7月16日~19日

くすくす日記(7月16日~)

7月19日(金)

1学期の終業式です。今日も蝉の大合唱の中、子どもたちは元気に登園し、元気に降園していきました。終業式では、子どもたちに一人一人にどんなことで成長したと思うか尋ねてみました。4月からの自分を思い出しながら、体の成長と心の成長を振り返りました。

保護者の皆様には、1学期間、園及び後援会活動にご理解ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。これから44日間のお休みに入ります。皆様、お元気にお過ごしください!


終業式の様子です。園長から話、夏休みの約束の他、幼稚園を1日も休まなかった人の紹介もしました。「どうして元気だったの?」「ご飯をいっぱい食べたから」「ちゃんと寝たから」というやり取りがありました。


終業式では、今学期で転出するお友達とのお別れもしました。「遊んでくれてありがとう」「僕のこと忘れないでね」等の送る言葉に、「もっとみんなと遊びたかったけどがまんする。私のこと忘れないでね」と返してくれました。元気に過ごしてほしいと願います。


終業式の終わりには、長いお休み前恒例の「元気でね」のあいさつをみんなでしました。1つしか学年が違わないうさぎ組さんですが、ひよこ組の頭をなでたり、ハグしたりしていました。お兄ちゃんお姉ちゃんとしてかわいがっていた気持ちが伝わってきました。


ひよこ組さんは、今日は自分の棚のお掃除です。棚の奥まで手を伸ばして、頑張って拭いていました。「自分の棚を自分できれいにする」1学期間で、こんなこともできるようになりました。


いるか組さんは、全員で竹馬に乗りました!みんな自信に満ちた表情でした。竹馬に乗って背が高くなった子どもたちが、みんなで迫ってくるのは迫力がありました。毎日毎日、先生に励まされながら、あきらめずに練習していた姿が思い出され、感慨深かったです。


お帰りの時間になる頃、それぞれの学級から、先生たちにもご挨拶に来てくれました。いつも陰て支えてくださっている先生のことを「お掃除してくれてありがとう」と、気づいてくれていることが嬉しかったです。


「けがをしたとき手当てをしてくれてありがとう」「お帰りのベンチを並べてくれてありがとう」「いつもリズム室をお掃除してくれてありがとう」等々、年長さんになると、担任の先生以外の先生たちの動きもよく見ているんだなあと感心しました。


さて、子どもたちと保護者の皆様が、元気に帰って行った午後、職員で夏休みに入る準備をしました。テントやブランコ、マットの片付け、プランター寄せ、砂場の遮光ネット外し等々。子どもたちのいない幼稚園、寂しいけれど、44日間みんなで守ります!

7月18日(木)

昨日は、後援会全体会・学級懇談会・心肺蘇生法講習会にご参加いただきまして、ありがとうございました。

今日は、雨模様のスタートでしたので、残念ながら1学期最後の水遊びはできませんでした。ここ最近、どうも予想しずらい天気です…。それでも、子どもたちはお部屋の掃除をしたり、梅ジュースを飲んだりして、楽しく過ごしていました。


ひよこ組さんも、ままごと道具やブロックなどを拭きました。拭いてお掃除をすることが初めての人もいたようです。3歳さんなりに、頑張って「ふきふき」していました。(つづく…)


ブロックも一つ一つ拭きました。「見て、見て!こんなにたくさん、きれいにしましたよ!」と、自信たっぷりのひよこ組さんたちです。


うさぎ組さんも、室内の道具を拭き上げました。雑巾の絞り方、なかなか上手でしょう?力を入れて、ギューッと絞っていました。これなら、夏休みも、おうちでの掃除の手伝いが上手にできると思います。


うさぎ組さんの作品です。頭の上に持ち手があって、動かして遊べます。右の作品は、脚がビヨヨーンと揺れ動きます。なんだか、とても楽しそうなお人形たちです。


いるか組さんもお掃除です。いるか組さんの拭き方は、さすがに力が入っていて、キュッキュッと音が聞こえてきそうです。


いるか組では、畑のカボチャを1つだけ収穫して食べました。包丁で二つに割って黄色い実の中が見えると「おーっ!」と大歓声。焼いている時は「♪カボチャ、カボチャ、はーやく食べたい」など、おお盛り上がりでした。ちょっと若いかぼちゃでしたが、「おいしい!」「おかわり!」を連発していました。

7月17日(水)

今日は、後援会全体会・学級懇談会・心肺蘇生法講習会でした。保護者の皆様には、お忙しい中、ご参加いただきまして、ありがとうございました。学期のまとめをするにあたって、1学期を振り返ってみると、子どもたちの大きな成長を改めて感じ、感動しました。全体会や学級懇談会での話を通して、保護者の皆様と、そんな気持ちを共有できていれば嬉しいです。

さて、あと1学期終了まであと2日です。明日から午前中保育ですが、最後の水遊び、梅ジュース、お部屋のお掃除と、計画されているようです。


全体会の様子です。会長さんと園長のあいさつの後、各委員会から1学期の活動報告等がありました。その後、園から、改めて今年度の取り組みについて話をさせていただきました。(園の重点目標については、ホームページにアップしております。※こちらをクリック


毎回、皆さんが楽しみにされている後援会長さんのお話には、今回はこんなシートが用意されていました。いい言葉を教えていただきました。保護者の皆様も、深く頷いていらっしゃいました。


学級懇談会の間、子どもたちは、前半は外で遊び、後半は絵本の部屋で読み聞かせを聞きました。1つは「ふしぎなナイフ」という本です。ナイフが、折れたり、さけたり、ねじれたり…いろいろと変化していく単純な話ですが、子どもたちは「次は?」「ふくれる?」等、楽しそうに反応しながら大喜びで観ていました。ひよこ組さんも、大勢の中で、しっかり聞いていました。


いるか組さんでは、帰りの会などで、段ボール太鼓をたたいています。初めは手でしたが、最近はバチになりました。「いちご」「チョコレート」等、子どもたちがしている言葉の音に合わせてたたいて楽しんでいます。2学期は太鼓にかえて、鼓隊につなげていきます。


うさぎ組では、手遊びをしていました。「トントンひげじいさん」のメロディーで、アンパンマンバージョンです。みんな、いつもしている大好きな手遊びのようで、とても楽しそうでした。


保護者の皆さんには、心肺蘇生法講習会にご参加いただきました。北消防署楠出張所から、所長様と隊員の方に来ていただき、短い時間に大切なことをギュッと凝縮して教えていただきました。小さい子どもに特化したお話もあり、皆さん熱心に話を聞かれました。楠出張所の皆様、ありがとうございました!

7月16日(火)

1学期最後の週が始まりました。今日は、嬉しいことに晴れましたので、全クラス、プールで水遊びをすることができました。また、明後日予定していた「ピカピカの日」ですが、天気予報によると雨のようでしたので、今日に繰り上げて行いました。

今日、お掃除が終わったころ、門のところに、卒園児の保護者の方の懐かしい顔が!さくらちゃんに、お野菜を持ってきてくださいました。本当にありがたいです。元気でいることをお聞きすると、とても嬉しいです。

さて、明日17日(水)は、後援会全体会です。また学級懇談会や心肺蘇生法講習会もあります。どうぞ、よろしくお願いいたします。


ひよこ組さんは、たくさん使った砂場の道具の中から、小さい小物を洗いました。入園してまだ3ヶ月ですが、頑張って、もうちゃんと自分たちの役目を果たしてくれました。


うさぎ組さんは、砂場の道具の中でも、大物を洗いました。うさぎ組さんは、砂場での遊びの時に、樋やバケツをたくさん使いました。きれいに洗って、また2学期もこれを使って、ダイナミックに遊んでほしいと思います。


いるか組さんは、乗り物と倉庫の中をきれいにしました。さすが年長さん、タイヤの溝の隅々まで、雑巾で丁寧に拭いていました。「みんな~、倉庫の中の仕上げ拭きしよう!」と声を掛け合っているのも、年長さんらしいなと思いました。


おそうじで使った洗い水は、捨てるのがもったいないので、その水を使ってプランターのお花屋野菜に水をかけました。ミニヒマワリがこんなにきれいに咲きました!


「今学期最後のプールになると思います…」と、以前にも何度かお伝えしましたが、今日も入れました!晴れた日にプールで遊ぶと気持ちがよく、水慣れが進みます。明後日も予報は曇りですので、あと一回水遊びができそうです。


今日は、1学期最後のお弁当でした。お弁当の時間は、子どもたちにとって、楽しみな時間です。「今日は、最後だから、ごちそうにしてくれたんだあ」と、見せてくれる人もいました。保護者の皆さま、1学期の間、毎日お弁当ありがとうございました。

ページトップに戻る