卒園児の声

実習に来た卒園児の声(H17卒園)

 

 


 

私は平成17年に碩台幼稚園を卒園しました。

幼稚園で友達と教室や園庭、プールで遊んだことを鮮明に覚えています。

碩台幼稚園が好きで、担任の先生にあこがれていたことから、幼稚園の先生になりたいと思い、今、大学で勉強しています。

 中学2年生の時に職場体験でもお世話になりましたが、今回、保育者を目指す身として実習をさせていただき、改めて碩台幼稚園のすばらしさを実感しました。碩台幼稚園は遊びについて特化していて、子どもが自ら考え好きな遊びを自由にのびのびと楽しんでいて、心身ともに成長することができる環境が整っていると思いました。

 なでしこ組の子どもたちが育てたブロッコリーをお弁当の時間に食べたときに「ブロッコリー嫌いだけど幼稚園のブロッコリーは好き」という子どもの声を聞き、私も幼少期に嫌いな野菜がありましたが、幼稚園で育てた野菜はとてもおいしく感じたことを思い出しました。幼少期に様々な経験をすることはとても大事なことだと思いました。

 たくさんの経験をすることができて、毎日成長することができる碩台幼稚園がさらに好きになりました。

ページトップに戻る