2月10日~14日

くすくす日記(2月10日~14日)

2月14日(金)

昨日、今日と、暖かい日が続きました。今日は、リズム室に、いるか組さんがおひな様を飾ってくれました。春を迎える準備が出来てきました。来週からは、また寒くなるという予報ですが、明日からのお休みで、ゆっくり休養して、また元気に登園してくれると嬉しいです。


朝、リズム室に準備してあったおひな様の道具を見に、ひよこ組さんがやってきました。引きだしや箪笥等、おひな様の道具に興味津々です。ちょっと触ってあけてみたり、「これなあに?」と尋ねたりしていました。


いるか組さんは、お道具の名前などの話を聞きました。「昔のお姫様たちは、みんながリカちゃん人形で遊ぶようにこれで遊んでいたんだよ」というと、不思議そうに聞いていました。その後、ひとつずつそっと運んで飾ってくれました。そっとそっと大事そうにもって、歩いている姿が印象的でした。


朝からお道具を見に来ていたひよこ組さん、いるか組さんが飾ってくれるのを、おとなしく座って、神妙に見ていました。


いるか組さんが飾ってくれた雛壇をうさぎ組も、見にいきました。お雛様やお内裏様、三人官女や五人囃子の話を聞きながら、じっと見入っていました。最後は嫁入り道具の話になり、子どもたちも今はない道具の形に興味津々。「これは何?」「これにはおせちが入っているの?」と何に使うのか、にも関心を寄せていました。


午前中は天気が悪かったので、ひよこ組保育室に巧技台の太鼓橋を出しました。今まで怖くて中々挑戦しなかった子も、最近やる気がでてきました。「黄色までいこう!」と挑戦しています。見てください、この写真の真剣な表情!怖い気持ちと最後までやってみたい気持ちで、1本ずつ、ゆっくり、進んでいきました。最後までいけると、「あと3回する!!」と笑顔がはじけました。


今日は3学期最後の交通指導でした。交通委員さんが子どもたちにとって、楽しく分かりやすい交通安全ビデオを選んでくださいました。クイズなどを通して、道にどんな危険が潜んでいるか、どうしたら自分の身を守れるのかなど、しっかり学ぶことができました。

2月13日(木)

今日は、中央公園でマラソン大会を行いました。これまで、たくさん走ってきて、体も強くたくましくなりましたが、心の成長も感じました。「きついな…」「○○ちゃんに追いつけない…」等という気持ちに負けずに、自分の力を出し切ろうと頑張る姿が、たくさん見られました。たくさんの応援ありがとうございました。残念ながら欠席の人もいましたので、その人たちが元気になって幼稚園に来たら、そのクラスは、また2回目のマラソン大会をしたいと思います。

また、今日は、本園のマラソン大会のために、グランドゴルフをしながら、いつも応援してくださっている地域の皆様が、子どもたちが集中できるように、グランドゴルフをお休みにしてくださいました。たくさんの方のご協力に感謝いたします。


準備体操をした後、最初ににスタートしたのは、ひよこ組さんです。にこにこ顔での出発です!中央公園で走り始めたころは、1周をトタトタと走って、力尽きる人もいましたが、今日は違いました。みんな、最後まで手を振って、頑張って2周を走り切りました。


次は、うさぎ組のスタートです。うさぎ組さんは、2週半です。今日は、たくさん応援してくださっていたので、特別に力が入ったようで、応援の方がいらっしゃる前では、全力疾走する人もいました。うさぎ組さんも、みんな完走しました。


たくさんの保護者の方が応援に来てくださっていて、力をたくさんいただきました!今日来られていなかったおうちの方も、きっとおうちで「頑張って!」と心の中で応援してくださっていたと思います。その気もちは、子どもたちにちゃんと届いていたと思います。


ひよこ組、いるか組さんが走る時は、うさぎ組さんも、手をたたいて応援します。ひよこ組さんのトップ争いを見ながら「抜いた」「また抜いたね」「ひよこさんすごい」と大興奮でした。いるか組さんの走りを見た後は、「いるか組さんは、速いね」「僕も速くなれるかな」と年長さんへの期待が感じられました。


いるか組さんは、幼稚園で最後のマラソン大会でした。どのクラスよりも早くから、たくさん走りこんで、頑張ってきました。自分なりに目標をもって頑張っていて、走り切った顔はとても自信に満ちていました。また一つ、「幼稚園での最後の〇〇」が終わりました。


マラソン大会の後、いるか組さんは雲梯にも挑戦です!「今日は最後までいく!」と挑戦した結果…見事最後までいけました!!「マラソンも頑張って、雲梯もできて、今日はいい日だな。」とにこにこ笑顔でした。いるか組みんなで雲梯名人になって卒園したいですね。

2月12日(水)

今日は、次年度の新入園児さんの一日体験入園と、その保護者の方への説明会でした。在園の子どもたちも楽しみにしていて、かわいいお友達の来園を、とても喜んでいました。


 いるか組さんは、新入園児さんを迎える準備です。名札を見て、「〇〇ちゃん、〇〇くん…」と読み上げ、名札を付けてあげる準備万端です。他にもスリッパを保護者の方に渡す係や、リズム室にご案内する係など、それぞれの役割を務めました。


ひよこ組では、最近みんなで集まった時に「スリーヒントゲーム」をして遊んでいます。3枚の異なる絵柄を見て、「緑の帽子をかぶっています」などのヒントを聞いて正解を選びます。今日は3人で顔を寄せ合い、先生の真似をして「ネズミはどれでしょう?」とクイズを出し合って遊んでいました。


こちらは自分たちで作った、お弁当を持って「公園」にピクニックにきている様子です。楽しそうな様子に、他の子も加わって遊んでいました。降園前に話題にすると、「明日私もする!」と大盛り上がり。みんなでお弁当に入れる具材を考えたり、「シートがあるといいんじゃない?」と思いついたりして、明日またピクニックに行くのを楽しみにしていました。


うさぎ組さんは、段ボールの家に入っていた友達から、「お寿司食べたーい」と声がかかり、お寿司作りが始まりました。最初は紙に書こうとしていたので、紙を折ったり、巻いたりする方法をちょっとお手伝いすると、あとは子どもたちのアイデアで作り始めました。「何食べたい?」「まぐろ」「私たまご」「チーズサーモンください」好みのネタが飛び出し、作る方は大忙しでした。


雨降りだったので、保育室で久しぶりに積木が広げられました。家を作ったり、友達と協力して迷路のようなものを作ったりしていました。友達が積み上げていると、手伝ってくれる友達もおり、どれくらいまで行けるか、試していました。


 いるか組は昼食後、スカリーノという遊具で遊ぶことに夢中です。積み木を積んで段差を付けたり、積み木に付いている穴に応じて積み方を変えたり、うまくビー玉が転がるように試行錯誤しています。「ねえねえ、これやってみて!」と自分が作ったものを友達に紹介して誇らしげでした。

2月10日(月)

今日は、週の初めですが、いるか組さんの迷路で遊ぶ最終日でした。3学期に入ってからすぐ計画を立てて、2~3週間ほどかけて創ってくれた迷路です。「みんなを喜ばせたい」という気持ちで、協力して頑張って取り組んでくれました。子どもたちも、先生たちも、いるか組の保護者の皆さんも、未就園児さんも、みんな楽しみました。いるか組さんも、みんなで頑張って得た達成感や充実感は、これからの糧になると思います。


朝一番の楠タイムでは、はじめに新型肺炎の話をして、食前の手洗いやアルコール消毒をしっかりするように指導しました。そして、「たけのこ体操」「別れのワルツ(ダンス)」で体を動かしました。たけのこ体操では、手足をぐーんと伸ばしたり、前・後屈でしっかり曲げたりするところを頑張りました。


迷路では、最後にいるか組だけで思いっきり遊びました。今までガムテープで留めていたところを外して、段ボールを動かしながら、リズム室全体を使ってかくれんぼをしました。隠れる場所をいろいろ考えて探しながら隠れるので、「もーいいかーい」「まーだだよ」のやりとりがしばらく続きました。「一回〇〇君が通ったけど見つからなかった!」とスリル満点のかくれんぼを楽しみました。


さて、たくさん遊んだ後は、みんなで力を合わせて、段ボールの片付けをしました。まだ片づけたくない気持ちがあり名残惜しかったのですが、これからまた違う活動も進めていきますので、区切りをつけました。テープを剥ぎ、ペットボトルを外して、段ボールを折りたたみました。いるか組さん、迷路、とても楽しかったです!


ひよこ組では、いるか組さんがもうすぐ小学校へ行く話をしました。1年を通して、たくさん優しくしてもらったひよこ組さん。ある人たちは「○○ちゃんにお手紙かく」と似顔絵を描き、担任が言葉を書き添えました。少し照れながらいるか組さんにお手紙を渡すと、とても喜んでくれて、お礼に折り紙のリボンをもらったり、ぎゅ~っとしてもらったりして、ひよこ組さんも嬉しそうでした。


うさぎ組は、遊んだ後、裏庭の晩白柚をちぎりに行きました。3個なっているうち、一番大きいのを選んだうさぎ組さんです。ちぎった後は、早速自分たちの顔以上に大きく育った晩白柚を手に、まずはくんくん。「何の匂い?」「どっかで匂ったことあるね」友達と、言い合っていました。落とさないように保育室に、交代で運びましたので、後日、保育室でむいて食べます。お楽しみに。


今日の避難訓練は、火災を想定した訓練でした。ぬきうち訓練でしたので、本当に「幼稚園が火事になった」と思っている人もいたようです。2次避難では、中央公園に行きました。これからも命を守る力をつけていきます。

 

ページトップに戻る