熊本市立必由館高等学校

校舎案内

校舎案内

 本校の校舎改築は2期4ヵ年をかけて行われ、平成19年3月に完成しました。
この新校舎が快適な学習環境づくりと機能的な教育活動に大きな役割を果たすものと期待されます。

屋上プール

屋内プール  新校舎の屋上には新しいプールが設置されています。屋上ということで、プールの周りは目隠しの半透明の囲いがあり、安心して授業や部活動で利用できる施設になっています。少し寒くなっても利用できるように、温水シャワーも備えてあります。

視聴覚室

視聴覚室  新校舎の視聴覚室は座席数360席、ホールのような作りになっています。
 約200インチの大型スクリーンを備え、電動スライドのカーテンがあり、CD、MDなどのあらゆる情報機器が使え、4系統のマイクと最新式の音響設備を誇ります。
 今後は、映像や音楽を取り入れた授業が増えると思われます。また、学年やコースなどの様々な成果発表の場として利用されています。

図書館

図書館  新校舎の図書室はその広さは県内でも最大級のもので、書架数も多く、120名もの生徒を収容可能です。中に入ると、最新の書架が並んでいて、どの本がどこにあるか一目でわかるようになっています。
 蔵書数は約44,300冊にも及び、郷土資料も豊富で、県内でも有数を誇っています。

CALL室

CALL室  一人一台ずつ使えるパソコンが備えてあるCALL室で毎時間授業を行っています。ワープロや表計算ソフトを使えるようになるだけでなく、情報社会に対応できる人間に育てます。
 的確に情報を得る力、正しく情報を判断する力、情報を正確に伝える力をつけることを目的としています。

彩画室とデッサン室

彩画室とデッサン室  待ちに待った素晴らしい美術室が完成しました。そのスケールと内容は県下でも類を見ないため息の美の空間です。まるで西洋の建物の室内にでもいるかのような大きな空間は、北側のやわらかい光を取り入れ、南の直射日光を遮断し、モチーフが見やすく、制作しやすい空間で、心まで広くなったような気持ちになります。

服飾デザイン室

服飾デザイン室  新校舎4階に、服飾デザインコースに関する4つの専門教室があります。被服実習室は被服製作実習に活用され、一人一台のミシンと、二人に一台のアイロン、アイロン台、および仕上げ用のプレスボールがあり、また27台のロックミシンが備えてあります。
 服飾デザイン室は服飾デザインコース専用パソコン室です。アパレル専用CADおよびCGシステム22台を導入し、一人一台使える環境があり、一年次より全員が活用しています。
 総合実習室は一人一台のミシンがあり、被服製作実習はもとより、ファッションデザインの演習、及び染色実習が出来る設備になっています。

書道室

書道室  新館5階の南側フロア全体が書道関係の施設になっています。面積は約380平方メートルで、普通教室4つ分以上の広さがあります。
 廊下には作品展示スペースが設けられ、各種展覧会や揮毫大会で入賞・入選した作品が、常時30点以上展示されています。また、廊下を挟んで作業室と書道倉庫があり、作業室では作品の裏打ちをする表装機が大活躍しています。この機械は、手作業だったらまる1日かかる作業を10分程度で済ませることができる優れものです。