本文へスキップ

心ピカピカやさしい子 学びワクワクかしこい子 体グングンげんきな子

電話でのお問い合わせはTEL.096-227-0003

〒861-5255 熊本県熊本市南区砂原町115

「あたりまえのことを ばかにしないで ちゃんとやれる人が できる人」を合言葉にしています。




アクセスカウンター

学校から保護者へのおしらせ
※主な相談機関紹介は「新着情報」に移動しました。
<お願い>
※8/22現在裏門からの出入りはできません。排水を改善するための工事中です。ご不便をおかけしますが、給食車の入り口からお入りくださいませ。

「ツイタもん」追加申込も随時受付しますので、学校にお持ちください。
ICタグの配布には、全ての項目に記入(有料サービスに加入されなくても)していただかねばなりません
ので、漏れがないようお願いします。有料サービスに申し込まなくても、メルアドは必要です。業者や学校からの緊急連絡がある場合は登録されたメルアドに連絡がいくシステムになっています。例えば卒業時に「ICタグの返却をお願いします。」などの連絡は直接会社からあります。安心メールとはまた違いますので、どうぞご了承くださいませ。
まだ申込を検討中の方、あるいは迷ってるという方は、とりあえず申込をされICタグを取得されるといいと思います。ICタグはランドセルの内ポケットにいれておけばなくすこともそうはない(なくせば2000円程度かかりますが・・・)と思います。止める場合もICタグを業者に返すだけですので保護者に不利益はないかなぁとも思います。
なにより、お子様の登下校中に何か起こった場合ICタグを持ってると校門3カ所のセンサーが反応し、お子様が何時何分に通過したとかまだ通過してないとかの情報が分かるという大きなメリットがあります。よくあることですが、夕方になっても我が子がまだ帰ってきてないというとき、どの門を何時何分に通過しどの方向に歩いて行ったかも分かりますので、お子様を探しやすいと思います。
有料サービス(月額400円+消費税)に加入されたら、例えば4時10分に校門を通過したという連絡が保護者にメール配信され、4時30分頃には家についてるはずだなども分かります。もし、遅かったらどこかで道草食ってたななども推測できますね。

★8月の主な予定
24日(木):PTA常任委員会
26日(金):6年学年レクレーション
27日(日):親子奉仕活動

★安心メール登録内容変更(空メールの送り先)→akh@123123.tv

★夏服(標準服)についてです。男子(白の開襟シャツまたは白のポロシャツ・灰色または紺色の半ズボン)、女子(白のブラウスまたは白のポロシャツ・水色または灰色・紺色のスカート)でお願いします。昨年同様、震災後の保護者負担軽減のため新たな購入をせずに済むよう配慮させていただきました。

★ブレーキがついていない○○ボードなどに乗って道路(クルマが通る)を走っている子どもたちが沢山いるようです。地域の方からの情報では、急に飛び出してきて危うくひきそうになった方もいらっしゃるようです。学校では各学級で指導しました。今後、学校職員が危険な乗り方をしている子どもさんを見つけた場合は、@指導しますA学年・組・名前を尋ねるB学校(担任等)から保護者に連絡する。 ということにしますので、どうぞご了解ください。
ご家庭でも十分過ぎるくらいご指導くださいね。「○○ボード持ってる人?」と終業式で尋ねたら、約半数くらいの子どもが挙手しました。乗り方を間違うと大事故につながります。命を失うような事故にもなりかねません。とても心配しています。


2017.8.22
21日(月)午前中は職員会議をしました。2学期の大きな行事等について話し合いました。また、職員作業も行いましたよ。

裏門付近の工事もだいたい終了しました。子どもたちの通学路には砂利が敷き詰められ、大雨でももう濡れることはなさそうです。
校内の廊下にはセンターラインを引きました。子どもたちの廊下歩行がとても安全になるなぁと思います。また、校庭の腐葉土をつくるための枠内を整理しました。枝や砂が混入されていたところがとてもすっきりしました。先生たちありがとうございました。
また、正門の花壇がとてもきれいですよ。太陽に照らされて花びらがキラキラと輝いていました。
今日から3日間、飽田中その他の学校の女子バレー部が本校体育館で練習会を行っています。アクアドームで合宿し、午前中は本校や力合中の体育館で練習試合を行いながらスキルアップ等を目指しているそうです。



2017.8.16
昨夜の激しい雨もあがり、運動場からの湿気がむぁーっと漂っています。暑いです。夏休みも残り2週間程となりました。みなさん夏を楽しむことができましたか?
@今朝、ネットワークがつながらない!とある先生が・・・。職員室にある別のケーブルに差し替えたり、ハブの電源を確かめたりしましたこれといった異常も見つけられずに結局つながらず・・・。教育センターのICT支援室に電話してリモートで本校のPCを操作してもらいながら、いろいろと原因を突き止めようとしましたがつながらず・・・。その後ICT支援室から本校担当のいつもやさしい○○さんに学校まで来ていただき原因究明を一緒にしていただきました。やっと見つけた根本原因は、南校舎1階の電源ブレーカーが落ちていたことでした。職員室PCにつながる中継ハブが南校舎に設置してあり、そこに電気がきてなかったということがやっと分かりました。おかげさまで復旧しました。既に昼過ぎになっていました。
昨日の大雨や落雷等の影響でブレーカーが落ちたんだと思いますが、本校は頻繁に電気系統の不具合に泣かされます。今日もそうでした!
電気がないと仕事はできないなと痛感しました。

A裏門から体育館横の側溝の工事が着々と進んでいますよ。

長年の懸案だった降雨時の水たまりを解消するための側溝設備の工事が始まりました。とても大がかりな工事です。昨日の雨で、1m程下の地面もべちゃべちゃに濡れていて、この辺りは相等排水が悪かったことを物語っていました。
この工事が完成すれば、降った雨が排水されるはずです?また裏門から体育館横には砂利が敷き詰められますので、子どもたちも学校に来て足下が濡れることがなくなることを期待しています。
工事中は、裏門や給食関係車両通行門からの出入りはできませんので、ご注意くださいね。




2017.8.15
お盆の真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
正門、裏門、育成門の3カ所に防犯カメラとICタグのセンサーの設置工事が終了しました。


工事開始が予定より早くなり、3台のカメラがそれぞれの門に設置されました。職員室前にはモニターも置かれました。この後は、さらにNTTによるインターネット工事等が予定されています。



2017.8.10
早いもので夏休みもおよそ半分が過ぎましたね。いかがおすごしでしょうか?子どもたちがいない学校は、とても静かでしーんとしています。今日も本校の多くの先生たちは研修に出かけています。また、日頃なかなか取れない休みを取り、自分の時間をつくってリフレッシュしている先生もいます。
夏休みに入ると校外での研修が沢山実施されます。「教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。」と法にも謳ってあるとおり、子どもたちが学校にいない間も研修会などに参加して勉強しています。校内でも様々な研修を企画し互いの指導力(力量)を高める努力をしているところです。
先日は、教育課程説明会が全市的に開かれまして、本校職員も自分の担当する教科等についての説明を聴きにいきました。平成32年度から新しい学習指導要領での学習が始まります。およそ10年ごとに変わる学習指導要領をもとに私たちは日々指導改善をしていかねばなりません。
今回の改訂もとても大きなもので、その変更内容を十分に理解することが今回の説明会の目的でした。説明のやり方は、事前に市の教育委員会の先生たちが文部科学省の担当者から話を聴きにいき、今回の説明会で事前に聴いてきたことを市内の全職員に伝えるというものです。私は、新学習指導要領総則部会に参加しました。プレゼン資料も何十枚とあり、説明資料も全部で数百ページに及ぶものでした。
今回の改訂で一番変わったところな何なのか?についてですが・・・。
皆様ご存じのとおり、今後子どもたちは先行き不透明な時代を生き抜くことになります。そんな時代を生き抜くためには、「○○を知っている。」とか「○○ができる。」などの知識や技能を持っているというだけではだめです。そこで、未知の問題を解決していくことができる汎用的な力が必要になります。
今回の改訂では、子どもたちに育成すべき汎用的な力である資質・能力(キーコンピテンシー)が明確化されました。それは次の3つです。「学びに向かう力・人間性等」(どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか)、「知識・技能」(何を理解しているか・何ができるか)、「思考力・判断力・表現力」(理解していること・できることをどう使うか)。この3つの柱で全ての教科等が再整理されたところが大きく変わったところです。
この3つの資質・能力を身につけるための手立てが、「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業改善です。
また、新しい教科等も増えました。道徳は、特別の教科「道徳」になり、考え議論する「道徳」(年間35時間)にリニューアルします。通知表に道徳の評価結果も載せる予定です。3・4年に新たに「外国語活動」(35時間)、5・6年に「外国語」(年間70時間)が加わります。「外国語」では簡単な英語を読んだり書いたりする内容も含まれ、評価もします。
来年度から2年間は移行期間となり、これまでの学習指導要領による指導と新学習指導要領による指導とが混在しながら、3年後には全て新学習指導要領による指導となりますので、上手く接続できるよう本校の教育課程も変更します。
今後本校の子どもたちに3つの資質・能力を身につけさせるためにどんな授業改善をしていくのか?、考え議論する道徳をどう展開していくのか?、外国語活動や外国語の授業時数をどう確保し、各担任が英語について指導できるような力をどう身につけていくのか?等について考え、実践していくことが私の仕事です。時間がとれる夏休みのこの時期にじっくり考えてみたいと思います。



2017.8.7
台風5号の接近に伴い、今日は学校関係の様々な研修や活動は全て中止されました。結果的には大きく東側にそれて、九州本土には大きな被害はなかったもの、今回の暴風雨により被災された地域の皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
@幼保小中連携協議会の活動の一環で「飽田東保育園公開保育」が8/3(木)の午前中ありました。園児の活動としては水遊びが主だったのですが、保育士の皆様方は一人一人にじっくり関わっておられる様子が伝わってきました。園長先生の園経営方針についてのお話も聞かせていただき充実した午前中でした。素晴らしい保育園です。ありがとうございました。

A8/5(土)は市Pバレーボール大会でした。見事準優勝でした−。選手、PTAスタッフの皆様方には大変お世話になりました。会場である天明中学校体育館はとても蒸し暑く座っているだけでも汗だくになる過酷な環境の中、飽田東小チームは日吉小、日吉東小を予選で破り、決勝ではいつも練習相手だった飽田中学校と対戦し惜敗しました。飽田中学校の選手はほぼ飽田東小の保護者様でした。
とてもいい親睦の機会で、試合の度に飽田東がまた、ひとつになっていった感じがしました。ありがとうございました。


B校区内でのコンビニ等での過ごし方についてです。コンビニのイートインコーナー等に長居して他のお客様が座れないとか、コンビニのひとつのコーナーに何分も居て万引きを疑われるような行動も見られるとか、あるようです。
ご家庭でも、機会を捉えてお話いただくと幸いです。



2017.8.2
夏休みも早いもので2週目になりましたね。お子様はいかがお過ごしでしょうか?大事なのはできるだけ規則正しい生活をキープし続けることだと思います。保護者の皆様にとっては、自分は仕事に出かけて行きお子様はお家にいるという生活が続き心配されていると思いますが、そんな状況もお子様にとっては大事な学習の場になっているはずです。親を頼らず生活する術を獲得できるチャンスですよ−。チャンスを生かしていただくと必ずお子様は成長されますよ。何か心配事などあれば学校に相談してくださいね。毎日数人の保護者の方が来校されていろんな相談をされてます。気軽にどうぞー!
熊本地震から1年3ヶ月が過ぎようとしていますね。大津〜立野間の道路が阿蘇大橋が崩落し使えなかったのですが、長陽大橋ルートが8/27(日)に開通するという嬉しいニュースがありましたね。これで阿蘇方面へのアクセスがとても便利になり時間短縮にもなりそうです。少しずつ復旧・復興が進みうれしいですね。

@育成クラブ大盛況です。ホントにせまい部屋で子どもたちにとっての環境はよくないのですが、みんな静かに勉強してました。指導員の先生方に感謝です。


APTAプール開放3日目でした。前半の部を見に行きましたが、既に気温は33℃以上あり、照りつける太陽、焼けたプールサイド(本校は最新設備なので他校より焼けない)で保護者と警備会社の監視員のみなさんは流れる汗を拭きながら子どもたちの様子を見守ってくださっていました。後半の部に参加する子どもたちは整理券をもらい外で待っていました。監視員の皆様ありがとうございます。

プールに帽子、Tシャツ、靴下の忘れ物がありました。心当たりの方は職員室で預かっていますので、ご連絡を!

B7/31(月)県算数教育研究会・夏季研修会に行ってきました。附属小でありましたが、熊本市の小学校の先生や筑波大学附属小学校の先生による授業、県内各地で先進的な算数研究をされている先生方のワークショップもありました。終日とても有意義な研修ができました。附属小の子どもたちは、よく考えよくつぶやき、友だちへの説明などもとても上手でビックリしました。高学年の女の子は、もう大人?です。しゃべりが流暢でテレビに出てくるコメンテーターみたいな子が沢山いました。
私が学んだことで飽田東小で是非生かしたいと思ったのは、算数授業を行う時に子どもたちに記述言語で必ずまとめさせる(特に高学年)ことです。言葉だけでやりとりを行うのではなく、必ず子どもに書かせることで数理をきちんと理解することにつながるし、我々が子どもを評価する時は子どもが書いたものを見て評価する訳なので、日頃からノートにちゃんと書いてまとめるという習慣はとても大事だなとあらためて思いました。
また、授業の中で子どもが言ったことを受け止め、「そうね。正解!」ではなく、子どもがそう考えた根拠を必ず問い返す(「○○と考えたのね。どうしてそう考えたの?」)ことがやはり大事だと思いました。

C8/1(火)児童生徒の自殺予防に関する普及啓発協議会に行ってきました。全国的に見れば自殺による死者は年々減っているけど、子どもたちの自殺は増えているという日本の悲しい現実を打開するための自殺予防教育の推進を図るための研修でした。国際比較をみても日本の自殺率はG7(ジーセブン)中最高値なんだそうです。日本の15歳〜39歳の死亡原因の第1位は自殺です。他の年齢域では悪性新生物(がん)が1位です。また、事故死よりも自殺のほうが多いのも日本の特徴です。
ではなぜ日本の子どもたちの自殺が増えてきたのか?については「自己肯定感の低下」が大きな要因のようです。「どうせ俺なんか?」「私が生きてても意味がない?」などと考える自分に自信が持てない日本の子どもが増えたということです。日本の世の中が多くの子どもにとって「生きづらさ」を感じるものになったということだと思います。
自殺のきっかけとなった原因で中学生男子の場合は、「学業不振」や「家族の不和・しつけ」が主で、女子の場合は「人間関係」や「学業不振」などだそうです。私は、「いじめ」が一番かなと思っていましたが違いました。「学業不振」がかなりのストレスになっていることが分かります。やはり小学校の学習はとても大事だと感じました。
とは言っても、いじめによる自殺も後を絶たないため、いじめの加害者にならないような取組も全国各地で行われています。ある調査によれば、いじめを受けた・いじめをした子どもは全体の90%以上であるそうです。周囲の大人には見えない形でいじめは行われ、被害者にもなり加害者にもなっているのが現実のようです。子どもがいじめの加害者になってしまう時、困ったストレス反応を高める要因として、「競争的意識の高さ」があるそうです。例えば、親から常に人との比較で見られていたり、勝ち負けにこだわるような環境で育ったりした子はそうでない子と比べて同じストレスを感じても他人をいじめるなどの行動をとりやすいそうです。一方、困ったストレス反応を弱める要因として、子どもに「自分には支援があるという意識の高さ」があるそうです。例えば、親が常に自分の話を聴いてくれるという安心感を持っている子や困ったら誰かが助けてくれるという信頼感を持っている子は他人をいじめるなどの行動にでにくいそうです。
やはり、自殺予防のキーワードは「自己肯定感」です。いかに子どもの自己肯定感を高めるかが鍵です。自己肯定感をもっている状態とは、「I am OK」の状態です。自分は自分のままでいいんだという感覚を子どもがもてるよう、周囲の大人が協力して育てていきましょうね。
まず、第一歩は「大人が子どもの話を聴くこと」です。




2017.7.27
今日も、育成クラブでは多くの子どもたちが活動しています。ホントにせまーい部屋の中で、子どもたちも指導員の先生たちも大変です。早急な環境改善を望んでいるところです。

@水泳教室2日目でした。今日は欠席も少なく昨日よりさらに充実した練習ができましたよ。子どもたちは、「きのうより行けたー。25m初めて泳げたー。楽に泳げるようになった!うれしー!、顔をつけられるようなったー!」と自分の成長を喜んでいました。

今回の水泳教室で、1学期の体育の時間では十分な個別の支援ができないのですが、今回それが随分できて、指導した私たちも嬉しかったです。なにより子どもたちが真剣に練習し自分の成長を感じ、屈託のない笑顔を見せてくれることが私たちの喜びです。子どもたちはもちろん頑張りましたが、「子どもたちのためなら一緒にやりましょう!」とチーム飽田東で水泳教室を開いてくれた先生たちに感謝です。また、気持ちよくお子様を水泳教室に送り出してくださった保護者の皆様にも感謝です。ありがとうございました。

A先週からいろんな部活動の試合で本校の子どもたちが頑張ってます。剣道部(剣道クラブも含む)は小体連の試合や全国大会で大活躍でした。蒸し風呂のような体育館で、防具をつけ暑さで頭がぼーっとなりがらも集中して、防具の向こうに見える相手の目を真剣に見つめる姿はかっこよかったです。バスケット部は学童五輪の遠方にある会場で、これまたサウナ状態のコートで縦横無尽に走り回り、1日目は2連勝、2日目は強豪チーム(クラブチーム)に惜敗しましたが日頃の練習を十分に発揮し見事な試合運びでした。野球部は、小体連の試合で1日目は逆転勝利もあり2連勝、2日目の今日は準決勝で惜敗しましたが見事3位でした。猛暑でかんかん照りのグラウンドで子どもたちは監督さんの言うことをしっかり受け止め、1日目は大量に先取点を許しても気持ちは前向きで必ず逆転するんだという強い意志で最後の最後に打ち勝ちました。今週末は小体連サッカー大会6年4年大会もあります。夏の大会は暑さと自分自身との戦いです。体調管理に努め、持てる力を発揮し、悔いのないプレーをしてくれると嬉しいです。尚、熱中症予防対策を十分にとってほしいと思います。

B教育相談やってます。夏休みに入り毎日数名の保護者に来校していただき、お子様のことについて相談させていただいています。ほぼお母さんが来校されますが、家庭での子育ての悩みはやはりお母さんが一人で抱えていらっしゃることが多いなぁと思います。学校では、「お母さんの支えになるようにしましょう!」とよく話をしています。
教育相談の申込をされていない保護者の方でも、いつでも気軽に相談に来てくださいね。飽田東小は必ず話を最後まで聴きます。一緒に子育てについて考えましょうね。お母さんをひとりぼっちにはさせません。家庭内の問題でも話してくだされば、きっと解決策はみつけられます。
必要ならば、SC(スクールカウンセラ)ーやSSW(スクールソーシャルワーカー)につないだり、区役所保健子ども課、児童相談所などいろんな機関とも連携して子育てしていく方法もありますよ。
本校でも多くの方々が相談に来られていますよ。ご連絡をお待ちしています。




2017.7.26
夏休み5日目になりますが、毎日暑い日が続きますね。関東や東北では豪雨のようですが、今年の雨の降り方は異常だと思います。
お子様は元気に過ごしておられますでしょうか?
@7/26・7/27の2日間、水泳教室を開催しています。10:00〜11:30の予定です。参加希望が94名で、6グループに分けてほぼ全職員で指導にあたっています。参加した子どもたちにとっては、「楽しかったー。今日来てよかったー。少し顔を水につけられるようになって満足したー。少し楽に泳げるようになってうれしー。」と言ってくれるように先生たちも熱く指導し頑張っています。

但し、せっかく申し込んでくれていたのに17名の欠席がちょっと残念でした。連絡無しで欠席のところには、学校から全家庭に電話確認しています。家は出たけれど登校中の事故等で学校に来られなくなったなどある場合も考えられますので、欠席の場合は必ず連絡をお願いします。
尚、この水泳教室の参加にはプールカード等は発行しておりません。申込されたお子さんは全て参加OKですよ−。PTAプール開放(7/31〜8/4)は申込をされてPTA発行のプールカード持参でなければ参加することはできませんので、水泳教室(7/26・7/27実施)とは混同されないようお願いしますね。

A夏休み学習会が充実しています。各学年部で企画した学習会に参加しているお子さんは一生懸命頑張っていますよ。

今後数日間、学習会行います。欠席の場合は必ず連絡願います。

Bむし歯の治療に行かれましたか?このHPでも数回お知らせしましたが、本校はむし歯保有率がとても多いです。学校からむし歯の治療の通知があった子どもさんは、是非休み中に治療に連れていってくださると幸いです。




2017.7.21
長くて短かった1学期が終了しました。保護者の皆様、地域の皆様、本校の教育活動にご協力いただきましてありがとうございました。

@終業式を行いました。暑ーい体育館でしたが、子どもたちは元気いっぱい、汗をかきながらも話はちゃんと聞いていましたよ。
まず、代表児童3名による1学期の反省とこれから頑張りたいことについての発表があり、ちゃーんと自分自身を振り返って自分の思いを語っていました。次に校長の話と生徒指導担当の話、そして、全国大会に出場する飽田剣道クラブの演舞、夏休みプール開放で委託しているホームセキュリティの方からの話がありました。最後に大きな声で校歌を歌って終わりました。

校長の話アップしました。

A給食における食物アレルギー対応の見直しがありました。通知を配布しましたが、熊本市の対応が「段階的対応」から「完全除去対応」に変わりました。アレルギーの原因物質を完全に除去して提供することになりましたのでお知らせします。

Bヒアリに注意!これについても通知を配布しました。ご家庭でもどうぞご指導くださいませ。

CPTA夏休み地区巡視お世話になります。それぞれの地区のお店や公共機関へご挨拶をしていただき、休み中の子どもたちの様子を尋ねていただくことは素晴らしい生徒指導だと思います。PTA生活委員の皆様方ホントにありがとうございます。第1回目は7/21(金)午後です。あと2回予定してあります。

D7月25日(火)は給食費の口座引落日です。口座の残金確認をよろしくお願いします。今年から、給食担当専任職員がおりませんので引き落としできなかった方への早めの連絡等ができませんので、是非ご協力願います。

E通知表一喜一憂!1年生にとっては初めての通知表です。もらったということでみんな大喜びでした。他の学年は、一喜一憂して喜んだり悲しがったりして悲喜こもごもでした。




2017.7.20
今日は、最高気温35℃の予報です。朝から校内を歩くだけで汗びっしょりになりました。子どもたちは今日も暑い中、学期末の最後の学習に頑張っています。
@今朝は、「トークタイム」を全校一斉に行いました。「アドじゃん」して決まったお題について、それぞれ自分を語っていました。楽しそうでした。


A7/21(金)の日程です。8:40〜9:20(終業式)、9:30〜(大掃除)、通常授業、11:50〜12:35(給食)、12:35〜12:45(整理)、12:45〜13:00(下校指導)、13:10(下校完了)、14:00〜15:00(職員会議)、15:00〜(教育研究助成金交付式)

B体験活動が多いほど「自己肯定感」が高い!
ある調査によれば、「自分には、自分らしさがある」「今の自分が好きだ」と肯定的に答えた子どもの割合は、学年が上がるにつれて減って行くそうです。また、自然の中などでの体験の機会が多い子ほど、自己肯定感が高いそうです。そこで、夏休みにはいろんなところにお出かけされる機会も増えると思いますが、お子様にとって有意義な体験活動ができる場所に行かれるといいかもしれませんね。
体験はどこかにお出かけしなければできないということでもありませんよ。おうちでの体験もいろいろ考えられます。親子でクッキング、おうちでのお手伝い、近所の公園までお散歩など、できることがたくさんあります。是非、夏休みにいろーんな体験をさせてあげてくださいね。
以前ある保護者の方に聞いた話ですが、保護者としては子どもが楽しめると思って時間もお金も沢山使ってディズニーランドやUSJに連れて行ったのに、何が楽しかった?と聞いたら、「夜、ホテルの部屋で家族みんなでワイワイ騒いだのが楽しかった。」と子どもさんが答えてショックだったそうです。
この話から分かることは、どこに行ったか?ではなく、家族で何をしたか?家族みんなでどう楽しんだか?が子どもにとっては重要だということだと思います。
保護者の皆様にとっては夏休みは苦痛?ということもよく聞きますが、是非、お子様と一緒に何か体験することをやってみてくださいね。必ずお子様は成長されるはずです。

B「甘え」と「甘やかし」は似て非なるものです。ネットニュースによれば、子どもの「甘え」は親の愛情を求める行為といえます。スキンシップを求めてきて抱きついてきたり、「見てー。」と自分に気をひく行動をとったり、時にはわがままを言って親を困らせたり・・・。子どもはそんな言動を親から受け入れられることで「自分は親から愛されている」と安心し、その繰り返しで心が安定し自己肯定感が高まってく
過去の記事は「新着情報」に移しました。

 掲載責任者 古川公雄  飽田東小学校校長 
 運用担当者 小山浩介  飽田東小学校教諭 

information

熊本市立飽田東小学校

〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町115
TEL.096-227-0003
FAX.096-228-1051
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/e/akitahigashies/index.htm
本校HPのQRコード