熊本市立必由館高等学校

校内案内

校内案内

歴史と文化の薫り立つ恵まれた教育環境の中で

採釣園と80記念館 採釣園と80記念館  米田家別邸の庭園として寛文10年(1670)頃、作庭されたと考えられる。採釣園の「採釣」とは、唐時代の詩人韓退之(韓 愈)も句からとったもので、命名者は藩主宣紀とされる。
自然の地泉に築山を配した廻遊式庭園は、江戸時代の庭園形式を残すもので、近くには立田山、かつては遠く八方岳をも望むことがで きた。

米田家旧邸 米田家旧邸  この建物は、本来庭園の西南部(現北校舎階段出入口付近)にあったものを、校舎建築のため現在の位置に移したものである。
江戸時代武家屋敷の数寄屋風の造りで、奥書院(居間)に相当する。江戸時代の格式にこだわらない自由さも見え、建築は明治初期と 考えられる。
(平成28年熊本地震により全壊)

必由堂跡 必由堂跡  必由堂は、米田家子弟教育のための家塾で、藩校時習館と時を同じくして始めたと伝えられる。
 必由堂の命名者は時習館教授辛島塩井で、中国宋時代の儒学者程氏が「大学」を説いたなかに学は必ず是に由って学ばば、則ち其の 差(たが)はざるに庶(ちか)からん」とあるところからとったものである。

井上毅誕生地碑 井上毅生誕地碑とうぶゐの井戸  井上毅(18433~1895)は、明治の熊本が生んだ近代文化功労者の一人で、大日本帝国憲法、教育勅語などの起草者として 知られ、枢密顧問官、文部大臣などをつとめた。
 明治維新後、岩倉具視、伊藤博文に用いられ、内政外交上数多くの重要問題立案計画にあずかった。碑は昭和14年に建てられ、撰 書は赤星典大である。