熊本市立必由館高等学校

普通科 服飾デザインコース

普通科 服飾デザインコース

ファッションの学習を通して思う存分、学力、技術力、完成を伸ばせる環境です。

●ひとりひとりに応じた幅広い進路選択ができます。
●コースの専門科目・行事を通して、生徒の連携を密にし、計画性、協調性。忍耐力、表現力を育てます。
●マナー教育を推進し、社会で有為とされる人材の育成につなげます。

MESSAGE

平成26年度普通科服飾デザインコース卒業生鈴木 悠香託麻中学校出身(九州女子大学 家政学部 人間生活学科に進学)

 私は幼少の頃から、将来はファッション関係の職に就きたいと思っていました。また、新しいことに挑戦したいと思い、全国でもあまり類のない必由館高校普通科服飾デザインコースに進学しました。
入学してから初めて製作したのは雑巾でした。最初は少し驚きましたが、この雑巾製作を通して、先生方がミシンの使い方や縫い方を基礎から指導して下さりました。私は、入学前はあまり裁縫が得意ではありませんでした。しかし、基礎を大切に3年間製作に取り組むことで、自分の技術として身に付けることができました。時には、他教科と両立することや、作品を期限までに完成させることができるか不安に思うこともありました。しかし、私には励まし合いながら一緒に乗り越えてくれるクラスメイトがいました。目標とする先輩方がいました。1人1人の個性を大切に、優しく丁寧に指導して下さる先生方がいらっしゃいました。たくさんの人々に支えられ乗り越えることができ、不安はいつしか自信へと変わりました。
 また、服飾デザインコースは普通科として文系大学を受験可能なカリキュラムが組まれており、幅広い進路選択をすることが可能です。私は「今、私がやりたいことは何か」をしっかり見つめ直し、「服飾デザインコースで学んだ、個性の素晴らしさや、自分で作ることの楽しさを伝えていきたい」と思うようになり、家政学を学び教員免許を取得することができる大学へ進学することを決めました。
服飾デザインコースでの経験は私の誇りです。そして、これからの人生の中で必ず私の自信に繋がると実感しています。

カリキュラム

服飾デザインコース時間割