタイムでは、元気音頭と閉会式をやってみました。みんなで丸くなって前に進みながら踊ることは、なかなか難しそうでした。小学校の運動会で全校ダンスなどを運動場で丸くなって踊ることが出来るのは、すごいことなんだと改めて思います。


木陰で、くすのきタイムの振り返りです。上手にできた所、もっと上手にできそうなところを考えて出し合いました。「お話を聞くときはね、とつぜん大きな声を出して話したりしたらだめだよね」…等、いろいろと反省していました。


朝から、クラス委員さんたちが、会議をされました。年度末に配る文集や、12月のお楽しみ会についてです。こんなに前から計画し、準備を始めてくださっています。ありがとうございます!


ひよこ組さんたちは、何やら木の中に入ったり出たりして遊んでいました。表現遊びで森をイメージして、動物などになる活動をしていますので、それとつながった遊びです。みんなで楽しそうです。


うさぎ組さんは、帰りの集いで、先生から手マイクを向けられて、一人一人元気に名前を言っていました。運動会は、かけっこのスタート前に広い園庭で、1人ずつ名前を言うので、自信をもって言えるように経験を重ねています。

ページトップに戻る