本文へスキップ

心ピカピカやさしい子 学びワクワクかしこい子 体グングンげんきな子

電話でのお問い合わせはTEL.096-227-0003

〒861-5255 熊本県熊本市南区砂原町115

「あたりまえのことを ばかにしないで ちゃんとやれる人が できる人」を合言葉にしています。




アクセスカウンター

<学校から保護者・地域の皆様へのおしらせ>
再度確認です!
安心メールの再登録はお済みですか?現行のままだと今後メールは届きません。
下記QRコードを読み込んで、空メールを送ってください。テクノミックス社から送られてきたメールを開き本登録画面で再登録をお願いします。


akh@gw.ansin-anzen.jp ←空メール送り先

★12月の主な予定
18日(月):6年リクルート「タウンワークお仕事ブック」@
25日(月):終業式
★1月の主な予定
9日(火):始業式
15日(月):6年リクルート「タウンワークお仕事ブック」A
17日(水):1年2年フッ化物洗口(30年度はこの日から始めます)
28日(日):PTA集団回収(延期の場合2/4)


2017.12.12
このところ寒い日が続きますね。みなさん体調管理は上手くやられていますか?校内はホントに寒くて、防寒着なしには過ごせません。子どもたちの中には半袖の子もいて凄いなぁと感動しています。

@正門前の花壇の花がきれいです。

校内の花壇がこれからぜーんぶきれいになりますので、来校された際には是非お楽しみくださいね。
A6年生の調理を見にいきました。班ごとにメニューを決めておいしい料理をみんなで協力して作ってました。

これはほんの一部です。みんな上手でしたー。
B12/11(月)の放課後「人権教育」の職員研修を行いました。教育委員会事務局人権教育指導室指導主事に講話をしていただきました。子どもの人権、障がい者の人権、水俣病をめぐる人権等具体的事例をまじえながら分かりやすく話をしていただきました。絵本作家の「東田直樹」さんの著書『自閉症のぼくが飛び跳ねる理由』を例に挙げ、自閉症の直樹さんを支えた家族の話など聞いてて感動しました。水俣病をめぐる問題については、「三枝三七子」さんの絵本『よかたい先生』を例に、水俣病をめぐる問題は、50年経った今もまだ終わっていないことを再認識するいい機会でした。
また、人権教育の最大の環境は私たち教員自身であることも再確認できました。大事なことは、私たちの人権感覚を研ぎ澄まし、子どもたちとの何気ない会話やいつもの授業中のやりとりのなかで適切な指導をしていくことだと思います。
子どもたちは、いいこともそうでないことも学びます。その学んだことの中から自ら適切に判断して、正しい自分の生き方を見つけられるように指導していきたいと思います。
とてもとても充実した研修でした。ありがとうございました。



2017.12.8
今日も寒いですねぇ!校内は寒風が…。今日は午後から5年生は新しくなったNHK放送局に体験活動に行っています。路線バスを使って時間差で出発しました。楽しい体験ができるといいなぁ!と思います。
@なんかいい感じ!6年の女子が日向ぼっこしてたので、つい撮ってしまいました。

A12/7(木)2時間目に「人権集会」を行いました。寒かったのですが全員体育館に集合し、それぞれの学年ごとに取組を発表しました。子どもたちは人権について考えたことやこれから行いたいことなど発表しました。

集会の後、各学級ではふり返りを行いました。学びの多い集会でした。
B12/6(水)「飽田東小部活動の今後を考える会」を開きました。体協、あきた総合型スポーツクラブの関係者、PTA執行部、各部後援会の皆様方、大変ありがとうございました。
今後の「飽田東小部活動方針の概要」をお伝えします。
◯平成31年度4月から施行する「熊本市小学校運動部活動指針(改定)」に沿った活動を本校は行う。
◯平成30年度について(現時点での予定)
野球部・剣道部は、「あきた総合型スポーツクラブ」に加入し社会体育に完全移行する。但し、本校職員担当者(連絡係)は配置する。
サッカー部、ミニバスケットボール部、音楽部の3部については従来通り活動する。但し、出場試合については入部者数等を考慮して決める。
◯平成31年度について(現時点での予定)
サッカー部、ミニバスケットボール部、音楽部は廃止する。
総合運動部を立ち上げ、ボール運動、陸上、水泳、その他の運動について親しむ活動を行う。(通年同一種目を行うことはしない)
音楽同好会を立ち上げ、毎年募集を行うが校内指導者が配置できない年度や会員募集をしても必要数に満たない年度は、その年度は活動を休止する。(次年度また募集する)
・部及び同好会の練習は、週3回以内とし平日は18:00までには終了する。
・試合や大会等への参加については、今後検討する。

以上が概要です。次年度以降のお子様の部活動入部の参考にしてくださいね。


2017.12.6
第1回目めの「フッ化物洗口」を行いました。8時前から南区保健子ども課から4名、8020運動推進員の方3名に来校いただき、1年2年対象でぶくぶくうがいを行うことができました。

今後も、毎週水曜日の朝に行う予定です。担任の先生たちも朝からばたばたとしますが、子どもたちの虫歯予防のために頑張ります。


2017.12.5
今朝は冷えましたねぇ!校内も寒風が吹き抜けていきます。寒いでーす。それでも子どもたちは、半袖半ズボンの子もいて大変元気です。

今の小学生にも大いに関係ありますよー!大学入試が変わります。
本日の新聞に「大学共通テスト試行調査」問題が載っていましたがご覧になられましたか? ほとんどの保護者の方々には直接関係のないこと!と思っていらっしゃると思います。しかし、大学共通テストは2020年度に導入されることが既に決まっており、現在小学生の子どもたちが受ける大学入試が今と大きく変わるということなので、保護者の認識も変えていただきたいのです。
このことは大学受験をしない子どもたちにも関係あります。それは今回のように大きく大学入試が変わるということは、いわゆる根本にある学力観が変わるということで、子どもたちに求められる学力の意味が変わるということです。そういう意味では、これまでもあった入試のシステムの変更などのマイナーチェンジではなく、今回はフルモデルチェンジと言っていいと思っています。
よろしかったら、保護者の皆様方も今回実施された試行調査問題を見てみてください。皆様がこれまで受けて来られた高校入試や大学入試の問題とは違って難しいなぁと感じられると思います。例えば、国語と数学では、「多様な資料から読み取った情報を基に考え、表現すること」が問われています。これは、これまでの知識偏重入試から脱却し、思考力や表現力も入試で測るということの表れです。ただ単に知識・技能をもっていればいいのではなく、獲得した知識・技能を使って自分の考えを論述することができることが求められるということです。今後子どもたちが変化の激しい社会を生き抜いていくための力を身につけていく上で大切なことだと私は思います。
小学生の時期には、「人の話を聞く」「素直に表現する」などの基本的な力を身につけさせたいなと思います。そして、友だちと協力し合いながら未知の問題に関わっていく積極的な姿勢も育てていきたいと思います。また、子どもたちには、いつも自分で考え、なんとか自分の力で自分の道を切り開いていくような態度を常に心掛けてほしいなと思います。
私たちも授業改善に努めますので、よろしくお願いします。

@今日2時間目に火災避難訓練しました。避難連絡の放送から3分20秒程度で全ての子どもたちが運動場に避難し人数確認が終わりました。素晴らしい態度でした。

A12/3(日)JAL折り紙ヒコーキ大会熊本県予選が下益城城南中学校で行われました。本校から5名参加し決勝進出が2名でした。6年生が見事優勝し、3月に東京で開かれる全国大会出場が決まりました。おめでとうございます。昨年度、日本航空には大変お世話になりました。復興支援で来校していただき植木社長自ら本校の子どもたちにエールを贈ってくださいましたので、そのお礼も含めて会場で子どもたちの応援をさせていただきました。本校の子どもたちのあきらめない気持ちでヒコーキの調整をする姿は素晴らしかったです。

B明日の水曜日は下校時刻がこれまでと変わります。学級通信等でご確認くださいね。
C運動場南側に屋外用スピーカーを3つ付けました。これで運動会等での放送がよく聞こえるようになると思います。

D明日りんごをひとつずつ全児童に配ります。今年も青森県JA津軽みらい様のおいしいりんごをいただけることになりました。ありがとうございます。ビニール袋を明日持たせてくださーい。

E毎月始めに、朝のあいさつ運動と交通指導を兼ねて旗振りに来ていただいている保護者の皆様方、ほんとに寒い中ありがとうございます。今日も正門ではお二人のお父様が旗を振っておられました。皆様方のおかげで子どもたちのあいさつや交通安全について意識が高まっていると思います。今後もよろしくお願いします。
F学校だより保健だよりアップしました。

G明日12/6(水)第1回目の「フッ化物洗口」」を実施します。南区保健子ども課と8020運動団体の皆様に来ていただきます。1年2年の子どもたちに8時10分過ぎから、洗口液でのうがいをしてもらいます。希望されたお子様には、明日から学校ではじまることを是非お伝えいただき、今後の虫歯予防についても親子で会話していただくと、より一層効果があがると思います。


2017.11.29
運動場がきれいになり、子どもたちも伸び伸びと遊んでいます。

1年生は、縄跳びに夢中です。朝から元気に跳んでますよ。あや跳びや後ろ跳びなどもできる子は、「校長先生!見てー!」と大はしゃぎです。

校長室前の楓の葉が色づきました。

@毎日学級交代で行っている「あいさつ運動」で今日は1年生でした。元気に立ち止まってあいさつできます。素晴らしいです。

A校舎1階(1年3組トイレ天井と1年1組入り口付近天井)の雨漏りの工事で、校舎2階から2カ所の足場が組まれています。屋上と壁の防水工事をやっています。12月15日終了予定です。

B毎日、教室巡りをしています。子どもたちは今日も元気に手を挙げ自分の考えを発表していました。1年生では今日と明日、体験入学しに来てくれた子どもさんと一緒に楽しい算数してましたー。6年生の昇降口には、きちんと並べられた靴とぞうきんがありました。さすが6年生です。

C本校「働き方改革」第一弾を始めます。12月から毎週水曜日の下校時刻を15:30(高学年)、14:25(低学年)にしようと計画しています。まず、12月6日(水)にやってみます。朝会、業間活動、掃除抜きで計画しています。授業は45分の6時間(高学年)、5時間(低学年)です。
まず1回やってみて検証します、その上で時間の変更が必要になった場合は改善していきたいと思っています。
この取組で、毎週水曜日の学年部会(打ち合わせ)を早めに始め早めに終わらせることを目指しています。週に1回は定時に帰ることができたらいいいなと考えています。
下校時刻を早めることで、様々に影響が出ると思いますがご理解ご協力をお願いします。

2017.11.28
東っ子まつりでは、多くの保護者の皆様、地域の皆様に来校いただきありがとうございました。子どもたちのパフォーマンスはいかがでしたか?練習の成果を発揮し、見に来てくださった方々の心を動かすような、とてもいいステージだったと思います。飽田東小最高!!


@先週5年の外国語活動の研究授業を行い、教育センターの指導主事から指導・助言をいただきました。先生の話によると、活動を通してコミュニケーションに必要な「方略的能力」「社会言語能力」「談話能力」を身につけさせることが必要だそうです。また、英語の文字については、興味を持てるくらいでいいし、できれば読める程度でいいとのことでした。文字の学習は学校以外でもできるので、学校では「話す」「聞く」ことを頑張ってほしいと言われました。日本と違って外国では、「Why?」(なぜ?)と聞かれることが多いので、どうしてそう思ったのか?なぜそう言ったのか?をコミュニケーションをしながら話したり、聞いたりしてほしいともおっしゃいました。
グローバルな社会で生き抜いていくためには、外国語そのものを学ぶことももちろん大事ですが、日本と比べて外国の文化も理解しながらコミュニケーションできる子どもを育てることが大切なんだなぁとあらためて思いました。


2017.11.20
今朝の気温は6℃くらいでしたね。寒かったー!正門前に立っていると、あいさつ運動で元気に「おはようございます。」と言ってくれる子どもたちに元気をもらいました。半袖半ズボン(スカート)で登校する子もいて強いなぁと思います。
@11/18(土)飽田伝統文化・子ども祭りがまちづくりセンターで行われました。本校からも多くの子どもたちがステージに立ちました。特に音楽部は毎年演奏を披露しますが、我が子を見守る保護者の方々の瞳も輝いていました。子どもたちは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。


A本日の6時間目に5年生の「外国語活動」の研究授業、その後授業研究会を行います。教育センターの指導主事を助言者にお迎えして全職員で勉強します。


2017.11.17
朝晩とても冷え込みますね。校内も寒いです。子どもたちは元気です。
@校内研修の「研究の便りB」アップしました。

AJAL折り紙ヒコーキ全国大会「熊本地区予選」の案内です。昨年度、10月28日(金)に熊本地震被災地の復興支援の一環で、日本航空の植木社長はじめ多くのJALの社員の方々に来ていただきイベントを行ったことはご存じだと思います。その中で「折り紙ヒコーキ教室」を本校でも開いていただき、子どもたちは大変喜びました。その後、全国大会予選を本校体育館で開いていただき、上位3名が選ばれ現6年生の子どもたちが東京大会に招待(3親子)されました。そこで本校の子どもたちは全国3位(団体戦)になり表彰されました。
日本航空広報によれば、今年から全国大会の地区予選をそれぞれの都道府県で行い優勝者を招待し、平成30年3月18日(日)に東京で全国大会を開くそうです。
そこで、熊本地区予選大会の案内チラシを高学年に配布しました。チラシには申込先がJALホームページになっていますが、飽田東小の子どもの申込は学校にご連絡ください。まとめてJALに申し込みます。
ふるってご参加くださいね。大人も「一般の部」で参加可能です。優勝したら東京行きですよー。
尚、予選大会当日のお子様の引率は保護者にしていただくことになります。

https://www.jal.com/ja/csr/origami_yosen/←予選についてHP


2017.11.15
昨日、市役所14階会議室にいく機会があり熊本城の復旧工事の様子が見えました。痛々しい感じもしましたが着実に元のようになってきている様子が見てとれて嬉しかったです。やはり熊本のシンボルですよね。

@音楽集会がありました。3年・4年の発表でした。みんなよく練習し素晴らしい歌と演奏でした。

A毎日、各学級で決めた日に挨拶運動を行っています。子ども同士で挨拶を交わすことで、より挨拶の意識が高まるような気がします。

B「学校改革!教員の時間創造プロジェクト」が市教委事務局や園長校長の代表者によるプロジェクトメンバーを集めて始まりました。これは平成29年8月に、中教審特別部会により「学校現場の働き方改革に関する緊急措置」が取りまとめられたことがきっかけです。
一般企業や自営業の皆様方からすれば、公務員はもっと頑張れ!仕事をしろ!とおっしゃるかもしれませんが、私たち教職員も近年多岐にわたる業務遂行で本来「子どもに十分に向き合う」という当たり前の仕事ができにくくなっているのは事実です。
次期学習指導要領による学習の在り方等についての研修も校内で行っていますが、もっともっと個人レベルで「私たち教職員の勉強する時間」もいただきたいのですが、それも難しいのが現状です。
今回の「学校改革!教員の時間創造プロジェクト」は物理的に教職員が学校に居る時間を減らすことが大きな目的です。
現在次のようなことが考えられています。「タイムカードによる全教職員の勤務時間の把握」「勤務時間外の留守番電話の設置」「学校閉庁日の設定」「適切な運動部活動の設定」「校務支援システムの導入」「給食費の公会計化や学校徴収金の口座振込」などです。市としては全て実現し、その他できることは全てやるというふうに聞いています。この流れは全国レベルで展開されますので、これまでの学校のイメージは今後大きく変わっていくものと思います。
今後、保護者の皆様方には更にご負担をおかけすることになると思いますが、どうかご理解とご協力をお願いします。


2017.11.14
東っ子まつりの練習も本格的始まりました。子どもたちは元気に練習に励んでいます。また、どの学級でも真剣に取り組む子どもたちの姿が素晴らしいです。

@11/10(金)午後〜飽田西小学校で「飽田中学校区幼・保・小・中連携協議会第3回研修会」が行われ、教職員はもちろん園の先生方、保護者・地域の方々が一堂に会して学びました。飽田西小での授業参観の後、講演会が行われました。元小学校長を講師にお迎えし、「確かな学力の育成」についてのお話を聴かせていただきました。内容は、学力を身につけさせるためにはまず、心の醸成が必要だということ、特にコミュニケーション力を身につけさせることが必要だとおっしゃいました。数々のデータを基にお話くださり、終始納得しながら聴かせていただきました。コミュニケーション力は、他者との遊びや会話、関わりの中で育つ。またうまく言葉で伝えられなくても、相手の気持ちを確かめたり捕捉し合ったりして育っていく。ということでした。
学校のような集団生活の中が、子どもたちにとって一番の学びの場だなぁとあらためて思いました。いろんな揉め事もありますが、それを自分で考えて解決することや回避することなどを通して成長していくものだと思います。
とてもいい講演会でした。参加された保護者の方は、自分の子育てと重ね合わせながら話を聴かれていたと思います。



2017.11.10
熊本法人会飽田支部のみなさんから、綺麗な花を植えたプランターを12個いただきました。ありがとうございました。職員玄関付近に飾っています。

2017.11.9
校庭の秋を探しました。落ち葉がきれいです。

2017.11.8
@1年2年の歯みがき教室を行いました。南区役所保健子ども課と8020運動推進委員の地域の方々に来ていただきました。12月からのフッ化物洗口実施に向けてのぶくぶくうがいの練習も兼ねておこないました。
子どもたちは、歯の大切さについて真剣に話を聞き、その後のうがいの練習も楽しくやっていました。明日は3年生の歯みがき教室です。

A今日は、全市挙げての「地区別人権教育研修会」実施日です。本校は飽田天明地区の研修会に参加します。今回の会場は天明中学校と中緑小学校です。私たちは子ども一人一人の人権を大事にし、子どもに寄り添って支援しているつもりです。でも、私たちも人である限り差別心を心のどこかに持っていると思っています。そこで私たちは年1回レポートを書いて自分の日頃の実践をふり返ります。そうすることで、自分自身のことを見つめ直すいい機会が生まれます。見つめた結果、今後子どもたちに「もっと、こうしていこう。」というさらなる意慾が出てくることを願っています。
なお、今日はそれぞれの学校から代表に選ばれた先生のレポートについて、いくつかの分科会に分かれて協議します。それぞれの学校での実践に学ぶことができるいい機会です。私も勉強したいと思います。中緑小では、授業研究会が行われます。
本日の児童下校は12:10です。給食はありません。


2017.11.7
@先日のPTA教育講演会(くまもと心理カウンセリングセンター代表 岡崎光洋氏)では、大変いいお話を聴くことができました。学校は、「人間関係で悩むことも含めて、揉め事(トラブルという言葉でななく)があるのは当たり前であること。」「揉め事を自分たちで解決していく過程で子どもは成長すること」「周囲の大人が子どもに揉め事が起きないように仕向けて、回避させることは、大人になってからの社会生活に適応できない子どもをつくることになること」など、お話いただきました。要は、社会生活を営んでいく上で必ず起こる「揉め事」を子どものうちから解決していく力をつけるための場所が学校であるともおっしゃいました。その話の中で、女子と男子の成長の違いについても話されました。女子は人間関係の揉め事が幼児の頃から続き、小学校の低学年時期で思春期を迎え中学校では既に思春期は終わっている。男子は中学校を卒業してから思春期を迎えるということでした。なるほど、男子は女子に比べてとても幼く見えるのは当たり前だなと思いました。本校の子どもたちを見ててもその通りだと思います。

A裏門周辺の砂利道に細かな砂を入れてもらいました。排水改善工事を夏休み中に行いましたが、排水は改善されましたが、砂利が大きくて子どもが転んでケガするということが起きましたので、市教委にお願いして細かな砂をかぶせてもらいました。雨が降れば地面も落ち着くと思います。

Bフッ化物洗口へのご協力をお願いします。11/2(金)の教育講演会後に保護者説明会を行いました。16:15からということで参加された保護者の皆様方には遅くまで残っていただきまして、ありがとうございました。今回始めるのは1年生と2年生のみです。「フッ化物洗口申込書」を対象学年保護者に配布しています。11/17(金)までに全員のご提出をお願いします。フッ化物洗口を希望されない子どもさんには、水によるぶくぶくうがいを行うよう予定しており、お子様に不利益がないよう配慮しますのでご安心ください。週1回のフッ化物洗口により、数年後にむし歯保有率が下がることが検証されていますので、継続し行うことが大事だと思います。

C本日も南警察署スクールサポーターのお二人と校内を巡りました。



2017.11.1
11/2、明日の16:15〜1年2年保護者対象「フッ化物洗口説明会」を開きます(熊本市役所、南区役所、教育委員会から8名来校)ので、PTA教育講演会後も是非お残りください。説明会が終了し来週には、お子様のフッ化物洗口を希望されるかどうかをお尋ねするための「フッ化物洗口承諾書」を配布させていただきます。

今朝は、市全域の挨拶運動ということで本校の正門・裏門にもPTA執行部の皆様方や教育委員会の方にも立っていただきました。ありがとうございました。
@ハロウィンパーティー集会を行いました。「今以上にみんな仲良くなり学校大好きになってほしいという願い」を込めて全校集会のかたちで体育館と校舎全部を使って行いました。企画委員さんの「happy Halloween」の言葉で始まりました。みんな黒のゴミ袋に飾りをつけてちょっとした仮装姿で全員が集まるとスゴイ光景でした。みんーな笑顔でゲームを楽しんでいました。

A10:00にシェイクアウト訓練をしました。みんな机の下に身をかがめて、地震が収まるまで待つ態度は素晴らしいです。

B1年生の「昔遊びにちょうせんしよう」が行われました。校区の皆様13名に来校いただき、楽しい時間を過ごすことができました。おじいちゃん、おばちゃんありがとうございました。給食も1年生と一緒に食べていただきました。

C運動場改修工事始まりました。きれいになるのが楽しみです。

D学校だより10月号更新しました。


過去の記事は「新着情報」に移しました。

 掲載責任者 古川公雄  飽田東小学校校長 
 運用担当者 小山浩介  飽田東小学校教諭 

information

熊本市立飽田東小学校

〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町115
TEL.096-227-0003
FAX.096-228-1051

ansinメール登録QRコード
h29/12/1〜新システム運用