本文へスキップ

心ピカピカやさしい子 学びワクワクかしこい子 体グングンげんきな子

電話でのお問い合わせはTEL.096-227-0003

〒861-5255 熊本県熊本市南区砂原町115

「あたりまえのことを ばかにしないで ちゃんとやれる人が できる人」を合言葉にしています。
支えあおう 熊本  いま 心ひとつに




学校から保護者への掲示板
2016.8.25
こんにちは。2学期がはじまりました。子どもたちは元気です。

@始業式を行いました。

めちゃめちゃ体育館内は暑くて、みんな汗だくでした。でも子どもたちは、真剣に話を聞いていました。とても落ち着いた雰囲気で、さすが飽田東小の子どもたちです。
校長の話(pdfファイル)では、オリンピックのことと「教室はまちがうところだ」の詩について話しました。
熊本市内外から4名の転入生を迎えました。早くなれてくれるといいなぁと思います。

A教室でのあれこれ

2学期の目標を立てる学級、係を決める話し合いを行う学級、席替えの仕方を話し合う学級など、いろいろでした。

Bきちんと並んだ風景

気持ちいいー。

C8月9月献立表アップしました。




2016.8.24
いよいよ明日から2学期が始まります。準備はいいですか?
今日現在、大きな事故やけがの連絡もなく、安全に夏休みを過ごせたかなぁと思っています。保護者や地域の方々のおかげです。いつもありがとうございます。
@明日は通常通りに登校してください。1時間目(大掃除)2時間目(始業式)3・4時間目(授業)、給食、帰りの会、下校(13:30)です。

A6年校舎周辺の復旧完了しました。

6年教室入り口は、全面スロープにしていただきました。震災前よりもきれいになったと思います。

B「ABCDの原則」を掲示しました。

これは、教務主任の中村先生の作品です。職員室から2階へ上がる階段の踊り場の壁面に貼ってあります。子どもたちが通る度に、見て読んで意識してくれたらいいなと思っています。

C2学期は、学習を充実させたいと思います。
1学期は震災があり、その後の対応もあり、毎日暑いし、じめじめするし、落ち着いて学習できる環境にはなかったと思います。2学期は、涼しい環境で落ち着いた学習をしたいです。

次期指導要領改訂に関する「論点整理」では、アクティブ・ラーニングによる授業改善が私たちに求められています。授業改善のキーワードは、「深い学び」「対話的な学び」「主体的な学び」の3つです。これは、本年度の本校の研究テーマと合致するものです。本校では、今後全職員がテーマをもって研究授業に取り組みます。私たちが流した汗の分だけ、子どもたちには力をつけてあげられると信じて頑張ります。大事なのは、毎日の授業です。45分の授業をいかに充実させるかが鍵だと思っています。職員一人一人がそれぞれ試行錯誤し工夫しながら授業づくりを行いたいと思います。
そこで、教室の主役である子どもたちには、遠慮なく自分の気持ちや考えを伝え合うことができるようになってほしいので、明日の始業式の校長の話では、「教室はまちがうところだ」の詩をプレゼンで紹介します。

では、明日からまた大切なお子様をお預かりします。どうぞご協力をお願いします。




2016.8.12
こんにちは。
猛暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

@連日リオ・オリンピックでの日本人のメダルラッシュが話題になっていますね。
こんなに日本人ってメダル捕れたっけ?と意外な感じがしていますが、世界で戦える日本人が増えてきたということですね。
昔は、「オリンピックは参加することに意義がある」と言われていましたが、今では、マスコミの影響もあり、メダルを取ってこないといけないみたいな論調になっているのは、どうかな?と私は思います。メダルを捕れなかった選手も胸を張って帰国してほしい、迎えるほうも「よく頑張った」と温かく迎えてほしいなと思います。
しかし、これだけメダリストが増えてくると、どんな育ち方をしてきたんだろうと知りたくなります。幼い頃からクラブチームなどに入って、世界の舞台で戦うことを目標にしてきた選手が多いですね。我が子をメダリストにするための環境をつくるために、保護者は我が子に全てを捧げていますね。お金も相当使っていらっしゃるし、熱意が半端ないですね。オリンピックに出られるような子どもを育てるには、保護者は大変だと思います。

メダリスト本人やコーチなどのインタビューを聞いていると、メダルが捕れた要因には、共通点があるように感じました。
@練習は、コーチから言われたことは完璧にやるAコーチに言われたこと以外のことについても自分で考えて練習するB試合では、練習でやったことをいつも通りやるC試合のときに平常心を保ち、周囲を意識しない これらのことができた選手がメダルを手にしたのかなと思いました。
これからもまだ、いろんな種目でメダルラッシュが続くと思います。汗を流して頑張っている選手の姿はかっこいいですね。感動します。
寝不足になりがちですが、応援しましょう。

A次期学習指導要領の審議案まとめの公表がありました。平成32年度から5・6年生の外国語活動が週2時間に増やすこと、3・4年生の外国語活動を週1時間行うことが盛り込まれました。また、「なにを学ぶか」に加えて「どのように学ぶか」「何ができるようになるか」の視点での改善を行うそうです。
学習内容の削減は行わないと言っているので、子どもたちも学校の先生たちも今以上の努力が必要になります。
今後、学力についてのイメージも変えていかねばなりません。例えば算数の学力というと、〇〇算ができるとか平行四辺形の面積を求められるとか要素的な知識や技能を学力とイメージしますよね。でも今後の学力は、知識や技能を持っているだけでは不十分です。現実の問題解決場面では、知識や技能を学校で教わった通りに適応できることはまれであり、自分自身でアレンジしながら持っている知識や技能を使うための思考や判断ができなければいけません。さらに、問題を解決するにあたり、意慾だったり熱意だったりの情意的な能力も必要です。また、現実の社会では価値観の異なる人や文化の違う外国人と交渉しながら問題解決していくことも必要です。そのためには、コミュニケーション能力や人間関係調整能力が要ります。
これからの学力は、単に膨大な知識や技能を所有するイメージから、思考力や判断力、意慾、コミュニケーション能力や人間関係調整能力、これらを総称しての「資質・能力」を含めた学力とイメージしなければいけないと思います。
「何を知っているか」から「知っていることを使ってどのように解決できるか」にシフトしていかねばなりません。
きゃー、難しいー!でも安心してください。本校では既に様々取り組んでいます。
残り少ない夏休み、人と交流しながらいろんな体験をしてほしいと思います。子どもたちは、親の背中をみて育ちます。親の言うことは聞かなくても、親がすることはします(親が玄関の靴を並べる家庭の子どもは学校でも並べます。親が車からゴミをポイ捨てする家庭の子どもはゴミ箱などの決められた場所以外でも平気でゴミを捨てるようになります)。
これからのお子様の学力向上は、学校教育はもちろんですが家庭での養育環境づくりにかかっているといっても過言ではありません。
学校も頑張ります。では、熱中症に気をつけて夏を楽しみましょう。




2016.8.1
もう8月です。夏休みも残り24日ですよ。(早っ!)

@今日から8/5までの5日間でPTAプール開放を行います。
初日の今朝は、9時前から入場待ちの列ができて80名を超えてしまいました。規定により数名は入れませんでした。後半は50名くらいが楽しく泳ぐことができました。抜けるような青空の下、きれいなプールで水がキラキラ光っていました。

気温34℃、水温32℃で温泉みたいになっていました。アクアドームも南部スポーツセンターのプールも閉まっているので、学校のプールが近くて安全でいいですよ。PTA役員の皆様方監視に来ていただいた保護者の皆様方には、大変感謝しております。ありがとうございます。
明日も予定通り開放しますので、子どもたちの来校を待っています。

A運動部活動の試合があり、みんな頑張りました。
7月30日(土)は、サッカー6年、女子ミニバスケットボール、剣道、野球の全てが試合でした。どの部活動でも暑い中に子どもたちは全力で頑張っていました。勝敗については・・・。日頃の練習でやってきたことしか試合では出せません。次の練習の時から課題意識をもって励んでほしいなと思います。全部の応援に行けなくてすみませんでした。

B6年棟周辺の陥没した地面の舗装工事完了しました。

やっと1カ所復旧できました。




2016.7.27
こんにちは。毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
夏休みに入り、部活動の試合等が行われ子どもたちが全力で頑張っている姿を見ると嬉しいですね。
また、校内では、学習会に参加している子どもたちは冷房の効いた部屋で真剣に勉強しています。教育相談にも多くの保護者の方々に来ていただき、日頃のご家庭でのお子様の様子などについてお話くださり、ありがとうございます。必ず2学期からの指導に生かしていきます。

@お子様の心のケアについて
震災から3ヶ月経ちまして、随分子どもたちの気持ちも安定しているかなと思いますが、まだまだ不安を抱えながら過ごしているお子さんもいると思います。保護者の皆様には、是非お子さんと過ごす時間を大切にしていただき、しっかりと話を聞いてあげてくださいね。また、お子さんが家に一人でいるときに地震があった場合の避難の仕方や連絡の方法等についても家庭内で共通理解していただくと安心ですね。
休業中でも、何か心配なことがありましたら遠慮なく学校にご相談くださいね。平日は必ず職員がおりますので、安心してお電話、またはご来校ください。

Aながらスマホや歩きスマホは止めましょう。ポケモンGOが日本で配信されて5日目になりますが、国内でもいろんなトラブルが起きているようです。お子様がゲームされるときも十分に注意するようご指導ください。AR(拡張現実)ゲームなので、外でポケモンを探しにいくことが多くなりますので、家でじっとしているよりはいいかなとも思いますが、交通事故にはくれぐれも注意してほしいと思います。
実は、私も早速ポケモンを5匹ほどゲットしましたが、やってみると楽しいですね。子どもも大人も夢中になるのがよーく分かります。楽しむためには、自分でルールをつくり、やり過ぎないように自制することが大切だと思いました。楽しみ方が問題だと思います。楽しみ方を自分で決めて実行することが成長につながると思います。





2016.7.22
終業式が終わりました。保護者の皆様、地域の方々、1学期間大変お世話になりました。2学期は8月25日から始まります。よろしくお願いします。
@終業式を行いました。1年・3年・5年の代表児童による「1学期の思い出と今後頑張りたいこと」の発表がありました。

発表は、それぞれの児童が震災後に気持ちを切り替えて頑張った様子が伝わってきました。特に1年生は、できるようになった喜びを語ってくれました。
その後校長の話、生徒指導担当の松本先生からの話、表彰と続き、プール開放について警備会社の方の話、最後に校歌を歌って終わりました。

校長の話の最後に「話を聞いて、気づいたことや考えたことの発表」を設けました。4年、2年、6年にあてました。「これから家族や友だちを大切にしたいと思いました。」「当たり前のことをきちんとやって、地震を自信に変えたいと思います。」と素晴らしい感想を言ってくれました。

A各学級では、大量の配り物、宿題についての話などがあり、最後に通知表をもらって一喜一憂していました。

BポケモンGOの日本での配信が始まりました。終業式でも子どもたちには注意喚起しましたが、ご家庭でも十分指導をしていただきますようお願いします。特に、3つのことをお願いします。個人情報(本名、顔写真など)を載せない。立ち入り禁止区域に入らない。歩きスマホをしない。以上です。また、ゲームにはまると、時間も無制限になりがちですので、家庭でのルールづくりを必ずお願いします。

今日は13:10下校です。
1学期間ありがとうございました。夏休み期間も、情報発信をできる限り続けようと思いますので、今後も是非ご覧くださいませ。





2016.7.21
こんにちは。今朝のニュースでは全国各地の終業式の様子がTV等でも報道されてました。本来ならば熊本市も今日が終業式だったのになぁと思いながら教室をのぞきに校内を巡ると、暑い中子どもたちは頑張ってテストのやり直しをしたり、一学期の整理をしたりしながら、汗を流していました。今日はいろんなところで1学期末のお楽しみ会がある予定です。

@ポケモンGOがまもなく日本でも配信される予定です。今世界中で話題になっているポケモンGOですが、私としては夏休み中のスマホの使い方が心配です。ゲーム中に、交通事故にに遭ったり、崖から落ちたり、他人の敷地内への不法侵入で捕まったりと、海外ではいろんな影響も出ているようです。
本校の子どもたちもスマホを持っているとポケモンGOをしたくなだろうなと思います。くれぐれも「歩きスマホ」はしないでほしいです。でも、スマホ持って歩きながらポケモンをゲットしたいだろうなと、気持ちはよーく分かります。楽しそうですもんね。
昔は、虫かごと虫取り網持って、近所の木で蝉を捕まえたり、クワガタやカブトムシを見つけにいったものです。しかし、今やバーチャルな世界での生き物探しの時代です。生活も変わったなぁと感じます。
事故に遭わないようしてくださいね。
夏休みは、リアルな体験をいっぱいさせてあげてください。できれば山でのキャンプで家族で一緒に料理をつくるとか、テントで寝るとか、日ごろできないような体験ができたらいいですね。「震災でもう十分に日ごろできない体験はしたよ。」と言われるかもしれませんが、自然の中での「ある程度の不自由さ」を体験することが必要だと思います。いろんな体験の多い子どもほど、心優しい子に育ち、学習能力も高くなるという研究結果も出ているようです。

ところで、ポケモンGO配信前に異例のことらしいですが、内閣サイバーセキュリティーセンターから「みんなへのおねがい」が出ています。

休み中にスマホ等の使い方で気になることがあれば、学校へ連絡してくださいね。緊急の場合はもちろん110番に電話してください。

A1年生と6年生の交流会がありました。3時間目は6年2組と1年2組3組と、4時間目は6年1組と1年1組で行いました。


1年生は汗びっしょりでも、とても楽しそうでした。お兄さんお姉さんと遊んで大満足でした。6年生は、1年生に優しく声をかけながら一緒に活動することでまた成長することができたようです。6年生ありがとう!

Bほけんだより(げんき すこやか)更新しました。

Cそれぞれのお楽しみ会、いろんなことやってました。

4年生は猛暑の中サッカーしてました、担任の先生ご苦労さん!。2年生はフルーツバスケットしてました。また4年生のあるクラスでは、宝探しがあっていました。みんな楽しそうでした。
このお楽しみ会は、みんな子どもたちの進行で自分たちでやってます。担任の先生が計画したわけではなく、みんなで楽しめる「お楽しみ会」をするためのプログラムや係の仕事、ルールなども学級会で決めて行います。みんなで決めたことだから、何があっても自分たちの責任です。楽しくできるかどうかは自分たち次第です。ここにも子どもたちの自治的な活動があります。これが、お楽しみ会のねらいです。自分たちで決めて自分たちで運営する。楽しくなかったことがあれば、次回やるときに改善していけばいいのです。これが学習です。お楽しみ会にも深ーい意味があるんです。お楽しみ会にもちゃんと学びがあります。




2016.7.20
こんにちは。あと2日で夏休みに入ります。
震災から3ヶ月経ちましたが、まだ余震は続いています。子どもたちも学校では普段の元気な様子を見せていますが、家庭ではいかがでしょうか?

@5年のskype交流学習がありました。インドネシアのある学校のフェイ先生(副校長)と13歳のリアさんと14歳のジョナサンくんの3人と交流しました。
フェイ先生は以前熊本大学に留学していて、本校の前田先生のお友だちです。
ネット接続環境が整えば、どんなに遠い場所にいる人とも互いの顔を見ながら交流できることは凄いことだと思いました。

リアさん、ジョナサンくんは、母国語はもちろん英語や日本語も流ちょうにしゃべります。日本とインドネシアの教育環境の違いを感じました。すごく落ち着いてやりとりをしてくれて、とても充実した45分間でした。
子どもたちは、好きなスポーツやゲームなどについて英語で質問しました。
「What fruits do you like?」と聞いたら、「I like mango」(アイライク
メイングォー」と素晴らしい発音でしたが、子どもたちには「アイライク 綿棒?」と聞こえ、「なんて言わした?綿棒って何?」「はぁー、マンゴーって言わしたったい!」の反応に爆笑しました。
発音のいい外国人の方の英語は、なかなか聞き取れません。でも、本当に楽しかったです。次回は8月末に行います。





2016.7.19
梅雨が明けましたね。今日も校庭ではクマゼミの大合唱です。教室では子どもたちの元気な声が飛び交っています。

これは、今朝の正門横花壇の様子です。この中にバッタが3匹います。まさに「自然の隠し絵」です。保護色を使ってバッタは上手に隠れています。

これは、午前10時過ぎの4年1組の気温です。既に34℃です。この中で子どもたちは、文句1つ言わずに作業学習をやっていました。子どもたちは偉いです。先生のポロシャツは汗でびっしょりでした。

@地区児童会を行いました。登校班の確認や夏休みのくらしについて指導をしました。


A熊本市児童育成クラブ指導員を募集しています。


Bプールカード配付通知を配りました。


C「あきたスポーツクラブ」のこと知ってますか?先日、あきた総合型スポーツクラブの総会に行ってきました。設立10周年を迎え、益々充実した活動が行われています。

総会では、今後の運動部活動の社会体育への移行についても考えていただき、とても嬉しく思いました。

D就学援助制度をご存じですか?
就学援助制度とは、小中学校で必要な学用品や給食などにかかる費用を、市町村がサポートする仕組みです。学校教材費、校外活動費、修学旅行費、入学準備補助金、学校給食費など、教育を受けさせるのに必要な費用が支給されます。制度の裏付けとなっているのは学校教育法で、「経済的理由により就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない」(同法第25条、第40条)とされています。
本校でも、年度当初に全家庭に申請についての通知を配布しています。既にこの制度を使って給食費や教材費を支給されている方も数十人いらっしゃいます。年々申請される家庭が増えてきています。震災で経済的な状況が変わってしまった方、その他家庭の事情で収入が減ってしまった方など、まだまだ沢山いらっしゃると思います。申請することを迷っていらっしゃる方もどうぞ一度本校に相談してください。子どもさんのためになることなら私たちは、何でも相談にのりますよ。まずは気軽にお電話を!(担当 事務室:水田096-227-0003)


E5・6時間目4年生の泳力調査があっていました。

「まだまだ。いけるよ。」「まだいける!」「あー!まだいけたのに!」と先生たちの檄がプールに響き渡ります。子どもたちは頑張っていました。

F5年生の調理実習が5・6時間目にあっていました。

上手に盛りつけできました。おいしそう!!

G山口県のやまぐち総合教育支援センターから富田先生にカウンセリングに来ていただきました。今日は午後から2名の子どもたちの話を聞いていただきました。ありがとうございました。




2016.7.15
今日は久しぶりに晴れで気持ちいいですね。

これは今朝、学校農園のナス畑を地面すれすれから撮りました。飽田って感じですね。ナスもよく育っていますよ。

@神戸市立北山小学校から応援メッセージが届きました。

全国の方々が心配してくださっているのが分かります。ありがたいです。

B堺市教育委員会の桑田指導主事には、今週いっぱい大変お世話になりました。支援が必要な子どもたちに寄り添って、沢山お話も聞いてくださり、アドバイスもしてくださり、とてもお世話になりました。仲良くなった子どもたちからはお別れを惜しむ声がたくさん聞かれました。私も同感でーす。ずっと居てー!と思います。
桑田指導主事から、本校のいいところを2つ挙げていただきました。1つは、担任が丁寧に誠実に子どもたちに接していること。大阪では「なんでやねん」「なにがやねん」という会話がよく聞こえてくる?そうですが、本校には、安心の風が吹いていると表現していただきました。2つめは、どのクラスの子どもに聞いても担任の先生の話が盛り上がり、担任の先生のこと「どんだけ、好きやねん」と思ったそうです。子どもたちの居場所と出番がつくられている学校すね。と、私たちにとっては、この上ないお言葉をいただきました。
 今後は、ご指導いただいたことを毎日の実践に生かしていくことで、お返しをしたいと思います。1週間ホントにありがとうございました。

C本日午前中、熊本市学校警察連絡協議会全体会に参加してきました。この会は、熊本市内の全小中高校の校長と警察署長と関係者が参加しました。毎年開催されます。今や子どもたちの問題行動は警察との連携なしでは解決できません。学校と警察は協定を結び必要な情報を常に共有しながら子どもたちを指導する仕組みをつくっています。
今回の小学校部会の報告を紹介します。
交通事故は、飛び出しによる接触事故(低学年)が多い。自転車のヘルメット着用率が低い(高学年)。万引きは、低学年にまで広がっている。自宅からの金銭の持ち出し、友だちとのゲームやカードの貸し借りのトラブルが多い。道路や駐車場でのスケートボード、ローラーブレードなどの無断使用が多く、規範意識が低下している。ゲームセンターへ児童だけで入り、保護者が放置している例も多数あり。携帯・SNSの問題が年々増えてトラブルも多数ある。
ということでした。
夏休みの子どもたちの行動をご家庭でもしっかり把握していてくださいね。
講演は、「サイバー空間における子供たちの現状について」講師は、元警察の生活安全課課長で現在熊本県教育庁教育指導局高校教育課課長補佐の松本建治氏です。
内容はとてもショッキングなものでした。
まだまだ考え方が幼い(浅い)小中高校生(女子)がスマホで、ツイッターや出会い系のアプリを使い男性?とネット上で知り合い、LINEやカカオトークのIDを教えることを要求され、その後会話が進み、男性が巧みな言葉で女子の心に入り込み、女子が恋愛感情を抱きはじめると男性は女子の体の写真などを要求してくる。その写真はすぐに男性のスマホからいろんなところに拡散され回収不能になる。こんな流れで被害に遭う女子が増えているそうです。
思春期に入ると異性に興味・関心を持つことは誰にでもあります。だから、保護者が我が子を守らなけらばならないと思います。
講師の松本氏は、「スマホを買ってやった責任は親にある」と断言されます。被害に遭った保護者に警察署員が「どうしてスマホを買ってやったんですか?」と聞くと、「子どもから嫌われる」「子どもにもプライバシーがある」と言われる。「でも、お子さんは被害に遭われましたよね?」「・・・。」子ども部屋に入ると、ブランドものバックがあり、警察署員が「このバッグは買ってやったんですか?」「友だちから借りたと聞いています。」「その友だちは誰ですか?」「・・・。」
こんな話が聞けました。保護者の皆様方、もしお子様がスマホ等をもっていたら必ず中身を見てください。大人の手の届かないところでお子様がいろんな人とつながっている(つながり方が問題)かもしれません。また、お子様がスマホやタブレット等とほしがって買ってやろうとなさるとき、相当のリスクがあり、責任は自分(保護者)にあることを自覚してください。
人ごとではありません。我が子は大丈夫とは言ってられません。もうそんな時代です。夏休みが一番問題行動が増える時期です。




2016.7.14
今日もさわやかとは言えない朝でしたが、児童集会での子どもたちの様子を見ていたらさわやかな気分になりました。

@7月児童集会は、栽培委員会と環境美化員会の発表でした。

栽培委員会では、校内で栽培している花に関するクイズがあり、子どもたちは真剣に考えていました。子どもたちのおかげで本校は花いっぱいです。

環境美化委員会では無言そうじの様子についての調査結果などの発表があり、その後掃除中の「困ったちゃん」(子どもたち曰く「ほうきで遊んだり、さぼって休憩したりする子」)の演技がステージ上で紹介されました。最後に「掃除は、だまって、いっしょうけんめい、じかんいっぱい」という合い言葉「だ・い・じ」で締めくくられました。
発表後には、フロアーから2人の感想発表がありました。すばらしい取組発表でした。指導してくれた先生方にも感謝です。飽田東小最高!!
先生たちの指導のおかげとはいえ、飽田東小の子どもたちは随分自治的な活動ができるようになってきたと思います。集会のとき、先生たちはほぼノータッチで進行します。全て子どもたちがやってくれます。こういう経験が必ず今後に生きてくると信じています。「自分で考えて行動すること」は大事ですね。

A学校だより更新しました。

B「ありがとうを伝えよう集会」(業間)を開きました。6月に横浜市立瀬谷第二小学校の5年生の女の子から一通のお手紙が届いたことは既に紹介しました。今回はそのお返しをしようと児童会企画委員会で計画し運営してくれました。私たちからの元気メッセージ(呼びかけ)を歌い、それを撮影し、各学級からのメッセージシートも含めて瀬谷第二小学校に送るというプロジェクトです。

まず、体育館に全員集まり、企画委員会が音頭をとり私たちからの元気メッセージを撮影しました。
その後、いきものがかりの「ありがとう」をみんなで歌いました。最後は笑顔で元気に手を振って撮影終了しました。見ていた私たち職員も子どもたちの歌声に感動しました。きっと喜んでいただけると思います。本校児童にとってもこのプロジェクトのおかげで一致団結、ひとつのチームに成長できた気がします。前から撮った動画は給食時間に全校放送の予定です。
集会動画1 集会動画2 ←けっこう重いです。よかったら見てください。




2016.7.13
余震もまだまだ続いていて、雨もいつまで降り続くのか?と不安要素がたくさんありますが、学校では1学期のまとめの時期で毎日「テストまつり」が各学級で行われています。
この時期になると、学期末の評価テストが多くなります。テストって言葉はなんとなくイヤなイメージを持ってしまいがちなので、私は「祭り」のように威勢良く前向きにやりましょうという明るいイメージを持つために「テストまつり」と言っています。

@4年生の算数授業を見ました。1.3Lより多く1.4Lより少ない中途半端な水のかさをどう表したらいいのか?という内容でした。子どもたちは、はじめ「1.3.5L」(1点3点5リットル)「1.3L0.5dL」(とても子どもらしい素直な発想!)とか言ってました。
しかし、今日はL(リットル)で表すというねらいでしたので、しばしこどもたちは考えました。その後ある女の子が「目盛りを増やせばいいのでは?」とつぶやいたので、「どういうこと?」担任は早速そのことを取り上げました。女の子は前のTVに映し出された図をもとに簡単な説明をしました。「あ〜!」という声がいたるところから・・・。その後はどう目盛りをつけらいいかの論議になりました。
この子のおかげで、0.1をつくったときのように0.1をさらに等分していけばいいんじゃないかと多くの子どもが気づきました。
最後に、0.1を10等分した1つ分を0.01と言うことをまとめ、無事1.36Lと表すことができました。
過去の学習(既習)を振り返りながら新たな数理を導いていく過程で、こどもたちが一生懸命考える姿はいいですね。本校では考え議論する授業に今後も取り組みます。

A6年生の算数授業を見ました。円周や円の面積についての練習問題を解くという内容でした。鉛筆が進まない子の様子を見ていると、絵を描くとか分かっている数をノートに書いてみるなどのアクションを全く起こしていません。そこで、ある子に円の絵をノートに描いてあげました。「半径はどこ?」「半径は何cm?」と質問を繰り返しているうちに、徐々に問題の意味が理解できてきたようです。算数は、念頭思考だけでは分からないことが多いので、問題の意味をはっきりさせるために、自分なりに絵を描いたり、必要な数を記入したり、分からない数を□で表したりするなどのアクションが絶対必要だなと思いました。授業では、絵や図を式に表したり、式を絵や図で説明したりする活動を取り入れていきます。

B今日の給食です。なにか足りない?

実は、11日(月)に他校で給食に出たパンに異物が付着しているのが見つかりました。そこで、市内全校の給食でパンの提供を控えており、今日はパンがありませんでした。その代わりおかずの量を増やしてあります。原因が分かるまでの対応です。本日通知を配布しました。

C今日6時間目に水俣学習(音楽室)がありました。9月2日に本校5年生は、「水俣に学ぶ肥後っ子教室」として、水俣市の環境センターと水俣病資料館に出かけます。その事前学習を5年合同でやっています。今日は水俣病という公害病の症状や胎児性水俣病のメカニズム、水俣病に関する差別の問題について学習しました。子どもたちは真剣に先生の話を聞き、心に残ったことやこれからさらに学習していきたいことなどについて語りました。分からないことは、現地に行って詳しく調べたり、現地の方々に尋ねたりして正しい知識を得ることにしました。水俣病の様々な問題は、私たち自身の問題です。私たちがしっかり勉強し、2度と同じような問題が起きないような社会をつくっていく必要があると思います。今や水俣は、世界に誇る環境都市になっています。子どもたちには、現地に行って歴史をを学び、現地の方々とふれあい水俣のよさを体感してきてほしいと願っています。





2016.7.12
今朝の空です。青空の中入道雲が凄い早さで流れていました。でも今日も雨の予報です。残念!!


@1年生の「あさがお市」が開かれています。自分のあさがおの自慢がカードに書いてあす。多くの方に見に来ていただくと嬉しいです。


A市川市の画家「福島佳代」様から、わんちゃんの絵が描かれたポストカードが届きました。とても癒やされます。ありがとうございます。2016.2.14〜20に銀座の新井画廊で個展「犬の瞳の先にあるもの」を開かれていました。

ポストカードは、三枚セットもので10種類あります。子どもたちに配りたいと思います。学校からお礼をしたいなと思っています。

B「学校教育コンシェルジュ」事業がスタートしました。「教育委員会に、教育や福祉等に関する専門的知識を持つ学校教育コンシェルジュを置き、保護者等からの学校や学級に関するあらゆる相談に応じる。」という主旨で設置されました。場所は、あいぱるくまもと2階教育相談室内です。相談方法は、電話(096-362-7171)、e-mail(7171con@city.kumamoto.kumamoto.jp)、面談です。相談日は、月〜金10:00〜18:00祝日及び年末年始を除く)です。相談員は、元校長や養護教諭、保護司の4名です。

C熊本市立平成さくら支援学校が来春4月開校予定です。設置学部は高等部です。普通科と一般学級が設置され、知的障がいのある生徒が対象です。開校時は1年生のみの3学級24人程度が定員です。はじめての市立支援学校が誕生します。

D事故防止についてです。市内の小中学校では4月から既に数十件の事故が発生しています。交通事故では、渋滞する車列の間からの飛び出しでの事故歩行者信号が青でしたが横断中にはねられるという事故も起こっています。また、校内の遊具施設からの転落事故等も起こっています。
学校でも、毎日事故防止については話をしていますが事故は起こってしまいます。幸い本校では、命に関わるような重大事故は発生していませんが、今後も十分指導をしていきます。是非ご家庭でも、道路の歩き方や渡り方など具体的な話をしていただけると幸いです。長期休業中は、水の事故も心配です。このことについても、具体的に〇〇に行って遊ぶのはだめ等場所を特定してご指導ください。「自分の命は自分で守る」が基本です。

E今日も桑田指導主事(堺市教育委員会)に大活躍していただいています。今日は、1年生を中心に支援していただき、プール監視もお願いしました。本当にありがとうございます。

F山口県から木元スクールカウンセラーに来ていただきました。今日は5名の相談です。




2016.7.11
今日も雨です。いつまで降り続くのか・・・?
子どもたちは元気ですねぇ!学校内は子どもたちの声で溢れています。後2週間で夏休みです。最後のまとめを頑張ります。

@今日から1週間、堺市教育委員会から桑田指導主事に来ていただいております。支援の必要な子どもたちに付いて、いろいろご指導いただきます。本当にありがたいです。先ほど校内の様子を一緒に見て廻りましたが、落ち着いている様子をほめていただきました。子どもたちは、ちゃんとあいさつしてくれていい雰囲気でした。


2016.7.8
今日からまた雨ですね。大雨になりそうです。子どもたちの様子もなんとなくストレスがたまっている感じがします。でも、今日の登校班をみる限りでは、とても挨拶もいいし、横断歩道の渡り方も良かったです。

@吉永指導主事(岡山市教育委員会派遣)には、この1週間大変お世話になりました。今日も1年生を中心に支援してくださっています。本日をもって岡山に帰られます。残念!! 関わってくれた子どもたちも寂しがっています。私もです。今後はまた、岡山の子どもたちのためにご活躍されることを祈っています。ホントにありがとうございました。
今朝、職員室でお別れのご挨拶をしていただきました。その中で本校のことをほめていただきうれしく思いました。1つは、子どもたちの挨拶がとても上手なことです。私たち職員の挨拶が校内で飛び交う雰囲気が子どもたちの挨拶にもつながったのではないかと言っていただきました。もう1つは、放課後の職員室でそれぞれ学年ごとに集まり、子どもたちのことについて語っている様子が日常的にあることです。ほめていただくと私たちも元気がでます。来週もがんばろう!!

A学級ごとの人権テーマです。児童昇降口に掲示してあります。


B「花さき山」の取組についてです。

これは、「いいところ探し」です。第1回目(1学期)は自分のクラスの友だちのいいとろを探して、カードに書きました。互いのいいところを見つかり、認め合うことができたら素敵ですね。来校されたときに是非ごらんください。全クラス掲示しています。

CLINEの使い方について5日にも載せましたが、お子様のスマホ等のネット環境についてお確かめいただけたでしょうか?
本校でも年々、ネット上の書き込みに起因するトラブルが増えてきています。何度も言いますが、スマホを我が子に持たせるとか保護者のを貸して使用させるとかの判断は保護者の責任です。
お子様にスマホ等を持たせる時には、必ず家庭内でのルール(約束)をつくってください。例えば、夜には保護者が預かる、有害サイトを見れない設定にする、個人情報をにSNSに載せない、友だちの悪口などを書かないなどです。子どもは、まだまだ判断力が不十分です。これを書いたら相手が傷つくだろうとか、この写真掲載はネット上では許されないだろうとかの判断がなかなかできません。一旦ネット上に書き込んでしまったことや掲載してしまった画像や動画も削除することは困難だと十分に理解していないようです。大人からすれば当たり前と思うようなことも理解できていないことも沢山あります。
最近は、ネットトラブルが裁判にまで発展することも珍しくなく、保護者の管理責任が問われることもあると聞きます。また、ネットいじめの問題も学校では、気づくことがとても難しいです。
子どもたちのネット上の世界は子どもたちの中にあり、私たち大人がのぞくことが難しいので、その都度大人がアドバイスをしてあげられません。大きな問題が明るみに出てきてから保護者も初めて知るということが多いです。ここがネットトラブルの解決の難しさです。
全国調査によれば、スマホ等のネット環境をきちんとルールを守って使用している子どもは学力が高いそうです。毎日1時間以内と適正に使用している子どもは、全く使用していない子どもよりも学力は高い。しかし、2時間、3時間と使用時間が長くなればなるほど学力は低くなる傾向になるそうです。
禁止するのではなく、何でも適正に使うことが大切だということです。使わせる保護者の対応で随分変わります。学校での指導には限界があります。是非ご家庭でのご指導をお願いします。これから夏休みに入ります。学校でも指導は十分にしますが、家庭でのご指導が一番大事です。よろしくお願いします。




2016.7.7
今日は七夕です。夜の天気はどうでしょう?子どもたちの願いが叶うといいなぁと思います。ところで、今日も学校は暑いです。

@私の自宅近くで見つけました。クマゼミが羽化したばかりでした。


A読み聞かせに来ていただきました。(毎月第2木曜日です)

絵本をくいるように見つめる子どもたちのまなざしが印象的でした。お母さん方ありがとうございました。

Bインクルーシブ教育についてです。本校にも、人間関係を築くことが難しい子どもさんがたくさんいます。どの子どもさんも、この暑い過酷な学習環境の中ですが、勉強も運動も頑張りたいという気持ちは十分持っていますが、集団生活の中で自分の力を発揮することが苦手なので、自己肯定感が下がって自信を持てなかったり、友だちの言葉や行動から相手の気持ちを読み取ることが難しかったりするので、自分の意に反して友だちとのトラブルになったりします。そんな時、一番困っているのは本人なんですね。なんでこうなるんだろう?どうして上手くいかないことが多いんだろう?などと頭の中でいくつも疑問符が湧いてきています。
学校では、こんな困り感を持っている子どもさんには、保護者の方々と連携し、心を落ち着かせるためのクールダウン部屋を用意したり、別室で個別に学習したりしています。そうすると笑顔で教室に帰ることができるので、こちらもうれしくなります。
人それぞれ、顔も性格も違うように、育ち方にも学習のペースなどにもそれぞれに違いがあることは当然です。そんな子どもたちをみんな1つの教室で一人の担任が一斉に指導する仕組みそのものを変えていく必要があると思っています。
本校では、一人一人のニーズに応じて臨機応変な対応ができたらいいなと考えています。チーム飽田東として、できることはみんなやろうと思います。
お子様の困り感をなくすため、またできるだけ減らすために今後も頑張ります。
いつでも学校にご相談くださいませ。お話を聞かせてください。




2016.7.6
「今日も暑いですね。」と書いて何日目かなと思い出せなくなりました。
台風1号が発生しましたね。900hPaというとんでもなく強い台風です。上陸はしないと思いますが、しばらくは影響が出ると思われます。また天気が下り坂になりますね。いやですー。

@熊本市立教育センターから見た熊本城の天守閣です。瓦がはがれている様子が見えます。実際に見るとショックでした。


A吉永指導主事(岡山市教育委員会)には、大活躍していただいています。授業中は、特に支援が必要な子どもさんに寄り添いじっくり話を聞いてくださったり、プールの監視に汗だくでついてくださったりしています。休み時間は、人間関係を築くことが難しい子どもさんの話を聞き、落ち着いたら教室に連れてきていただくなど、フル回転で活動していただいております。
また、私たちの悩みにもアドバイスをしてくださり本当に助かっています。ありがとうございます。ずっと居てくださーい(^0^)。




2016.7.5
今日も暑いでーす。既に子どもたちも私たちも汗だくです。でも朝から強い日差しの中で元気に運動場で遊ぶ子どもたちが沢山いました。


@熊本地震に伴う就学援助申請についてです。先日通知を配付しました。今回の震災を受け、経済的に就学困難になった場合は就学援助の申請をすることができます。気軽に事務室にご相談ください。(学校096-227-0003)

A先日お伝えしましたが、横浜市立瀬谷第二小学校の子どもさんから応援のメッセージが届きましたが、それに応えようと本校児童会が企画を考えてくれました。


A図書便り更新しました。

BLINEの書き込みによるトラブルの相談があっています。高学年を中心にスマホでLINEのグループを作り、会話の中で互いの意図が上手く伝わらない「行き違いや受け取り間違い」が起こっているようです。ネット上のやりとりなので、互いの気持ちをちゃんと理解できずに友だちとの関係に一人悩んでいる子どももいると思われます。
ネットいじめに発展しないか心配です。ネットいじめは、互いに顔が見えずに会話がどんどん進んでいく過程で起こります。ネット上の会話は大人が監視できません。
そこで、保護者の皆様方にお願いです。お子様がスマホやタブレット等でLINE等のSNSを使っているかどうか、使っているならどんな使い方をしているかを必ず確かめてください。これは、保護者の責任です。
保護者が全く知らないことが、ネット上で起こっているかもしれません。学校での子どもたちの様子では分かりません。
ネット上のトラブルの相談の多くは、保護者が「うちの子は大丈夫!うちの子は関係ないと思っていた。」と言われます。
先日、学校では「情報モラルについての学習」を体育館で5・6年全員で行ったばかりです。教育センターから講師をお呼びして詳しい話をしていただきましたが、まだまだ他人事?と思っている子どももいるようです。
お子様のスマホ等の管理をしっかり家庭で行ってくださいね。相談はいつでも学校にどうぞ!一緒に考えましょう。
関連情報サイト:http://npozenkokuweb.net/page19


2016.7.4
こんにちは。今日は暑ーいでーす。湿気が凄いです。教室は学習環境とは言い難いです。でも子どもたちはよく頑張っています。欠席もほとんどいません。こんな頑張る子どもたちの気持ちに応えたいと思います。私たちも頑張ります。

@あるクラスの風景です。みんな真面目ですねぇ!額から汗が・・・


Aさつき学級の七夕飾り、みんなの願いが込められています。


B学校支援(特別支援教育担当)に岡山から来ていただきました。今回の震災を受けて心のケアが必要な子どもたちの支援のために、岡山市教育委員会指導課の吉永指導主事に今週いっぱい支援していただきます。ありがたいです。本当にお世話になります。

CALTのNathan(ネイスン)先生が、ニュージーランドに帰られます。残念!!7月5日(火)明日が最終日です。子どもたちが悲しむと思います。私も寂しいです。とってもいい先生でした。子どもたちの気持ちもちゃんと理解し、英語以外のことも沢山教えていただきました。ネイスン先生、これまでありがとうございました。元気でねー!




2016.7.1(再更新)
@授業参観ありがとうございました。





今日の子どもたちは、いつもよりもおりこうさんでしたー(^0^)。保護者の方々に見ていただいたので、子どもたちも張り切っていました毎日が授業参観だったらいいなぁと思いました!?

A給食献立表更新しました。

2016.7.1
おはようございます。いよいよ7月ですね。久しぶりに晴れていい天気です。暑くなりそうです。

@本日の授業参観お世話になります。授業参観13:30〜14:15、下校指導14:15〜14:30、学級懇談14:40〜15:25、移動15:25〜15:40、心肺蘇生法講習会15:40〜16:40
工事中のため、6年生の教室へのアクセスが変わります。


A工事中です。気をつけてください。


B学校評議員会を今日開催します。毎年、授業参観に合わせて評議員様方に来校していただき、学校の普段の様子を見ていただいたり、学校の経営方針等についてアドバイスをいただいたりしています。

Cいろんな出来事更新しました。




2016.6.29
こんにちは。今日も大雨ですね。敷地内も水浸しです。廊下もジトーッとしています。

@登校班綱引き大会1回戦無事終わりました。明日は2回戦です。人数もバラバラですが、団結力の強い班がやはり勝ちまーす。


A体育館の照明3つ交換完了しました。(全部つきます)

B6年校舎入り口の修復工事が始まりました。液状化で陥没したり、ゆがんだりした箇所を掘っています。6年生には気の毒ですが、1階非常口から体育館内を通って管理棟に行き来しています。
また、敷地内の雨水の排水速度も非常に遅いので、このところ至る所に水がたまったままです。これも早く解決してほしいなと心から願っています。

C校内研究更新しました。

Dもうすぐ七夕です。図書室前に願いごとを書いて飾っています。


みんなの願い叶うといいね。
何かものがほしいというような願いではなく、何かできるようになりたいとか、みんなが幸せになってほしいとか、そんな願いが多いです。震災を体験し、何か物がほしいとかではなく、心を満たす欲求のほうが強くなったのかなと思いました。



2016.6.29
こんにちは。さっきの雷にはびっくりしました。教室からも「キャー!!」。

@横浜市立瀬谷第二小学校から「お手紙」と「歌」のプレゼントが届きました。ありがとうございます。

←cdをクリックすると歌が聴けます。
全児童で歌ってくれた「花は咲く」を、給食時間の放送で流しました。一生懸命熊本のことを想いながら歌ってくれているなぁ、と気持ちが伝わるものでした。
応援してくださる方々の為にも、みんな元気でがんばります。
また、近いうちに「お返し」をしようと思っています。また、お知らせします。

A明日の6/30(木)に登校班綱引き大会(希望参加)を朝から体育館で行います。最近なんだか元気がない登校班を盛り上げようと荒木教頭先生の発案で実現します。参加する12チームの登校班のみんな頑張ってください。第2回目は2学期の予定です。




2016.6.28
おはようございます。今日も朝から土砂降りです。校内もじめじめしています。気持ちだけはカラッと晴れで過ごしたいと思います。

@昨日道徳の授業研究会を行いました。

A夏休みの教育相談を今年も行います。7/25〜8/5の期間に学校に来ていただき、担任とじっくり話す機会を持ちたいと思います。「子育ての悩み、気になるお子様の言動など」なんでもいいです。気軽に来てください。冷房の効いた部屋を用意します。詳しくは、学級通信等でお知らせしますので、日時の調整等は担任にご相談くださいませ。

B転入生大歓迎です。現在の1年生は71名ですが、既に数名のお子様の転出が決まっています。71名より少なくなると次年度は、現在の3クラスから2クラスに減ります。飽田東小1年生に転入希望の方がいらっしゃればいいなぁと思います。
熊本市は、1年〜4年(1クラス35名です。1〜35名だと1クラス、36〜70名だと2クラス、71〜105名だと3クラス)、5・6年(1クラス40名です。1〜40名だと1クラス、41〜80名だと2クラス、81〜120名だと3クラス)となっています。




2016.6.27
こんにちは。また雨ですね〜。今年はよく降るなぁと思います。自然現象とはいえ、熊本ばかりがなんでこんなことに…と考えてしまいます。

@昨日のPTA集団回収では、多くの保護者の方々、地域の方々に参加していただき、ありがとうございました。昨年度よりも量が大変多かったと思います。天気も回復してよかったのですが、暑くて皆さん汗だくで作業していただきました。また、田植えや中体連とも重なり、掛け持ちでやっていただきホントにありがとうございました。PTA役員、担当者の方々お世話になりました。

A自転車の乗り方は大丈夫?自転車のりのきまり守られているかちょっと心配です。ヘルメットは必ず着用し、交通ルールを守って乗ってほしいと思います。

B指定校変更・区域外就学の特例措置について(家屋の損壊等により転居した場合)は次のようになっています。(再掲)
市内間転居:校区外に転居した場合、全学年を対象に卒業まで就学を認める。○市外転居:市外へ転居した場合、全学年を対象に年度内の就学を認める。○市外転居後市内の別校区へ転入:市外に転居後に市内の別の校区へ転入した場合、全学年を対象に卒業まで就学を認める。
以上の変更・許可の受付手続きは、市教育委員会(学務課)で行います。転居予定がある場合は、先ず学校にご連絡ください。その後学務課へ保護者からご連絡いただくことになります。(学務課)096-328-2716



2016.6.24
おはようございます。
雨は一旦落ち着きましたが、まだまだ梅雨は続きます。大雨警報が今日も出ていますので、今後も天気予報等を見ながら子どもたちの安全を確保していきたいと思います。

@昨日、第1回安全対策協議会を行いました。学校職員、PTA代表者、自治会、社会福祉協議会、防犯協会、交通安全協議会、民生・児童委員、警察等から来ていただき、交通安全・不審者対策・今後の震災対応などについて協議しました。
「こどもひなんの家」について、もっと周知してほしいという意見がありました。各家庭に地区ごとの安全マップが配布されていますので、是非お子様とご確認ください。また、カラスの巣が木の上にかけられているところがあるそうで、子どもたちには、カラスを刺激しないようにご指導ください。

A一昨日、運動部活動担当者会を行いました。部活動総会を開くことができませんでしたので、担当者のみの会議になりましたが、今後の運動部活動の方向性についての情報提供をさせていただきました。まだ、本市教育委員会から「運動部活動の指針(改訂版)」が出されていませんが、確実に現在の部活動の在り方は変えて行かねばなりません。指針が出されたら、早速「運動部活動の在り方検討委員会(仮称)」を立ち上げて、検討していきたいと考えています。

B本日6年生は、県立装飾古墳館に見学旅行に出かけました。6年生だけ弁当持って出かけられていいなぁという声も低学年から聞こえてきてます。6年生には、「しっかり勉強し、体験し、有意義な時間を過ごして帰ってきてほしい。」と話しました。雨が降らないといいですね。

写真:松川先生からです。
古墳館に着き、早速「火おこし体験」がはじまりました。みんな真剣に説明を聴いています。さあ、火はおこるかな?

動画1  動画2 動画3 動画4

楽しいお弁当タイムです。

雨降ってなくてよかったね。

C本日4年生は、熊本市上下水道サービス公社の出前講座で「上下水道のしくみ」を学びました。3時間目に音楽室に集まり行いました。水の都くまもとですが、知らないことが分かるとうれしいですね。

私も子どもたちと一緒に学びました。楽しかったです。熊本市では、阿蘇からの伏流水(地下水)を水道に使っていること。阿蘇に降った雨が地面にしみ込み20年後に私たちの水道水になること。熊本市で一日に使う水の量は、25mプール730杯分、一人当たり500mLペットボトル448本分(224g)だそうです。また、下水道の仕組みについては、微生物の働きできれいな水に変えて、川に流していることなど学習しました。とても分かりやすい説明でした。最後に、「海外の水飲み比べ」をしました。アメリカのクリスタルガイザー、フランスのコントレックス、ドイツのザロルシュタイナーと熊本の水の飲み比べで分かったことは、私たちが飲んでいる軟水とフランスやドイツの硬水では味が随分違うことでした。子どもたちは、熊本の水が一番おいしいと言っていました。私も素直にそう思いました。実は、ペットボトルに入っていた熊本の水は、本校理科室の水道水だったと分かり、「わー!!」熊本の水道水はやっぱり凄いということになりました。

D6/26(日)は集団回収です。雨が心配ですが、運動場にはブルーシートを敷いて、少しでも雨の浸透を防ぐようにしています。皆様、ご協力をよろしくお願いします。

E「校内研究」更新しました。

F安心・安全メールは届きますか? 学校やPTAからのメールが届くかどうか現在調査中です。届かない場合は、前年度からの変更がうまくいってなかったり、ドメイン設定等が必要な場合もありますので、ご連絡ください。
ドメイン設定の方法




2016.6.23
おはようございます。
今は晴れていますが、今日から明日にかけてまた大雨が降るようですね。もううんざりです。子どもたちは、少しでも晴れたら運動場で遊びます。元気ですよー。
まだまだ、余震も続きますので、常に危機感を保ちながら学校も頑張ります。

@登校班がよくなりました。ずっと気になっていた登校班で来る子どもたちの元気のなさバラバラになりがちな登校班での歩き方が、少しずつよくなっています。今朝は、大きな声であいさつする子どもたちが沢山いました、特に信号で止まってくださるドライバーの方へのお礼の会釈も、とてもよかったです。

A今朝児童集会をしました。今日は放送委員会の発表だったのですが、日ごろの仕事の紹介をプレゼンの画面をバックに全員一人一役で上手にやってくれました。最後に感想を発表する時間を必ずとりますが、フロアーでは多くの子どもたちが挙手して、感想を言おうとする姿に感動しました。「放送委員会の人たちが頑張っていることが分かったので、これからも放送をちゃんと聞こうと思いました。」など、素晴らしいコメントを言っていましいた。飽田東小の子どもたちは凄いです。我々も頑張ります。

いい一日のスタートでした。




2016.6.22
こんにちは。県内各地で大きな被害が出ているようで心配です。必要なところに雨は降らなくて、必要でないところに沢山雨が降って、うまくいきませんね。地震の次は水害・土砂災害、次は台風に備えなければいけませんね!この困難にみんなで乗り切りましょう。

@昨日、学校保健委員会を5年・6年を対象に行いました。今年のテーマは「安全」です。先ず今回は、ネット社会から自分を守るための勉強をしました。教育センターの山本指導主事と東指導主事に来校いただき、とても分かりやすいスライドを見せながら、丁寧に話をしていただきました。
ネットにつながるゲーム機やスマホや携帯端末は、ほぼ持っているのが現状です。ネットは世界中とつながっており、ネット越しにいる向こう側の人を意識することなくお話ししたり、情報を交換できたりする便利さと裏腹に、ネットだからこそ気をつけなければいけない闇の部分があることについて、分かりやすく伝えていただきましいた。
最後の感想交流では、「自分はまだスマホとか持ってないけど、大人になって持ったときに、今日の勉強を生かしていきたいです。」と素晴らしいコメントを言ってくれました。5・6年の保護者の皆様方、どんなことを勉強したかお子様に聞いてみてくださいね。

事前のアンケート調査では、情報機器を使うようになって、家族との団らんが減ったと答える子どもが多かったです。家庭内でのルールづくりが必要なようです。お子様のネット環境がどうなっているか、この機会にお確かめくださると幸いです。




過去の記事は「新着情報」に移しました。

 掲載責任者 古川公雄  飽田東小学校校長 
 運用担当者 小山浩介  飽田東小学校教諭 

information

熊本市立飽田東小学校

〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町115
TEL.096-227-0003
FAX.096-228-1051
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/e/akitahigashies/index.htm
本校HPのQRコード