熊本市立必由館高等学校

沿革

沿革

沿革の概要

 旧熊本藩家老・米田家下屋敷一帯を校地とする本校は、美しい庭園「採釣園」や米田家旧邸など歴史的建造物に囲まれた由緒ある地にあります。また、明治憲法の起草者である井上毅の地としても知られています。
 歴史的に彩られたこの地に本校が創立されたのは1911年(明治44年)。
「熊本市立実科高等女学校」として開校し、戦後1948年(昭和23年)には「熊本市立女子高等学校」へと改編し、普通科と被服科が併置となりました。翌年には男女共学制となり「熊本市立高等学校」と改称し、さらには2001年(平成13年)には「熊本市立必由館高等学校」と校名変更し、現在に至っています。
 職員・生徒が相和し、厳しい中にも自由闊達な市立独自の醇風美俗が醸成されてきました。21世紀という新しい時代を迎えるに当たり、さらに国際化、情報化に対応できる魅力あふれる きめ細やかな教育を実践していきます。

1911年4月熊本市立実科高等女学校として開校
1922年4月熊本市立高等女学校と改称
1949年4月熊本市立高等学校と校名変更し、男女共学を実施
1960年8月全国高等学校ハンドボール大会3年連続優勝
1984年8月全国高校ハンドボール大会優勝
1989年3月採釣園、旧邸庭園改修竣工
1992年8月セミナーハウス和敬館竣工
1993年4月創立80周年記念館落成
ボランティア活動普及事業協力指定校平成5~7年度
2001年4月熊本市立必由館高等学校と校名を変更。創立90周年を迎える。
全学普通科とし、国際コース・服飾デザインコース・芸術コースの3コースを設置。
美術棟(仮)、国際交流室及び音楽棟を整備する。
2003年8月第85回全国高校野球選手権大会記念大会出場
2003年11月校舎改築
2005年3月第一期校舎竣工
2007年3月第二期校舎竣工(全校舎完成)
2009年8月和太鼓部全国高等学校総合文化祭郷土部門
「文部科学大臣賞」受賞
2010年8月女子バレー部全国総合体育大会(インターハイ)沖縄大会出場
2011年11月創立百周年記念式典、各周年事業