2月17日~21日

くすくす日記(2月17日~21日)

2月21日(金)

昨日、新型コロナウィルス感染症に感染した方がいらっしゃることをニュースで報じていました。熊本でも感染者が出るのは時間の問題かと思います。予防をするとともに、万一人備えて、どのように対処したらよいかを考えておく必要があります。トップページでもお知らせしましたが、園だより14号と園だより15号に、コロナウィルス感染症に係る話を載せておりますので、どうぞ、ご覧ください。

また、今日から三日間のお休みです。不要不急の不特定多数の人が集まる場への外出は控え、手洗いや消毒、休養を心がけてください。また来週、子どもたちが元気に登園してくれることを願っています。


今日は、朝から、後援会の会計の監査をしていただきました。これまでの様々な活動に加えて、最後の会計簿の整理や〆の作業、大変だったと思います。どうも、ありがとうございました。


いるか組さんの修了式の練習の様子です。「今日は○○のところを~するように頑張ろう」と、めあてをもって練習しています。最後に、今日はどうだったか振り返りをしていました。自分や友達がどうだったか振り返って、次に頑張ることをまた決めて取り組むことは、とても力になっていくと思います。


うさぎ組は、保育室で修了式の時のお祝いの合奏の練習に取り組んでいます。各楽器のリズムや鳴らす場所を覚え、少しずつ音を合わせる楽器を増やしています。友達につられたり、教師の合図に頼って鳴らしたりしていますが、少しずつ覚え、友達と気持ちを合わせて鳴らすことができるようにしていきます。自信をもって当日を迎えられるように、頑張ります。


今日は、昨日の帰りにひよこ組さんから誘って、いるか組とひよこ組と一緒にお弁当を食べました。その時に収穫しておいた晩白柚を食べました。担任の先生たちが、頑張って皮をむいてくれました。みんなで厚いフワフワの皮を触ったりして、その後美味しくいただきました。


朝からずっと楽しみにしていた時間です!部屋に来たひよこ組さんに、いるか組さんが優しく声をかけて席に案内してくれました。お互いのお弁当を見たり、「卵焼き入ってる人~?」と聞き合ったりして、お喋りを楽しんでいました。ごちそうさまの時には、「一緒に食べて楽しかった」「仲良く食べれて嬉しかった」という声が聞かれ、「また一緒に食べようね」と約束していました。


いるか組の帰りの会では、保護者の方がボランティアで読み聞かせをしてくださいました。1冊は絵本、もう1冊は「さよなら ありがとう」という「卒園」をテーマにした紙芝居で、今の子どもたちにぴったりの内容でした。こうしてゆっくりと絵本や紙芝居に触れる時間は、子どもたちの心の栄養になります。お忙しい中、子どもたちのために絵本を選んで、読み聞かせをしてくださった保護者の方、本当にありがとうございます!

2月20日(木)

今日も、戸外はぽかぽか暖かく、外で遊んでいた人が「おひさま、あったかいね~」「ほら、ぼく、ぽかぽかあったかくなったよ」と、背中や頭を触らせてくれました。ギューッと抱きしめながら「あったか~い」と伝えると、「ね?でしょ?」という返事。体も温まりましたが、心もポカポカになりました。

今日は、年長さんが同じ校区の楠小学校におじゃましました。楠小学校の1年生の皆さん、先生方、温かく迎えてくださって、ありがとうございました!


いるか組は楠小学校に行かせていただきました。小学生が机の中や勉強している様子の劇を見せてくれたりして、小学校はどんなところかを教えてくれました。いるか組さんから「給食はどんなものが出ますか?」「遊びの時間はどのくらいありますか?」「エプロンはどうやってたたむんですか?」等と質問をし、小学生が答えてくれました。今日の体験で、ますます小学校生活が楽しみになったようで、最初は緊張した表情だったのが帰りの時には笑顔いっぱいでした。


うさぎ組は昨日からお雛様を作っています。(これは昨日の写真です)紙コップに襦袢となる折り紙をちぎって貼り、その上に和紙の着物をこれまたちぎって貼ります。みんな、きれいに着物を着せようと、白いところが消えるまでパズルのように貼り合わせていました。今日までに、お雛様とお内裏様ができた人、1体の襦袢までの人など、スピードは様々ですが、真剣に頑張っています。


ひよこ組では、クラスで育てたほうれん草を自分たちで収穫したり、洗ったりしました。ひよこ組の保育室で調理するのは初めてなので、興味津々。「それ(調理器具)で何するの?」「(茹でたほうれん草を絞った水の)色が変だよ」と、色々なことに関心を持って気付きます。「美味しそう~」「早く食べた~い」と、もう待ちきれません。(つづく…)


そうして調理したほうれん草は、お弁当の時間に食べました。何回もおかわりする人もいて、みんな喜んで食べました。苦手だったけれど、みんなと一緒に「美味しいね」と食べた人もいました。自分たちで育てて、収穫して、調理の様子を見て、みんなで一緒に食べるほうれん草は、一段と美味しさが違うようです。「また食べようね」と次に食べるのを楽しみにしていました。


帰りの会のとき、ひよこ組さんがいるか組にやってきて、「明日一緒にご飯食べよう」と誘ってくれました。いるか組さんはもちろん「いいよ!」ととても嬉しそうな表情。「にこにこで食べようね。」「食べた後一緒に遊ぼう。」「いるか組が鬼になって少し力を抜いてひよこ組さんを追いかける?」など言いながら、ひよこ組さんもいるか組さんも、明日のお弁当の時間をとても楽しみにしていました。


さて、今日はお願いしていた新しい幼稚園の看板が届き、設置していただきました。通っていらした地域の方が、「うん、ようわかる!」と言ってくださいました。公園側の柵に取り付けましたので、ご覧ください!楠幼稚園の明るく楽しい雰囲気が伝わるといいなあと思います。

2月19日(水)

寒い日が続きますが、今日はお日様が照っていて、とても気持ちよく過ごしていたようです。寒い中ですが、マラソン、鬼ごっこ、凧揚げ、バランスペダル等、よく体を動かして遊んでいる人が、たくさんいました。

インフルエンザに罹患した人はまだいませんが、少し胃腸の調子がよくない人や風邪で発熱する人たちが出てきました。新型肺炎も怖いのですが、他の病気でも、早めに手を打って治したり、体調を整えたりすることが大切かと思います。手洗いとともに、早寝・早起き・ごはんをしっかり食べる等、いつもに増して体調管理に気をつけられてください。


朝、「先生、来て!」とひよこ組さんに呼ばれていくと、「角、角!角が出てる!」と教えてくれました。チューリップの芽が10㎝ほど伸びで、あちこちににょきにょき顔をだしていました。少し球根が見えてるところでは、「タマネギ!」…。来週、暖かくなって、また大きくなった時が楽しみです。


いるか組とひよこ組は、先週のマラソン大会をお休みしていた子を含めてもう一度マラソン大会を行いました。いるか組さんはひよこ組さんに応援されて、とっても力が出たようです。「次は(3周半走るのにかかる)時間を計って!」とマラソン大会が終わっても走る意欲が溢れていました。


ひよこ組の手洗いの様子です。「色々な病気が流行っているから、しっかり手洗い・うがいをして、バイ菌をやっつけよう!」と話してから、「バイ菌、いなくなった?」「あわあわ(石鹸)のいい匂いだよ」という声が聞かれます。以前は服がびしょびしょになっていたうがいも、上手に上を向いてできるようになってきました。


うさぎ組は弁当時間に、育てたほうれん草を収穫し、保育室でおかか和えを作って食べました。茹でると少ない量でしたが、子どもたちは「職員室の先生にも分けてあげたい」と、おすそ分けしました。子どもたちも、少しずつ食べて、「おいしいね」「これはちょっと好きになった」と喜んでいました。ちょっと苦みを感じた人もいたようですが、いろんな食材に触れていきたいです。


いるか組さんの、リズム室での修了式の練習が、始まりました。これまでも、保育室で練習していたので、1回目にしてなかなか上手でした!でもそれよりも素晴らしかったのは、一生懸命な態度と、「やりたい!」と何度も進んでやってみようとするやる気です。修了式に立派な姿を見せたいと思う気持ちが伝わってきました。


今日は水曜日です。寒い中、降園時の交通指導に立ってくださいました。その間、別の保護者の方が、保育室で子守りをしてくださっています。本当に、いつもありがとうございます。

2月18日(火)

今日は、お別れ遠足でした。積雪の予報でしたので、行き帰りを心配していましたが、思ったより降らず、皆さん現地のフードパルくまもとに集合していただき、遠足を行うことができました。たくさんのご家族の皆様にご参加いただきましたこと、感謝申し上げます。

3学期になって、行事が一つずつ終わるたびに、「年長さんと一緒に○○するのは、これで最後だね」と話してきました。いよいよ今日は「お別れ遠足」で、修了式まで一ケ月となり、卒園が近づいてきたことを実感しました。今日の画像は、年長さんの写真を中心にさせていただきました。


フードパルくまもとのホールで行いました。はじめに、みんなで「たけのこ体操」をしました。たけのこ体操は、手足を伸ばしたり、回したりする基本的な動きが入っていて、体ものびのび気持ちよくなります。保護者の皆様も、しっかり体操してくださいました。


次は、タオルを使った遊びをいくつか行いました。一人で柔軟をした後に、親子で遊びました。タオルの引っ張り合いでは、年長さんや年中さんは、随分力が強くなっていて、中には本気で構えて引いている保護者の方もいらっしゃいました。


次は、ジャンプやキャッチボールでした。おうちの方がちょどいいくらいに、高さやとれるタイミングを計られていて「上手だなあ」と思いました。子どもたちはとても嬉しそうに、跳ねたり抱きついたりしていました。


次は、チーム対抗のゲームです。おうちの方に並んだいただいて、足のトンネルをくぐる競争です。おうちの方は、前にぐっと詰めて子どもたちがくぐりやすいように工夫してくださったりして、どのチームもチームワーク抜群でした。


フープリレーもしました。親子でフープに入って、ジグザグ道を行きます。前の子どもたちがぐいぐい行くと、後ろでおうちの方がバランスを取りながら調整され、どのペアもさすがに息があっていて、そしてとても楽しそうでした。


楽しい体操やゲームの後、みんなで恒例の「別れのワルツ」をしました。おうちの方と子どもたち、いろいろな人と触れ合いながらフォークダンスを踊りました。みんなで踊って楽しいけれど、みんなで和やかに踊る様子を見て、ジーンと心が熱くなりました。

2月17日(月)

今日は、朝から熊本市立幼稚園の6園の会、市幼Pの理事会でした。今年度の活動を振り返りながら、次年度の活動や市幼Pの在り方について、積極的な話し合いが行われました。ご参加くださった後援会長様、副会長様、ありがとうございました。

園では、今日も、子どもたちが元気に過ごしたようです。一瞬雪も舞って、子どもたちも大喜びでした。


朝から、雪交じりの雨が降ったので、今日は、リズム室でくすのきタイムをしました。「ジェンカ」や「たけのこ体操」で体をほぐして温まりました。その後、明日の遠足で分かれる3グループに分かれて、別れのワルツを踊りました。子ども役の友達を隣にスムーズに移動させたり、2人組で横にリズミカルにステップを踏んだりすることができるようになってきました。明日は、おうちの方と踊るのを、楽しみにしている子どもたちです。


ひよこ組では、いるか組さんの修了式で飾るチューリップを折りました。色々な色のチューリップが何枚もでき、「お花畑みたいになるね」「たくさんあったら、いるか組さん嬉しくて、にこってなっちゃうね!」「嬉しくてぎゅーってしちゃうかも!」と、いるか組さんに見てもらうのを、とっても楽しみにしていました。


いるか組はひな人形つくりをしました。「家族みんなが健康でいられますように」「悪いものから守ってくれますように」など、人形に込めたい思いを聞きました。お家から持ってきてもらったヤクルトなどの容器に、紙粘土を付けてひな人形の姿形を作りました。お人形さんの顔は特に丁寧に、しわにならないように指で粘土をのばしていきます。力の加減を調整しないと、粘土が偏って下の容器が見えてしまったり、でこぼこしたりしてしまうので難しそうでしたが、真剣な表情で頑張っていました。


ちょうどひな人形を作っている時に、雪が降ってきました!子どもたちは窓の外の変化にすぐ気づき、「雨が降ってきた~」「違う!!雪だ~」「やった~!」と大喜びでテラスに出て外の様子を眺めていました。「明日起きたら雪積もってるといいな。」と期待に胸を膨らませていました。


こちらは、ひよこ組のお弁当の写真です。楽しそうに「せーの、かんぱ~~い!」と盛り上がっています。「今日一緒に食べようね」と誘い合い、おうちの方が作ってくれたお弁当を見せ合って「一緒だね!」「おいしい~」と笑いあい、「一緒に○○して遊ぼう!」とお弁当後の遊びを一緒に考える…、お友達と過ごす、毎日とても楽しみにしている時間です。


うさぎ組の弁当後のお腹休めの様子です。今日は、速く食べた友達を誘いあって、カルタを楽しんでいました。個人戦だったり、チーム戦だったりしていますが、やっぱり絵札を取るのは、気持ちがよいようです。今日も取れた絵札を高々と上げ「やったー!取れたー」と大満足でした。少しずつ、文字にも関心が出てきた友達もいるようです。

ページトップに戻る